月: 2016年6月

四つ葉のマック 1巻/望月三起也

週に一度巡って来る金曜日、極悪不良少年少女を狩り集める灰色馬車と呼ばれる護送車の如きワゴン車があった。捕獲された不良たちが行き着く先は非行少年艦『海の檻』――。それは出航時の3分の1は更正教育と言う名の訓練と体罰により、その命を海の底へ沈めるという洋上の少年院。

無実の罪で連行された四葉真記ことマックと艦内で交流をしたためたその仲間たちは、残忍な看守(艦守)と反マック派との戦いの中、遂にグループは行動を起こし、銃器を集め艦の乗っ取りを決行する。そんな中この非行艦に隠された真相が炙り出され・・・・ 思いもせぬ国家を相手に死の戦いを余儀なくされる少年たち。生き残ることは出来るのか・・・・

四つ葉のマック

のっけからバイオレンスにつぐバイオレンス((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
非行少年を収容した船という舞台設定だけでも丼二杯くらいはいけそうなのに、
マックの出自に関わる話や船内に現れるヌシやらなにやらと具沢山ぽい内容。

なんで非行少年にあんな訓練を施しているのだろうか?
外人部隊にでも売って外貨でも稼いでいるのだろうか( ・´ω・`)?
続きが気になる。


毎度お馴染みの不良少年回収車でございます(・∀・)
yotsubanomack01

不良も恐れる灰色ワゴン
yotsubanomack02

赤玉ってなんだべ(´・ω・`)?
yotsubanomack03

色男で一見、このキャラが主人公のマックかと思うが、実は違う(ノ∀`)
yotsubanomack04

非行少年別所…だと…( ;・´ω・`)ゴクリッ
堺雅人のドラマの「ジョーカー」のアレもこの着想の流れなんだろうか。
yotsubanomack05

なんか山本直樹の堀田の第一巻で似たようなシーンを見た。あれは男が仰向けかw
yotsubanomack06

ほんわかしていて謎多き少年マック。主人公です。
yotsubanomack07

侠気溢れる不良・ルル三条。 風邪薬の名前か(´・ω・`)
yotsubanomack08

何処まで信じて良いのやら、色男不良・竜之介
yotsubanomack09

この人名乗らずにマックについたからよくわからないw 中国系なのかな?
yotsubanomack10

“ヌシ”ってなんだべ(´・ω・`)
yotsubanomack11

なんかキタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━━ !!!!! ってバイク乗り?
yotsubanomack12


全七巻か。いずれ全部読みたい(´・ω・`)

『釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!』を観た

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!

伝助が、富山にある老舗製薬メーカー天狗堂のワンマン会長・黒部五郎(丹波哲郎)が発注する美術館建設の仕事を獲得する。しかし設計部の“ミス・スズケン”こと桐山桂(鈴木京香)は、黒部会長直々の奇抜なデザインが納得できずに、伝助に詰め寄る。事態を収拾させるべく、富山に出張した伝助と桂だったが、黒部は息子の嫁にと、桂を見初めてしまう。しかも、それが取引の条件となリ、事態はどんどんこじれてしまい・・・

今回も1ヒロインだったな…というかいつからか伝・スー側の熟女系マドンナが居なくなったのか…( ・´ω・`)?
今作では伝助が桂との浮気を疑われたり、黒部に翻弄されて慌てふためきっぱなしだった。
らしくないと言えばらしくない感じだった。

マドンナは歌わない鈴木京香。いつもならばスーさん側で行動を共にするはずのマドンナだが
今作は伝助と一緒に行動。もう三國連太郎の体力が落ちてきていてそういう脚本になったのだろうか。
公開日は2002/8/10なので、この時、もう79歳かΣ(゚∀゚;) 
じゃあ、しょうがない…って思ったけど丹波哲郎もこの時79歳Σ(゚∀゚;)
元気だな。
つーか、二人は学年的には同い年なんだな…

鈴木京香はこの時33歳だから、まだまだ綺麗な頃であった。
歳取った今でも「真田丸」の北政所を好演してる(・∀・)
マドンナとくっつくフリーター芸術家・鮎川透役には小澤征悦。
あんまり好きではないので特に言うことはない(・∀・)

そう言えば前回は若い二人のラストだったけど、今回もスキー場だかでの〆だった。

黒部の部下に岡本信人、タクシー運転手に立川志の輔、
黒部の一人息子の海彦にパパイヤ鈴木。パパイヤ鈴木はこの頃、デブヤ?とか色々と
番組やらドラマに出だした頃だからかな?

