月: 2020年11月

『ファントム・ブレイブ』をやった(2)

第4話 初めての友達

ウォルナットとパーシモン(´・ω・`)?

島に行ったらまた使い魔が。
特に強いというほどでもなく。

カスティルの家?
サフランと妻のジョーヌがお出迎え。
足の悪い娘が居て島から逃げられないと…
カスティルの叫び声

ってまたウォルナットとパーシモンの酒場での会話。
ウォルナットがまた来るのか?

と思いきや来ない…
この島の出身なのか?

なんやかんやでカスティルの部屋の外に居たやつを追いかけてバトル…
ってさっきのステージをもう一回やるだけやんけ。
だから敵の数も少なかったのかな?

戻って来てカスティルと友達になったけど…
死亡フラグじゃないよね(´・ω・`)?

血塗られた古城

あれ? さっきのバトルはステージ扱いされてないんだな。

悪魔の断末魔

何度かきらめく大地等でキャラを鍛える。

なんか両サイドの敵キャラ同士で戦ってるステージ(´・ω・`)?
まあ適当にやってたら勝った。
でも通行禁止マスは最後まで消えなかったな…

レベルアップ作業をしてもあんまり強くならない…(ヽ'ω`)
アイテム合成が肝なのかな…

残忍なる宣告

なんかやっぱりウォルナットにも事情があるパティーンか。
何度かトレーニングした。

悲劇の舞台

あれ、最初に出て来た超強いやつ(´・ω・`)?
勝てるの?
ウォルナットが助けに来るとか?

と思ったら、そんなに強くなかった…
アッシュが14レベルくらいでアイテムもちょこちょこ合成していたからかな?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
糞野郎やんけ、カスティルの父親…(ヽ'ω`)

おい、このゲーム、最後の最後のハッピーエンド以外(ハッピーエンドじゃない可能性もあるが)、ずっとこんな鬱展開なのかよ…(´・ω・`)

と思いきやカスティルからのボトルメール(・∀・)
ようやくちょっと救われる結末であった。


第5話 勇者スカーレットの肖像

次の依頼者はモルト伯カーマイン…
ヒゲを生やしたリス系生物?

草の茂み島で勇者スカーレットらしき人物が居たから、その情報が本当かどうかを確かめて来いって。

炎の紋章が浮かび上がるとかミロリとかなんとかこうとか…

自然の恩恵

特筆すべき点なし(´・ω・`)

安息の寝床

ネコサーベルがいっぱい。
でもなんか襲って来ないな。
こっちのレベルが高いから?

緑のゆりかご

あれ、結構敵が強い…(ヽ'ω`)
つーかダンディベヒモスが硬い…
何とか勝ったけど。

取り敢えずここはプロテクションの岩を壊さないといけないな。

世界樹の眠り

炎の痣があるのはゾンビ(´・ω・`)?
何度か簡単なダンジョンを攻略したりしていたので、このステージの敵には苦労せず。

伯爵がっかり…(´・ω・`)

初めて普通に報酬がもらえた(・∀・)
2000ボルドーか…

次はバンブー社からの依頼…


第6話 うれしい報酬

バンブー社の緑の守人島の研究所建設を邪魔するモンスターを排除しろと…φ(・ω・` )メモメモ…
土着のモンスターが勝手な占拠と自然破壊に対抗してるパティーンじゃないだろうな…

無邪気な歓迎

15~18レベルのキャラが数人居たので特に問題もなく。

パティ達の住処?

いたずら園

ここも特に問題なく。

隠れんぼ回廊

フェンリルやらワーウルフばっかりになってきたけど、まだまだ大丈夫だった。

緑の楽園

やっぱりパティ達の住処なのか(´・ω・`)
パティ達がモンスターに变化してたのか…
ガンガン虐殺しちゃってたよ……

しまった、レベルの低いキャラに持たせていた装備アイテムを消滅させられた(ヽ'ω`)
初めてのやり直しか…_| ̄|○ ←※別に消滅はしてなかった

マローネの嘘つき(・∀・)
でも他のクロームが派遣されたりしないんだろうか?

