『宇宙人ポール』を観た

宇宙人ポール

「未知との遭遇」「E.T.」など名作SFへのオマージュを散りばめながら、陽気な宇宙人のポールと冴えない青年コンビの珍道中を描くコメディ。SFオタクのイギリス人青年クライブとグレアムは、全米最大のコミックイベント、コミコンと米中西部のUFOスポットをめぐる旅を楽しんでいた。その途中、ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇。ポールを故郷に帰すため奮闘することになる。

ぼちぼち面白かった(・∀・)
突っ込みたいというか、なんかいまいちなところも結構あるけれども、全体的にはまぁ良いかな…くらいかな?
色んな所に小ネタを入れているらしいんだけども、その辺の細かいところまでは解らなかったな。解らなくてもそれなりに楽しめたから良いのだけれども。

あとはポールのキャラが気に入るかどうかで印象が変わってくるかも。俺氏はこういうキャラにはアルフとかで慣れていたので気にならなかったけど。
全然違うけれどもなんとなく『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』を思い出しながら観てた。

結構小者なアダム・シャドーチャイルドさん。この役を演じたジェフリー・タンバーは『メリーに首ったけ』でパット・ヒーリー(マット・ディロン)の友人・サリー役だったらしいけど、どんな役だったかあんまり覚えていない(´・ω・`)
ポールを追うゾイル捜査官(ジェイソン・ベイトマン)とそれに振り回されるハガード(ビル・ヘイダー)とオライリー(ジョー・ロー・トルグリオ)。
ジェイソン・ベイトマンって『ズートピア』のニック・ワイルドの声をやってた人か(・∀・) ビル・ヘイダーは『MIB3』でアンディ・ウォーホル役をやってた人か。『ソーセージパーティ』で何役か声を担当していたらしい。
川の字で眠る?クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)、ポール(声:セス・ローゲン)、グレアム・ウィリー(サイモン・ペグ)
ニック・フロストとサイモン・ペグは『タンタンの冒険』のデュボンとデュポンの声を演じていた模様。セス・ローゲンは『ソーセージパーティ』の主演・制作・脚本を担当。ニック・フロストは『スノーホワイト』の小人の一人もやってたのか。全然覚えていない(´・ω・`)
見慣れた気になっていたが、やっぱりじっくり観るとキモいw
一応、この作品のヒロインであるルース・バグス(クリステン・ウィグ)。決して『エアーウルフ』のアークエンジェルではない。『ソーセージパーティ』のブレンダの声を担当。って出演作を眺めているとわかるがコメディアン、コメディアンヌのつながりは結構緊密なんだなって思ったw

以下はネタバレを含むヽ(`Д´)ノ


最初、ルースがポールと出会った女の子なのかと思って観てた(ノ∀`)
途中見落としてしまったのか、ポールがルースに命の恩人みたいなお礼を言う理由が解らなかった。何があったんだっけ?
ルースがあそこまで父親想いっぽいのはなんかあれだったな。まあ毒親の洗脳が解けていないと考えられなくもないけども。父親のモーゼ・バグス(ジョン・キャロル・リンチ)が生き残るのはなぁ…しかも急に白化して大団円みたいな感じがちょっと。ハガードとオライリーは呆気なく死んだのにw

途中で出てくるキースやガス(デヴィッド・ケックナー)とジェイク(ジェシー・プレモンス)のくだりはそんなに必要だったのかなぁ、どうかなぁってちょっと思った。モーゼが追って来るのもなんかちょっと冗長だったような気がする。

ビッグ・ガイ役のシガニー・ウィーバーって『エイリアン』のリプリー役の人かΣ(゚∀゚;)
と驚きつつも、未だにまともに『エイリアン』シリーズを観たことがない(ノ∀`)
『ゴーストバスターズ』『デーブ』のヒロイン、『ギャラクシー・クエスト』のマディソン中尉(グウェン・デマルコ)もこの人だったのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ
結構観ているはずなのに、全然顔を覚えていない(・∀・)

鳥の蘇生シーンは笑ったw
あれで最後にクライヴかグレアムが「食べないで下さい~(´・ω・`)」っていう展開は見えた。或いは犬のポールを蘇生するのかと思ったけれどもタラ(ブライス・ダナー)を連れて行くという解決だとは思わなかった。まあ確かに失われた時間は償えないもんな(´・ω・`)
ってグウィネス・パルトローのかーちゃんなのか、ブライス・ダナーは…( ;・´ω・`)ゴクリッ


まあ王道路線なので、細かい小ネタが解る人はそれはそれで楽しく、そうでもない人でもそれなりには楽しめる感じじゃないかなぁ(・∀・)