ど根性ガエルの娘 1~2巻 / 大月悠祐子

ど根性ガエルの娘

お父さんは大ヒット漫画家で、でも漫画で苦しんで荒れて、家族は…。国民的ギャグマンガ「ど根性ガエル」作者の娘が描く、ギリギリを生きた衝撃の家族エピソード。

なんか最初の方から変な感じがして、ちょっと嘘っぽくて、本当に家族が再生したのかしら、どうやってここまで異常な状態から回復出来たんだろうか…って思って読んでいたけど、下記のようなエントリを読んで、結局そういうことだったのかと合点がいったw

【ネタバレあり】ネットのマンガ好き騒然 「ど根性ガエルの娘」15話で何が起きたのか
【緊急】「ど根性ガエルの娘」18話がヤバイ 作者がアレしてたり、出版事情のアレが見えて……

だがしかし肝心の13~15話辺りを読めていない…_| ̄|○

父親の吉沢やすみもおかしいけれど、それ以上に母親がおかしいような気がする。
吉沢やすみとは違う壊れ方をしていて一番怖いような気がする(´・ω・`)
弟も弟でなんか壊れてるっぽいけど。


吉沢やすみは「パパとゆっちゃん」という漫画で自分の家族をモデルとしているが、どういう心境で描いていたんだろう。amazonの紹介文には

『ど根性ガエル』でおなじみの吉沢やすみが、自分の家族をモデルにして描いたほのぼのファミリーコメディ。まんが家パパさん・吉沢かすみの朝は、ペットの雑種犬・ロンの猛烈な催促による散歩で始まる。そして看護師のママ、中2の息子・やっちん、小1のおてんば娘・ゆっちゃんが仕事や学校に出かけた後、ロンとふたりきりで昼を過ごすパパさんは、ママから禁止されているのにロンを家の中に入れてしまい……!?

とある。連載時期が1991年-1996年らしいから作者が17歳から22歳の頃か。
作中で作者が金を盗まれるのは16歳の時で、それ以降何度も盗まれたとあるから丁度その頃と被ってるような気がするんだけど……(´・ω・`)

そう言えば、なぜか弟と姉の立場が逆になっているが、これは話の構成上、入れ替えたのかな?

ぐぐるとヒットするがこの漫画内で壁の穴は全然違う扱い方してるみたいだなw
まあこれはファミリーギャグ漫画みたいな感じだから軽く扱っているのは致し方ないのかもしれないけれども、多分、そういうのを抜きにして、吉沢やすみはそれほど大したことではないと思って居そうな気がする(´・ω・`)

吉沢やすみはこれ以外にも、「やっちん」とかいうカニを主人公にした漫画を描いたりしていて、家族の名前を使っていたりはするのだけれど、今ひとつ家族に対しての愛情というものが感じられない。作者が家族の団欒を知らなかったことの遠因に、その父である吉沢やすみの生育課程が関係しているような気がしてならない。ギャンブルやアルコールはあくまでも二次的な原因であって。


作中で作者の父・吉沢やすみの父親は居なかったように見受けられたが、戦死とか病死してたのかな?

そういえば、ど根性ガエルの主人公・ひろしの家は母子家庭だったのもそれと関係しているのかな。
ただ、ひろしの名前は師匠の貝塚ひろしから取っているようで、その貝塚ひろしもまた母子家庭の育ちのようなので、師匠の生育環境をそのままモデルにしたのか、自身の生育環境をモデルにしたのか、はたまたその両方なのかはわからない。

貝塚ひろしが吉沢やすみを贔屓していたのは実は自分と似た境遇の少年に同情してた部分もあったのだろうか、吉沢やすみは成功後、自身の母親や弟との関係はどうだったんだろうか等々、色々と疑問が浮かぶがまあこれらのことが判ることはきっとないから忘れよう(・∀・)


作者の旦那さんである大井昌和って人は知らんのぅ(´・ω・`)と思って作品一覧を眺めていたら一件だけ知ってるタイトルを見つけた(`・ω・´)
「明日葉さんちのムコ暮らし」ってあれか、巨乳女系家庭に婿入りするやつか(・∀・) オッパイガイッパイ
グランドジャンプの無料配信?を読んでいた頃に見たことあるわ。

作者はこの作品を描き切ることによって混濁した自分の人生に浮かぶアクを取り除くことは出来るんだろうか(´・ω・`)
最早、味のベースは変わらねども。

なにはともあれ第18話のラストが好きw
白泉社恐るべし( ;・´ω・`)ゴクリッ