なるほど、うれしい報酬だな(・∀・)


第7話 虹色の鳥

お化け島のオーナーのシェンナが居るがらくた島へ向かう模様。

しばらく忘れていた新聞と手紙に目を通す。
カスティルからの手紙2が赤毛のアン風味だったので吹くw

シェンナさんのところで島の買収交渉を始めたら、コールドロンとかいうのが割り込んで来た。こいつもお化け島を狙っているのか(´・ω・`)ケスカ…

お金では売らないけど、依頼を達成したらくれるとかどうとか…
魔島に行って『虹色の鳥』を捕まえて来いとな…(´・ω・`)メドイ

ああ、新聞に載ってた島喰らいってこいつなのか。

島に向かったらウォルナットが。
コールドロンが雇った獣王拳団に潜り込んで、報酬を横取りする気なのか…

死へのためらい

獣王拳団の三人と戦闘。
人間との戦いは珍しい。
上位層を出して素早く片付けた。
再訪したら、マンティコアが出て来た。

振向かざる道

今度はアマゾネス軍団の七人…
ちょっと面倒くさそう…(´・ω・`)
やばい、ちょっとなめすぎてマローネが倒されてしまう(ノ∀`)
何とか勝ったけど、危うかったww

生死境界線

ネクロマンサーとウォルナット?
マローネに倒させるつもりか(´・ω・`)マアタオスケドネ
敵はゾンビ達か…

死の婚礼場

今度は風の翼団。
ウォルナットの嘘に騙されてマローネに怒りをぶつけてきた。

ぐっ、14レベルx3、20レベルx3、23レベルx1だと…( ;・´ω・`)ゴクリッ
ちょっと勝てるかどうかわからないな…

と思ったけど、それほど苦労せずに勝てたわ(・∀・)
でもそろそろまたキャラとアイテムの強化を図らんと駄目かな?

人外の安住地

今ひとつ強くなっているかよくわからないがダンジョン攻略に飽きて来たのでストーリーを進める。

白狼騎士団のラファエル…
本物は礼儀正しい男なんだな。

良い人だけど、結局戦うのね(´・ω・`)
まあそうじゃないとゲームにならないからね…

これは…イベントバトルか……?
60レベルだし、鍛えれば勝てないことはないのだろうけれども、めどい(・∀・)

途中でマローネがやられて、もうあかん(´;ω;`)
ってなったけど何とか勝ったわ…(ヽ'ω`)

なんだかんだ言って本気は出してなさそうなラファエルさん…
何はともあれ虹の鳥を(σ・∀・)σゲッツ!!

そして登場、ウォルナットヽ(`Д´)ノ

って連戦かよヽ(`Д´)ノ

マローネは生き返ってるから良かったけど。
つーかマローネ居ないとバトル出来ないからなw

26レベルだけどコンファイン出来るモノのプロテクションのマイナス効果が酷い。
プロテクションはなんか離れたところから来てるな。

P・バーガンディとか言う技は強いな(´・ω・`)
まあ、ラファエル戦ほどの絶望感はなかったわ(・∀・)

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
虹色の鳥あげるのかよ…
もうマローネの底なしの人の良さみたいなの嫌だわ…(ヽ'ω`)

あれ…逃げちゃった……(´・ω・`)

なんやかんやでシェンナさんが島の権利書をくれた(・∀・)
抵当とかついてないよね(´・ω・`)?

シェンナさんがスカーレットなのか?

獣王拳団に身ぐるみはがされるウォルナット。
パーシモンの居る酒場まで何とか帰り着いたウォルナットは何故かマローネを逆恨みするのであった…(´・ω・`)ナンデヤネン

第一章が終了…だと……( ;・´ω・`)ゴクリッ
まだまだ続くのか、これ…
もう30時間以上プレイしてるんだけど……(ヽ'ω`)

無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-66

ルパン三世 1-2 モンキー・パンチ

幅広いファンを抱えるモンキー・パンチの代表作。漫画をコミックに変えた、日本の漫画史上に残る傑作です。女好きだけど、変身と盗みのテクニックは超一流。そんなルパンと生涯のライバル ・銭形警部とのバトルは、まさにエンドレス。セクシーな峰不二子、次元、五右ェ門 など、多彩な脇役も魅力的。まさに不滅の名作です。

アニメ版から入った人は「なんか違う(´・ω・`)」って感じになるんだろうな。

表現方法等、これはこれで良いのだけれども、なにぶんにも最早古典の領域のモノである為、この漫画を模倣したモノ、影響を受けたモノを数多く読んで来たであろう今の人にはそれほどの衝撃は与えないかもしれない(´・ω・`) ネコパンチグライノショウゲキ

キャラ設定等も少なからず二巻までは固定されておらず、何度も峰不二子が別の役で登場したりするので、その辺も読んでいて受け付けない人も居るかもね。

メタ的な突っ込みが多いような気がした(・∀・)


のぞみちゃんホットライン がぁさん

平凡な学生のぞみの身体に異変が起きた!?ある日突然大阪在住のみのるくんの全ての感覚を共有する事態に。見たこと聞いた事全て筒抜け。大パニックになる2人は…!

