『ドク・ハリウッド』を観た

ドク・ハリウッド

外科医ベン・ストーン(マイケル・J・フォックス)は、勤務していたERを辞め、高収入なビバリーヒルズの美容整形外科医になる為に面接へ向かう。しかし西海岸へ向かう途中、田舎町グレイディで自動車事故を起こしてしまう。悪びれず、自己の都合ばかりを優先しようとするベンに対し、裁判官は事故の代償として、数日間、病院で無料奉仕することを命じる。医者不足からベンを手放すまいとする町長を始め、無愛想な看護婦、高圧的な院長、車の修理をしない修理工、謎の魅力的な女性・ルー(ジュリー・ワーナー)、街を出たがるナンシー(ブリジット・フォンダ)等々の一癖ある町民たちに囲まれたベンの町民生活は如何に。

みたいな感じのお話。

凄く在り来りでベタなストーリーだけど結構好き(・∀・)
マイケル・J・フォックスが主演ということを差し引いても好き。
ぼちぼちハートフルなコメディって感じかな。おっぱいは一応あったよ(・∀・)
嫌な奴っぽいのも出てくると言えば出て来るがそうでもないというか。

まあ細かい所でそうなの(´・ω・`)?って突っ込みたいところはあったけれども。

俺氏は合う帽子を見つけられなかったな…(´・ω・`)


町長が意外と良いキャラしてたw
ヒロインのルー。
この映画の評価でナンシー役のブリジット・フォンダの方が可愛いのが駄目と有ったが、この映画で観る限りはどっちもどっちレベルなので、あんまり気にならなかったかなぁ…まあ確かにブリジット・フォンダの方が可愛いと言えば可愛いけれども。ジュリー・ワーナーは全く知らないけど、結構映画とかドラマに出てる人なんだな。
ナンシー。結構良い子だと思ったわ(・∀・)
ブリジット・フォンダって名前は知ってるけど、他の出演作を知らんなと思っていたが『シンプル・プラン』のサラ役か((((;゚Д゚)))

以下はネタバレを含むヽ(`Д´)ノ


正直、数日間という短い期間で、そこまで心変わりするのかしらと思ったり。
まあでも、最後戻るのはハンク(ウディ・ハレルソン)がルーと結婚しなかったことを知ったからだから、一番の動機は恋か。

ウディ・ハレルソンってお父さんがマフィアの殺し屋だったり、本人もビーガンで環境保護家で大麻でなんかやらかしたりしてるんだなw

思ったよりも、ルーの娘との絡みがなかったな。ジャスミンは可愛かったけど、ちょっと大きいな。ヨッたんくらいの大きさなら丁度良いけども。

ホーグ先生(バーナード・ヒューズ)が意外と良い味出してたというか、終盤辺りで泣かせるような感動的な台詞の後で全てを台無しにする感じが良かったw
まあジョークなんだろうけれどもw

ニコルソン町長役のデヴィッド・オグデン・スティアーズって同性愛者なのか。

I decided(`・ω・´)のシーンでガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!ってなったのは俺氏だけだろうか。あのシーンからの見送りシーンでグッと来てしまったのは俺氏だけだろうか(´・ω・`)?

ルーのハンター対策が少し物議を醸してるようだけども、まあ最初のオールヌード登場から考えるとあんまり驚かないけれども、あんまり環境保護を熱心にしているイメージがないな。ベジタリアンだったけれども。その辺の設定が薄かったのが原因かな。


まあ何はともあれ、俺氏には合っていたのでまたいつか機会があったら観てみてもいいかな(・∀・)

ところで……エレンはどうなったんだろう…幸せになったんだろうか( ・´ω・`)?