この作品から営業三課のOLがさとう珠緒になった。鯛子っていう役名だったw
あと桂の弟が引きこもりかなんかだったけど、この設定って前にもなかったか?


つまらないということもないけど、なんかあんまり盛り上がりがなかったかな。
伝・スーの絡みもあるにはあったけど。まあ鈴木京香が若くて綺麗な感じだったから
鈴木京香好きなら観てもいいんではなかろうか。或いは丹波哲郎好きなら( ・´ω・`)

夜明けのマッキー1巻/望月三起也

人気の絶頂にあった婦人科(グラビア)カメラマンであった『麻樹』は、現状ぬるま湯に浸かってる感覚から脱出する事を目的として、内戦の戦火燃えるアフリカの一国に戦場カメラマンとして身を委ねる。
そこには『牙』と名乗る”外人部隊”が展開しており、戦いは悲惨を呈していた。
麻樹のヒューマニズムは、この戦いを世界に告発し、戦争自体を終結させるのだと決意する。

夜明けのマッキー

無料配信で1巻だけ読んだ(・∀・)
なかなか変わった切り口というか、最近ではあんまり見られない系統の漫画だった。
外人部隊ということで新谷かおるの「エリア88」をふと思い出す。
新谷かおるは子供の頃、望月三起也の漫画を愛好していたということなので
結構影響していたりするのかなと思ったり。

主人公の麻樹。オサレなイケメンカメラマン(・∀・)
戦場でも青臭すぎて、ちょっと読んでいてイライラするw
yoakenomacky01

威勢は良いんだけども…
yoakenomacky01_1

オリンピックで金メダルを取ったことのある水泳選手でもある小隊長
yoakenomacky02

手癖の悪いハイエナ
yoakenomacky02-1

悪役ポジションで、隊の副官である中尉。
元々そんなに綺麗な顔じゃないよ、中尉(´・ω・`)
yoakenomacky03

悪い顔やで。
yoakenomacky04

美しき友情ってやつか…いや、そうなのか(´・ω・`)?
yoakenomacky05


戦闘シーンとか残虐なシーンが多いので万人向けではないな。
ちなみに上記の公式ファンサイトのエントリはもろにこの後のストーリーやラストを
語ってしまっているので見ない方が良いかもしれないw


望月三起也せんせーは永眠なされたということで、何とも非常に残念な気持ちになった俺氏(´・ω・`)

余命告白後のせんせーのインタビュー
最後の作品づくり「半年あれば何とかなる!」

せんせーの漫画は現代のある種洗練されたというか計算されたというか無謬を目指さなければならない状況下で
描かれる漫画と比べれば、非常に泥臭く古臭く胡散臭い部分は多々あるが、それは言い換えれば、より原始的、
原初に近い、現在の漫画の源流に近いものであった。シンプルであり、より勢いのある、荒削りの熱い漫画であった。

間違いなく現代の漫画の源流の一人であろうせんせーの逝去はただただ残念なことであった。
せんせー、おつかれさまでした(´・ω・`)

ばーろー、とーしろーは黙ってろヽ(`Д´)ノ

あらすじ

だらけモードで毎日プログラミングや勉強をせず「御城プロジェクト:RE」などで遊んでいた俺殿であったが、サービスがメンテナンスに入ってしまい、することがなくなって泣きそうになった(´;ω;`) その時、DMMの画面を眺めていてふと気づく。「そう言えば、女性に人気の刀剣乱舞とかいうのもあったな…」

「女もすなる刀剣乱舞といふものを無職の中年のおっさんもしてみんとてすなるなり」

そうつぶやくと俺殿はリンクをクリックして俺埴輪へと変身した┗(○_○)┓

刀剣乱舞は女性向けのウェブブラウザ上でやるカジュアルゲーム。
プレイヤーは審神者(さにわ)になって刀剣キャラで部隊を編成し、
時間遡行して歴史を改変しようとする者達を討伐するというお話らしい。

まあ大雑把に言ってしまえば艦これの刀剣キャラ版である(・∀・)