99円で購入。多分マンガ図書館Zとか色んなサイトで無料公開されてると思う。
だいらんど』を描いたがぁさんという人が作者。
確かエロ系漫画の人だったような。

前世の記憶の話『桜の木の下には…』を同時収録。
まあどっちもぼちぼち楽しめたかな(・∀・)

色々とほのかにえっちぃ(・∀・)


19XX昭和の旅1 徳光康之

懐かしき昭和の、あの人、あの出来事を漫画で追体験する!それが本書「19XX昭和の旅」である!本書で追体験するのは「昭和60年・阪神タイガース21年ぶり優勝」!「昭和51年・ヨーヨーブーム」!「昭和40年代・個人店舗のプラモデル屋」!「昭和50年代・初めてのマイ家電ラジカセ」!「昭和40年代・缶蹴り」!「昭和40年代・秘密基地」!「昭和50年代・貧乏大学生」!「昭和49年ツチノコ捜索ブーム」!昭和生まれの直撃世代の貴方!平成生まれの貴方!ドクター昭和と平・成子ちゃんと一緒にレッツ・ゴー昭和!

11円で購入。
71ページと短めであったがそれなりに楽しめた(・∀・)

おそらく俺氏はこの作者より何歳か下なのだけれども、それが却って良かった気がする。
同年齢の人が描いたものだと、おそらく似たような曖昧な記憶しか残っていないであろうから。

そういった意味合いでは自分にとっての懐かしネタを扱った作品はちょっと歳上の人が著したモノがしっかりとした当時の状況、裏事情等を知ることが出来て良い。

最初の阪神ネタはどうでも良かったが、ヨーヨーネタで愕然とした…( ;・´ω・`)ゴクリッ

ヨーヨーの構造って二種類あるのか…だから犬の散歩とか出来るんだな……


シャッターシャワー(1) 池沢さとし

カメラマンアシスタントの一等翔は、女性問題がきっかけでアシスタントをクビになってしまう。
女性問題を起こした師の嫌がらせもあり、腕を持ちつつ職業に就くことが出来ない翔。
そんな日々の中、翔はナンパした女のヌード写真を撮るいじけた生活を続ける。しかし、トップレーサーの桜小路麻樹と出会ったことで、カメラマンとしてのチャンスがやってくる!

なんか女の人とせっくるしてヌード写真を撮るだけの漫画に思えなくもないw
主人公の一等翔に魅力を感じないというか、糞野郎に思えたので、あんまり続きが気にならずw
奇面組に居そうな名前である(´・ω・`)

桜小路はカメラマンに転向(?)するんだけども、レースをしながら写真を撮るのはちょっと頭おかしい(・∀・)

桜小路はお金持ちのボンボン、翔は孤児院育ちの暴走族上がり。どっちもクズ(・∀・)


東洋綺談 トオジョオミホ

昔、明代の中国に竹で出来た抱き枕がなければ眠れぬ男児がいた。枕を細工し寵愛ぶっていた彼にも、いよいよ本物の嫁を貰う時が来た。しかし、よもやあの枕があんな事件を起こすとは、その時は思いもしなかったことだろうよ―――東の国の摩訶不思議な小噺をよりあつめた11本の物語を、どうぞ御笑覧あれ。

99円で購入。
確かこれもどっかのサイトで無料公開されてたかな?
中国古典モノの怪異譚。
中々面白かった(・∀・)

友人のひいお爺さんが遭遇した怪異の話『竹夫人』をはじめ、『山中乳母』、『あらわしの矢』、『ウー先生と小龍兒シャオロール』、『花信風ホアシンフォン』、『月玉タルオギ』、『幽霊邸』、『月下の別離わかれ』、『莊子歌を歌う』、『螺鈿紫檀五絃琵琶らでんしだんのごげんびわ』を収録。

竹夫人って

英語の Dutch wife(字義的には「オランダ人の妻」の意)は、アジアで使われている、竹や籐で編まれた筒状の抱き枕(竹夫人)を指す。ランダムハウスによれば、語の起源は1875~80年頃という。その理由は、本国に妻を残してオランダ領インドネシアで取引していたオランダ人商人の境遇に由来すると想像される。英米では、日本でいうダッチワイフは sex doll と呼び、これを Dutch wife と呼ぶことはまずない。

