『八日目の蝉』を観た

八日目の蝉

これって身勝手で馬鹿な女が不倫妊娠堕胎の挙句に相手男性の子供を
誘拐して家庭を崩壊させ、子供にとって大事な乳幼児期に誤った認識を
植えつけてその人生を台無しにしちゃったっていう物語だよね(・∀・)?


もう冒頭の裁判シーンからして受け付けられなかったw
まだ話の大筋がわからないところであったが、永作博美演ずる野々宮希和子の発言シーンを観て『永作博美、またキチガイ役かよ (ヽ’ω`)』と思ってしまったw

森口瑤子演じる恵津子がヒステリックだから旦那の丈博(田中哲司)が浮気したのか丈博が浮気したから恵津子がおかしくなったのかよくわからんが希和子は頭がおかしいw

被害者である恵津子を悪者にする為の印象操作としてか希和子を酷い言葉で罵るシーンがあるけど、そもそも不倫を継続していなかったらそんなことを言われることもなかったわけで。

一回きりの関係ならば騙されたと言う免罪符もあるが、『いずれ離婚するから』という言葉を信じて不倫を継続していたならば、その間は相手の婚姻関係というか家庭を侵害しているわけであり、罵られるのに十分に値する(・∀・)
その上、衝動的とはいえ相手の赤ちゃんを誘拐するなんてキチガイ以外の何者でもない。

それとは関係ないけど、施錠云々はともかく幼児を置いたまま外出したりするんだろうか?
まだ寝返り出来ないからうつ伏せ寝による危険はないということなんだろうか。
寝返りは早い子だと生後2ヶ月くらいでするみたいだけども、まあ何にしても生後数ヶ月くらいの子を放置していくなんて有り得るんだろうか?


希和子が子供に優しくし楽しげに過ごしてる頃、実の両親、取り分け母親は胸が押しつぶされんばかりに心配し狂いそうになっているのを想像すると、後々の涙や発言に対して『何言ってやがんだこいつは(´・ω・`)』としか思えなかった。

一番の見せ場であろうと思われる逮捕時の台詞を言うところで待ってましたとばかりに
ばかじゃねーの( ^ω^)
とニヤニヤしながら、つぶやいてしまったw 

お前が誘拐してなければ、今頃両親の元で不自由なく飯くっとるわ(・∀・)

松雪泰子、芦田プロ、田中裕子がやっていた日テレのドラマ「mother」の場合だと尾野真千子演ずる毒親がネグレクト+恋人の折檻等の設定があったからまだ納得が出来たけれども、これは本当にただの誘拐という凶悪犯罪以外の何物でもないからなぁ。


物語的には恵理菜が希和子に愛されていたことを思い出して大団円みたいな感じになっているけど、この希和子の愛って偽りというか狂的な愛或いは所有物としての支配に過ぎないと思う。

四歳くらいだったからまだ可愛がっていたが、成長して”薫”が自分の玩具人形でないことに気づいた時にどうなるかわからない。

恵理菜は誘拐されなければマロンが希求しも得れられなかった”普通の生活”が得られたのに、それを根こそぎ奪われ、かつ選択出来ない状況で与えられた”モノ”を愛と勘違いすることは新たな毒親連鎖、歪んだ人格の連鎖の始まりになりそうな気がする。

なんとなく最近ニュースで見た病院の取り違え事件を思い出した。
あれは数十年も経過していてどうしようもないレベルになっていたな。


「容疑者Xの献身」では俺氏は泣いたんだけども、この「容疑者Xの献身」に対して『罪のない人間を殺しておいて何が愛だ献身だヽ(`Д´)ノバーヤ バーヤ』と言う人が多少居た。

その時は『何言ってんだか(・∀・)』と生暖かい目で眺めていたが、この作品を観てなんとなくその主張というか、その主張が根ざすところがちょっとだけわかったw

どう考えても肯定出来ない部分があると登場人物に対して感情移入が全く出来ないもんだなと痛感した(ノ∀`)

映画なんだから難しい事言わずにメインストリームである希和子の方に感情移入をし、
「誘拐犯だけど子供を愛していたよね・゚・(つД`)・゚・」って感じになるように
視聴すべきなんだろうとは思うけど、それは無理(・∀・)


劇団ひとりがコント演技なのは致し方ないとして、それなりに演技力のある小池栄子がなんか変な演技してんなぁと思ったけど、最後の方で納得した。

永作博美はいいっちゃいいけど…設定的な問題でどうでもいいかなと思ってしまった。
恵津子役の森口瑤子は鬼気迫る感じ良かったな。

そういえばカメラ揺らしがうざかったな。
今でもあの阿呆な手法をイケてると思って多用している馬鹿は居るんだろうか。

子役は台詞を言ってるだけって感じだけど、まああんなもんだろう。
芦田プロが異常に出来すぎるだけで(・∀・)


八日目の蝉ってタイトルもなんか内容と合致していないような。
このタイトルから連想出来るのは子供の話ではなくて、特攻隊の生き残ってしまった人や知り合いが皆死んでしまった寂しい老人などが『図らずも一人生き残ってしまった…

七日目に死ねなかった蝉は哀しい(´・ω・`)』という自嘲的な感じで八日目に見る景色はなんであろうか的な話だなぁ。

永作博美作品としては「人のセックスを笑うな」よりはまともでちゃんとした作品なんだけども、その根底にあるテーマというかロジックが変なんじゃねと思った。テレビドラマ版もちょっと違うようだけども原作も色々と違うのかな。

「曲げられない女」の永作博美は良かったんだけどな(・∀・) シネ、ビッグママ
でもよくよく考えてみるとあれも虚言癖持ちだったな…
まともな役の永作博美を観たことないかもしれないw