面白いかどうかと言われれば、まあ俺殿からすると似たりよったり。
ただ、女性向けの為か、或いは後発ゆえか、艦これよりも親切設計というか簡単システムである。

  • 任務が自動達成
    これすごい楽(・∀・) 艦これみたいに自分で選択して、かつ5つまでしか選択出来ないのは面倒くさい。というか、あれでプレイヤーが受けるメリットがないというのが酷い(´・ω・`) 加えて任務娘?が毎回現れてワンクリック分余計な操作をしなければならないのが苦痛(´・ω・`)
  • 陣形選択の有利不利表示
    余り深く考えず赤い枠のところを選択すれば良い。
  • 出陣に関してのコストがない
    取り敢えず手入れ状態(艦これの入渠)か遠征状態でなければ出陣が出来る。油や弾薬がなくて出撃出来ないみたいなことはない。これは補給をする必要がないことを意味するので、そこで操作コストが発生しないことも意味する。まあ刀装を喪失した場合は新たに装備させないいけないが。
  • キャラ本体が大破しにくい
    刀剣男士達は、歩兵/騎兵等の刀装というオプションアイテムをつけることが出来、基本的にはこれが先にダメージを受ける形になっている。

という感じなので、余り深く考えずにやってもある程度まではサクサク行ける。
その辺を踏まえると、御城プロジェクトの霊力回復を待つ間にやる分には
艦これよりも刀剣乱舞の方が向いていると思う。一応、ジャンル的にも戦国物とかぶる部分があるしw
入手していないが薙刀キャラで岩融が居るらしいw

あまり好ましいことでもないのかもしれないけど、御城プロジェクトで刀や槍でオリジナル武器を出して
刀剣乱舞で刀剣男士として登場させるのも意外と有りなのではなかろうかと思うけれどもどうだろう。
なぜそんな風に思うのかというと、現在刀剣男士は54キャラくらいしかおらず、艦娘の1/3くらいなので
コレクションに飽きが来てしまうのではなかろうかという危惧である。

御城プロジェクトで改名した御城が別キャラなのは、それを回避する為の方策だったのかな。


俺埴輪は刀剣のことは全く知らないのだが、粟田口吉光(通称・藤四郎)が打った刀は~藤四郎と呼ばれるらしい。
全部で何人居るのか知らないが、今の段階で藤四郎が7人も居て、名前と顔が一致しない(´・ω・`)
つーか乱藤四郎、お前は女装っ子なのかい(´・ω・`)?

以下は今うちに居る30名。
tourabu01
tourabu02
tourabu03

最近の編成は最初に選んだ陸奥守吉行と大太刀と太刀ばっかりになっちゃうなぁ。
火力と体力の関係から。まあ二刀開眼狙いで脇差を入れてもいいんだけれども、
やっぱり脇差はちょっと弱いから帰城原因になりやすいんだよなぁ(´・ω・`) ウーン

関係ないけど、なんか黄金聖闘士が一人混ざってるよね(・∀・)

そういや鍛冶屋アイテムないのかね?
その刀派の鍛冶屋アイテムを鍛刀の時に使うとその刀派の刀しか出来上がらないとかいう感じの。


正直な所、このゲームが女性向けと謳っている理由が、俺埴輪にはよくわからない。
なぜならば、俺提督であり俺殿であり俺埴輪である俺氏はこの手のゲーム全てにおいて
全ミュートでやっているからである(`・ω・´) ←ヒドイゲーマー

昔のゲームでは主人公やキャラクターは男が多かったし、艦これみたいなのはエロゲやギャルゲと
分類されるもので、どちらも男性向けゲームだったから、ボイスさえなかったら、女性向けとか
そういうカテゴリは全然関係なくなるような気がする。
まあ大破というか重傷時に半裸状態になったりはするから、あそこらへんが一応女性向け?

回想というタブがあるが全然埋まっていない。なんか特定の刀剣男士である時代のある地点に
行かないと駄目なのかな?これがあるともう少し物語の内容がわかってくるのであろうか?
今のところ、回想シーンを入手していないので、全然物語の内容がわからない。
時間遡行した連中のストーリーとか、それと刀剣男士達が絡んだりしないので、その辺に関しては
今のところ不満(´・ω・`) 

御城プロジェクトみたいにステージ毎に物語が進行する方が特殊なのかもしれないが。


最初、短刀、脇差、打刀、太刀、大太刀みたいな区分けを見て、

「これはもしかして、それぞれの持つイチモツの大きさを意味してるのか( ;・´ω・`)ゴクリッ」
などと下衆な考えを想起してみたが、そういうわけではないらしい。

ちなみに御城プロジェクトのメンテナンスの間の暇つぶしで始めた刀剣乱舞であったが、
一時間もしないうちにこちらもメンテナンスに入ってしまい、致し方なく銀河英雄伝説タクティクスにまで
手を伸ばしたのは、また別の話(ヽ’ω`)

ちなみに俺埴輪はそれでいうと短刀です(*´・ω・) サヤツキダヨ