性的な使用目的の人形が日本で「ダッチワイフ」と呼ばれだした事情は定かではない。日本のメディアでは、1958年頃からダッチワイフとの表現が見られる様になり、1967年頃にはかなり一般にも定着していたとみられる。
ダッチワイフ

という感じなのか。

タッケワイフならぬダッチワイフ(・∀・)


俺本 佐藤ダイン作品集 佐藤ダイン

新人漫画家、佐藤ダインが圧倒的熱量で贈る作品集。
全力で応援出来なくなってしまったアイドルオタクの苦悩と愛を描いた『桃色な片想い』、
デビューはしたものの先が見えない漫画家志望とヤンキーで暴力的な先輩漫画家との交流を描いた『一馬先輩と僕』など、
商業誌デビュー作、未発表作を含む7つの読み切りを収録。
著者による作品紹介とあとがきも収録。
主人公はほぼ作者自身!作者の人生を体感できる、それが俺本!

収録作品:桃色な片想い/お引越し/ヤクザが歩けば鈴が鳴る/アイドルのライブに行ってみた結果/貝がらの記憶/シャッタースピード/一馬先輩と僕

5円で購入。
初期の頃の作品ということもあり、絵がアレだったり、話の展開が雑というかこれで展開つながってるの(´・ω・`)?というモノもあったが、それほど悪くなかった作品もあったような気がする。

作者の佐藤ダインは今、茨城県民ネタの漫画『だっぺ帝国の逆襲』というのを連載してるのかな?

俺氏も毎日何やってるんだろう…(´・ω・`)

無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-65

バブルガム ~オジサンの人生やり直し時間旅行~ 成田 マナブ / 神津 しおん

メタボでハゲのしがない中年サラリーマンがバブル時代にタイムスリップして美女とヤリまくり! 体型も頭髪も若々しかった当時の自分に戻ったのをいいことに、過去を変えて人生をやり直そうとするが…そんなに都合よくコトが運ぶわけがない! 憧れの美女と結婚して人生をやり直せば、未来が変わり最愛の娘が生まれてこなくなってしまう…。何とか元の鞘に戻そうとしても、今度は自分の嫁になるはずの彼女が、他の男と!!

一冊33円で全3巻なので99円。
3巻だけど1冊が66ページくらいなので、普通の単行本1冊と同じか。
俺なんでこれを買ったんだろうか…("・ω・゙)?

よくあるパティーンと言えばそれまでだけど、まあ一応お話にはなっていたな。
エッチさは控えめ。

俺氏より髪がある(´・ω・`)


サーカス・ワンダー 楠桂

サーカスが街にやって来た。タダ券を手に入れた少年・悠樹は、惚れている円先輩をサーカスに誘う。しかし、円はサーカスに不気味な気配を感じていて…ショーの途中、円は忽然と姿を消した。それどころか、彼女の存在そのものがこの世から消えてしまったのだ。円の存在を覚えているのは、この世にただ一人、悠樹だけ。悠樹は円を救い出すため、不気味なサーカス団へと乗り込むのだが…? 表題のファンタジックホラー他、全3編のオムニバス。

99円で購入。
若い頃は楠桂こういうライトなホラー物は好きだったんだけど、おっさんになって読んでみると微妙だな(´・ω・`)

表題作の『サーカス・ワンダー』と『夏の悲鳴』がホラー作品。
『悪魔にプリーズおねがい!』はコメディだけど在り来たりな感じが…
まあでも『八神くんの家庭の事情』が好きだったから、こっちの方が合ってるかな。

つーか、もうエッチな漫画以外の学生モノ・学園モノを読むのはきつい年齢ということかもしれないw

『サーカス・ワンダー』の円と悠樹


本日も休診 石川サブロウ / 見川鯛山

私には二つの日本記録がある。一つは那須の中腹、海抜千メートルという日本一高いところに診療所があるコト。
もう一つは、私の診療所が日本一小さいコトだ。
だから近所の人は、私がヤブ医者と勘違いして町の病院に行ってしまい、収入のほうも日本一…なのだ。

1巻は無料配信で、2巻6円で購入。
ほのぼの人情物なのかと思って読んだけど……予想していたほどほのぼのとしていないというか救いがない話が多い気がする(´・ω・`)

ただ、それ故に染み入るところがあり、これはこれで好き(・∀・)
内容は少し違うらしいが、機会があったら原作を読んでみたいところである。

物悲しい話が多い(´・ω・`)


イグナイトエイト Ryota―H

そこは天高くそびえる塔のもと、様々な種族と国々が栄える異世界。心に深い傷を負った亜角族の少年・レクスは、人間たちに捕らえられ、血闘場の剣闘士として闘いの日々を送っていた。「いつか自分の拳ひとつで、このごみ溜めを出ていく――」そんなレクスの前に現れたのは、彼の運命を変える「魔女」で…!?期待の俊英・Ryota-Hが贈る、王道バトルファンタジー開幕!!

