月別: 2010年7月

「人」というものについて考えてみる-3

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


久しぶりに「人」というものについて考えてみた。

と、書き始めてから半年以上も推敲を繰り返す_| ̄|○
取り敢えずの形でいいから書き上げたことにする。


以前のエントリで考えた「<脳内>世界」「精神的恒常性」の他に「人」を構成する重要な要素があると考える。「自己愛」と呼ばれる類の物とそれを
必要とする仕組みである。

「自己愛」はナルシズムなどの自己陶酔などとも翻訳されるような異常な状態や
自分の関心全てが自分にのみ向けられている人のみが持つような異常なものの
ような捉え方をされている場合もたまに見かけるが、これは自己愛というよりも、
「<脳内>世界」を防衛するために形成された歪んだ思考や行動のパターンに
過ぎないと考える。

「自己愛」というものの定義は色々とあり、一概にこうだと決めつけるわけには
いかないのだけれども、自分なりの定義をしたい。


あらゆる生物は生きようとし、その為に必要な判定を行う。

人間でも動物でも、あらゆる生物は基本的には生きようとする。
これは本能的に備わっている物であり、基本的には抗うことは出来ない。
最も単純な意味での生きるということは生命活動を維持することである。
個体が生命活動を維持する為には、呼吸、栄養摂取、排泄、睡眠等を行う必要がある。

これらの行為は摂取する食料の選択、その食料を取得する場所の選択、
安全な住処の選択や危険を回避しようとする選択などによって成立する。
誤った選択をしつづける個体は高い確率で淘汰される。

この時に行われる選択はその個体の基準によって判定される。

この基準(閾値)自体はその種が持つ遺伝的知識と個体の経験的知識に
依存するので多種多様ではあるだろうけれども、判定機能そのものは
おそらく人間よりもはるかに前の世代から備わっていたもので種を問わず、
不変の仕組みであったろうと考える。もしかすると外界の環境・刺激に対する
内部演算とその結果としての反応という最も原初的な仕組みが複合化したモノ
なのかもしれない。


判定は行動やモノを取捨選択する。但し人間は多角的総合的判定を行う。

判定によって行動やモノは取捨選択される。
有用であるが故に行われる、有用であるが故に残される、
無用であるが故に行われない、無用であるが故に捨てられる。

この判定は閾値を越した時に機械的に行われる反応であり、覆すことの出来ないものである。

但し人間の場合は一つの基準で無用になったからといって、それ即ち無用とはならない。
人間は複数の基準や特定の条件を考慮して多角的・総合的判定が行えるからである。


多角的総合的判定は脳内世界にある概念を用いて行われる。

現実世界からの刺激に対する演算に複数の基準や特定の条件の適用という
高度で複雑な処理、つまりは多角的総合的判定を行えるのはおそらく人間のみだろう。
比較的高い知能を持つ動物もある程度は可能ではあるが、脳の容量的な問題と
広い意味での言葉を有していないために、その程度は幼児レベルであり、ここでいう
多角的総合的判定と呼ぶには値しないと考える。

この処理は人間が概念を扱えるが故に可能である。ここでいう概念とは、
脳内世界に定義(解釈された)現実世界の断片や現実世界の断片から作られた
想像の産物である。
現実世界の解釈を行う際にも概念を用いた多角的総合的判定は行われる。
人間が現実世界を解釈する際にも、脳内で想像する際にも既存の概念を使用する。
生後間もない頃の世界の概念化においては判定がされず、事象が快不快でのみ
記録されているのではないかと考える。


人間は概念としてあらゆるモノを捉える。
人間は現実世界を解釈する為に自分自身を含めたあらゆるものを概念化する。


多角的総合的判定はあらゆる概念に対しても行われる。
取り分け意識が向いているものに。

多角的総合的判定はあらゆる概念に対して行われるが、取り分け意識が向いている対象に
対して行われる。外部や他者に意識が向いていない時、人は自分に対して意識を向ける。


多角的総合的判定で自らを無用と判定した場合に何が起こるか?

人間が自らを多角的総合的に無用と判定した場合、つまりは”自分が生きる”ということ、
“自分が生き続ける”ということに価値を見出せなくなった時、トータルでマイナスである考えた時、
それはどういう結果をもたらすか?
あくまでも予想に過ぎないが、おそらくそれは自殺という形をとるのではないかと考える。
必ずしもではないが、多くの人は惨めな気分(自分が低価値、無価値であることを認識している状態)や
将来的に低価値無価値状態が続くorなると判断した時に死の衝動に襲われるのではないかとも考える。