読みやすくはあったものの、一巻段階では可もなく不可もない感じだった。
三巻で打ち切りになった模様。
kindleでも今は取り扱ってないのかな?

つまらないってことは決してなかったが…


終末家族計画 ふうたまろ

さえない童貞研究員・灰島はある夜、自社の3Dプリンターが自動で稼働しているのを目撃する。なんと、そこで誕生したのは美形で全裸の女性だった!! 彼女は40年後の灰島自身によって送り込まれたAI制御のアンドロイドだというが!? 彼女の目的ははたして? 失われた性欲を取り戻せ!! ピンク絵師・ふうたまろが送る新感覚SFライトエロ!!

ライトエロという割に裸のシーンが多かったね(*´・ω・)
何となく話の方向性がぶれたような気がしないでもない。
関係ないけど、この人の漫画ってカジュアルにNTRれるというか、余り登場女性の純潔性とかを重視してないよねw

余りに裸のシーンが多くて、こんな変な感じでしか切り取れなかったw


そしてボクは外道マンになる 平松伸二

一線で活躍するジャンプ作家たちの中で自分の未熟さに打ちのめされながら、必死に連載を続け、人気作家への階段を登っていく伸二。だが、初代担当の権藤、二代目担当の魔死利戸ともに、そんな伸二に厳しい言葉を投げかけ続ける。必死で食いつき、はい上がる伸二は、自分の中に潜むダークサイド、「外道マン」を次第に目覚めさせてゆく……!!

ゼブラックで無料で読める19話まで読んだけど、あんまり期待するほど面白くなかったかな(´・ω・`)

どうも27話で第一部完…つまりは打ち切りらしい。
まああの内容だとしょうがないかなぁ…

ちょこっとぐぐって他の人の感想ページを巡って知ったが、"美奈子"絡みは完全なフィクションなのかw?
じゃあなんであんなにページを割いたんだろうかw

まあそれはともかく、セールで買った『ドーベルマン刑事』と『リッキー台風』と『マーダーライセンス牙&ブラック・エンジェルズ』を読まなきゃ…(´・ω・`)


『新ナニワ金融道』は何となく合わなかったので読むのをやめた。
青木雄二ではなく青木雄二プロダクションの制作で、前作とはなんとなく雰囲気が違う感じがしたというところもあるけども、出所後の灰原が帝国金融ではなく桑田の始めた債権回収会社という設定があんまり受け付けなかった。

それなりに古い作品なので、おそらく金融系等の法律も変わっていたりして、読んでもあんまり役に立つ雑学にもならんだろうし(´・ω・`)

『ナニワ金融道』の前半はそういうのを抜きにしても十分楽しめたから読み進めたが。

東京都北区赤羽 / 清野とおる

東京都北区赤羽!清野とおるが町で遭遇した奇妙な出来事をリアルにマンガ!

全8巻。88円セールの時に購入したので、全部で704円だった模様。
ちなみに今はマンガParkとかで無料で読めるみたい。

作者の清野とおるは壇蜜の旦那さん(・∀・)

というとまるで壇蜜の付属物で全然無名な人のように思われてしまうが、実は2ch(現5ch)で貼られていた鬼女AAの元絵を描いた、知る人ぞ知る人。


今回ぐぐってみて初めて知ったが、作品内でも触れられているが『東京都北区赤羽』以前にも普通の(?)漫画を二作程描いていた模様。(どちらも一年以内の打ち切りであったらしいけれども)

俺氏が既読だったのは、無料配信で読んだ『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』と『ウヒョッ!東京都北区赤羽』の一巻だけ、あとは雑誌やWebで単発の漫画とか。