この死の衝動とは基準によって判定された無用のモノを”捨てる、破壊する、
世界からその存在を消去する”という機械的反応だと考える。

この無慈悲なる死の顎に捉えられた者に逃げる術はない。


自己愛とは自分に対して”価値”を供給するための機構である

他の動物ならば、自らを対象にその価値をはかり、その無用さ故に自らの命を断つことは
ほぼありえないが、人間は進化の過程においてその可能性を持ってしまった。

この自らをも滅してしまう状態を抑制する為に自己愛は発達したと考える。

自己愛とは、あらゆる人間が備えている、その人間の精神本体、
即ち脳内世界の核をなす自己やその周辺要素に対して”価値”を
供給する機構であると考える。具体的には抑圧や同一化などの
防衛機制で説明されるような反応により、現実世界を自己に対して
有利なように解釈するための機構である。

一言で表現しにくいが”価値(value)”とは判定において+側、「有」の結果をもたらすモノである。
「有」の結果とは即ち”有用である、存在意義がある”ということである。判定とは最小単位まで
つきつめていけば有り/無しという形であり、閾値を越すか越さないかというものである。
“価値”とはこの閾値を越えさせるモノという表現でも良いのかもしれない。


今後は「自己愛」と定義した”価値”供給システム、「<脳内>世界」、
「精神的恒常性」により毒親連鎖や人格障害者の発生の説明へと
大風呂敷を広げていきたい。

とりあえず次は”価値”=”愛”とは何か、人間の生育にどう影響するか
について考えてみる。

ここでいう愛とは惚れた腫れたの恋愛的要素が強いものではなく、
“そのモノが存在することを認める、そのモノが存在することを望む”と
いったニュアンスの広意義な愛である。

Egitからgithubを利用する(2)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


※11/05/07追記 内容はほぼ一緒ですがEGitにまとめました。

※追記20150115
この内容は古過ぎて当てにならない(ノ∀`) 画像もないしw

Egitからgithubを利用する(1)の続き。


リポジトリの作成

“ダッシュボード”をクリック
github016.jpg

プロジェクト名、説明等を入力し、”リポジトリを作る”ボタンをクリック
github017.jpg

以下のような画面が表示されたら赤枠内の文字列をコピー
github018.jpg


ローカル・リポジトリの作成

githubで使用したいプロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[プロジェクトの共用(S)]をクリック
github019.jpg

「プロジェクトの共用」ダイアログが表示されたら、”Git”を選択し、”次へ(N)”ボタンをクリック
github020.jpg

「Git リポジトリーの構成」ダイアログが表示されたら、プロジェクトをクリック
github021.jpg

リポジトリーのパスが自動入力されるので、”リポジトリーの作成(C)”ボタンをクリックgithub022.jpg

“完了(F)”ボタンをクリック
github023.jpg

プロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[トラック(T)]をクリック
github024.jpg

プロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[コミット(C)]をクリック
github025.jpg

「変更をコミット」ダイアログが表示されたら、”コミット・メッセージ”を入力して
“コミット(C)”ボタンをクリック
github026.jpg

プロジェクトを右クリック

コンテキストメニューから[チーム(E)]-[Push(P)]をクリック
github027.jpg


ここからとんでもなくはまった_| ̄|○
理由は未だによくわからない
単純にRSAキーの貼りつけミスだったのかなんなのか。
もしかするとキャッシュが残っていて変になったのだろうか…
失敗した時に”known_hosts”を消さなかったのがいけなかったのかもしれない…


「Push To Another Repositories」ダイアログが表示されたら、
「ロケーション」セクションの”URI(I)”に先程コピーしたgithubのリポジトリを貼りつけ
「接続」セクションの”プロトコル(L)”で”git+ssh”を選択すると自動的に接続開始

githubへのPush
push001.jpg

以下のようなメッセージが表示されたら、”はい(Y)”ボタンをクリック
push002.jpg

以下のようなメッセージが表示されたら、”はい(Y)”ボタンをクリック
push003.jpg

「Push Ref Specifications」画面が表示されたら、「Add create/update specifications」セクションの
“Souce ref”で”master [branch]”を選択
(初回ならば”Add all branches spec”ボタンをクリックしても一緒? )
push005.jpg

“Add spec”ボタンをクリック
push006.jpg

“次へ(N)”ボタンをクリック
push007.jpg

“完了(F)”ボタンをクリック
push008.jpg

githubへのPushが行われます
push009.jpg

Pushが成功すると以下のようなダイアログが表示されます
“OK”ボタンをクリック
push010.jpg

githubに行くとファイルがpushされています。
push011.jpg


その他画像

パスフレーズを指定している場合は途中でパスフレーズの入力を求められます
pass.jpg

謎のエラー系
とりあえず、この辺が出てきてPush出来ない場合は
“known_hosts”を消して、公開鍵の生成→githubへの保存→秘密鍵の保管の辺りの作業を
すれば、無事に成功するかも…
error001.jpg
error002.jpg
error003.jpg


なんか一日潰れた_| ̄|○
Windowsで全然うまくいかなかったので、破れかぶれにVirtualBox上のubuntuの
eclipse3.5+EGitで試してみたら一発で通った__○_
その後もう一度最初からやり直したらWindowsでも通った__。_

___ ツカレタ…

Egitからgithubを利用する(1)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


※11/05/07追記 内容はほぼ一緒ですがEGitにまとめました。

※12/7/14追記 2012年7月現在、Githubでは多言語サポートをしていません。
サポートセンターへ質問メールを投げた所、
「多言語サポートのクオリティが低かったので除去したよ。いずれまた元に戻すかもしれないよ(・∀・)」
という内容であろうと推測する返信が届きました。ということで今のところGithubで言語選択は
出来ないようです。

※追記20150115
この内容は古過ぎて当てにならない(ノ∀`) 画像もないしw

EgitでGitHubにアクセスするを参考にして日本語版eclipse+Egitからgithubを利用してみた。
途中でうまくいかず何度もやり直したりしたのでもしかしたら手順としては怪しいかも(´・ω・`)

(さらに…)

テレビドラマ7月4週

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


JOKER 第2話を観た。

前回よりは面白かったかな。
このドラマは(・∀・)ニヤニヤ(堺雅人)や宮城(杏)や久遠(錦戸亮)の方で面白くはならないので、
ドラマの出来は犯人役にかかってる。
今回はライアーゲームのキノコ、警部補矢部謙三の桜木を演じた鈴木浩介だったから
面白かったんだろうか。( `・ω・)o彡゜ビーフ!ビーフ!

久遠が仲間になった。りょうが相変わらず月9気取りだった。
孫娘はもしかしてプロゴルファー花のそら…( ;・´ω・`)ゴクリッ?
宮崎は最後まで一般人として行くのか、それとも転ぶのか?

ちょ、まっ、ちょまっ、ちょ、まっちょ、まっちょヽ(`Д´)ノ


新警視庁捜査一課9係 第4話を観た。

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)のコントがメインなのか。
まあ面白いけれど。
保護司の高畑(不破万作)も川村も渡辺の母親もみんなクズだな(w
ほのかに続いてAKINAとか言う人の演技酷い_| ̄|○ 棒枠?
満島ひかりと同じグループの出身?

来週はようやくエンクンニちゃんこと妙子(遠藤久美子)回ヽ( ・∀・)ノ
( ・∀・)ぼく、せっくす、しってます 宗一さんは黙っててヽ(`Д´)ノ


ホタルノヒカリ2 第3話を観た。

ゴーヤ(・∀・)
ホタル(綾瀬はるか)はゴーヤ食い過ぎ(w
前半とぶちょお(藤木直人)がゴーヤ嫌いを克服しようと頑張ってるところは
面白かったけど、ゴーヤボウリングシーンはいまいち。原作にもあるのかも
しれないけれど、ROUND1とのタイアップの為のシーンに見えた(w
結局、じんましんの原因は猫アレルギーというとんでもないオチが(ノ∀`)


うぬぼれ刑事 第3話を観た。

中村梅雀さんが降板して死体役の人が主役になっちゃった(´・ω・`)
あの人、顔がうるさいんだよね。

遠山景織子の登場シーン、これだけか(w
もううぬぼれとターゲットの出会いが超常現象というか御都合主義になってる(w

Ren4+田嶋陽子+小池or丸川か(ノ∀`)

3,4億強奪事件(w
実況で中島美嘉が犯人一味ではという指摘が( ;・´ω・`)ゴクリッ
凄いワイヤーアクション。
なんか今回はテイストが違ったな。話の主体が青木夫妻だったし。
悪くはないけど毎回これだとつまんないな。たまえ (樋口可南子)が
主役みたいな感じ過ぎた。

確かに声は大事だなぁ

「いいかげんにして、へんたーいヽ(`Д´)ノ」
「強いて言うなら僕はUです(`・ω・´) (キリッ」


モテキ 第2話を観た。

前回ほどは面白くなかったかも(´・ω・`)
OPは相変わらず楽しそう。
中柴(満島ひかり)はテンション高すぎ(w
実際に一緒に居たら疲れそうな感じ。

入浴シーンでおっぱい(*゚∀゚)=3
デジアナ格差があることを知る_| ̄|○

タイムマシーンシーン…(∩´・ω・)

なぜこのドラマで濃厚なキスシーンが(w
月9気取りか(・∀・)

「モテキが来るかも………こねぇよヽ(`Д´)ノ」


GM~踊れドクター 第2話を観た。

|ω・`)

後藤(東山紀之)、小向(多部未華子)、氷室(椎名桔平)辺りはもうキャラが
確立されてるなぁ。なんか話の展開が変なのでキャラ物として観るのが吉かなぁ。
ソウシン三人衆と看護士はちょっと余計かもしれない。話が散漫になりすぎる。

しかし本当にところどころで踊ってるな(w

ほわーぃ(・∀・)?
ってラブレターfromファイヤー(w


サラリーマンNEOを観た。

カステラ…じゃない…( ;・´ω・`)ゴクリッ
今回の川上くんはちょっと違う作り(w
浜の野郎ヽ(`Д´)ノ