前者の『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』はあんまり合わんかった。
この『北区赤羽』シリーズではその他の登場人物が濃かったりするために、どちらかと言えば清野とおるが漫画内のポジションというかロール的に被害者側、常識人側なのでいい塩梅なのだが、「おこだわり」の方では作者の清野とおるがにぎやかしとして大はしゃぎしたり、悪口雑言的台詞を吐いていたりして、その辺がちょっと。

『ウヒョッ!東京都北区赤羽』はこのシリーズの続きで、まあ作者にも色々あったという話から始まるのだが、詳しいことは書かない。三話くらいまでは無料で公開されているし。取り敢えず、新キャラとしてタイ人(?)ママのワニダがメインを張っていたような記憶があるが、それも定かではない(ノ∀`)

『山田孝之の東京都北区赤羽』も観たが、あんまり面白くなくて途中で離脱したような…
『東京都北区赤羽』を読破した今、もう一度観たらもう少し楽しめるのだろうか…(´・ω・`)?
「おこだわり」の方も実写化されてるのか…


清野とおる

作者。回によっては、ぶっ飛んでる赤羽の住人たちに振り回されている一般人のように思えるが、自ら望んで虎穴に突入・滞在しているので、やっぱり同じように、或いはそれ以上に頭がいかれてると思う(・∀・)


居酒屋ちからのマスターと悦子ママ

第4話から登場。この無印の『北区赤羽』のホームと言える居酒屋ちからのマスターとそのパートナー。いつも喧嘩している。マスターはかなりのクズだが、それ故にこの漫画を面白くした立役者とも言える。

悦子ママもマスターと比較すれば、まともと言えるが、やっぱり普通の人と言うにはちょっと…(´・ω・`)


ペイティさん

第5話から登場。
非常に濃い登場人物。
つーかこの人に触れていいんだろうかと思ったりもしなくもない。

音楽をやっているホームレス?

謎が多い。


ナイトレストラン・マカロニのマスター夫妻

第6話から登場。
数少ないまともで優しい登場人物かな……でも今野くんにごめんなさいしないといけないよね(´・ω・`)

ネタバレになるが(大したネタバレではないが)、マスターは自転車を持ち上げるw

確か『山田孝之の~』でもやっていたような記憶がある。


ジョージさん

第13話から登場。
渋めの外見で煩型な人ではあるが、まあまともと言うか良い人ポジションかな?


赤羽の母

第18-19話に登場。
占い館クリスタルを運営。
阿佐ヶ谷姉妹風な外見。
つーか、阿佐ヶ谷姉妹がよくいるおばさんの外見を模しているのか(ノ∀`)


赤澤

第22話から登場。
作者の描き方のせいか、凄く嫌な野郎に見えるw
作者と同い年ということもあり、後々行動をよく共にする。

水口幸広の『カオスだもんね!』に登場するアカザー(赤澤)という編集者も嫌な野郎な描き方であったがために、俺氏の中では「赤澤姓の人はみんな嫌なやつなんだろうなぁ…(´・ω・`)」という偏見がある(ノ∀`)


赤い老人

第27話から登場。
この"人物"に関する話題は後々何回か出てくるが色々と興味深く、読了後に感じる、この作品のそこはかとない切なさを醸成する一助となっていると思った(・∀・)


豆腐屋のおばあちゃん

第34話に登場。
これまた色々と濃いおばあちゃん。

あれ、もしかしてこの人、『ウヒョ』で確か…(´・ω・`)?


斎藤さん

第91話から登場。
路上ミュージシャン?
『銭形金太郎』などに出演したこともあるらしい。


上に挙げた以外でも、ウロウロする人、殺人犯、便利屋さん、謎のUFO、鷹匠、赤羽一番街商店街振興組合の人、青の竜舌蘭、弁当屋でのバイト話、たべるーなの謎と面白い話が色々と収録されているが、いちいち画像キャプチャして文字起こしするのも面倒なので、この辺でやめておくw

この作品は極一部とは言えども赤羽周辺の風俗や歴史を記録した民俗誌的部分があり、また単純な笑いを越えた部分での面白さもあるので、東京都北区赤羽に関係がない人でも一読の価値はあると思いました(・∀・)(小並感)

ネタバレを避ける為に細かい言及をしなかったが故に、余りこの作品の良さを伝える感じには出来なかった(ノ∀`)スマンカッタ

『ウヒョッ!東京都北区赤羽』もいつか目を通したいが、そんなお金はないので(・∀・)、何処かの電子書籍配信サイトで広告付きで読めるようになるのを待つか、ネカフェで読むかだな…( ゜σ・゚)ホジホジ