『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観た


のだめカンタービレ 最終楽章 前編

映画版ということで海外ロケやらCGやらで力は入ってはいるが基本的にはドラマ版の
延長作品。原作とドラマ版が好きなら、そこそこ楽しめるのではないかと思う。

原作の段階で渡欧以降よりも国内でのライジングスターオーケストラ辺りの方が
好きだったので、話の後半辺りから少し冗長なシーンが多いように感じられた。

また、俺氏にクラシックの素養がないために終盤のオーケストラシーンもまた
長すぎるように思えた。色々とシーンを入れたりカットを変えているがやはり
長い気がした。まあこれは”映画鑑賞”中に現れたオーケストラシーンだから
そう感じたのかな。普通のオーケストラならぼけーっと観てても長さはそれほど
気にならないし。まあこのオーケストラの団員に余り思い入れがないからと
いうのも原因だったのかもしれない。


原作ののだめが面白いということもあるが、演じている上野樹里の
のだめっぷりで思わず吹いてしまうシーンは多々あったw

よく「のだめカンタービレ」以降の「ラストフレンズ」の上野樹里を
知らないのか、ただ単に皆が言っているからそれに乗っかってるのか
「上野樹里はのだめの演技が離れなくなって下手になった」という
ような阿呆なことを言うのがよくいるけど、確かにのだめ役は
インパクトが強かったのかもしれないと改めて思ったw
まあそういうことを言う人の頭の中では「上野樹里ののだめの演技が
離れなくなって、そう思い込んでる」だけなんだろうけど。

演奏シーンとかはちょっとあれ?って感じなとこもあったかな。

玉木宏が演じる千秋真一も千秋っぷりが出ていて良かった。
トマ・シモンとの開演前の会話や「先に行くぞ」の辺りは良いシーン。
1月期くらいまで地上波ドラマをほとんど観ていなかったので、それまでに
出ていたのかもしれないが、玉木宏って最近はドラマに出ているのであろうか?
頭の中には永谷園のCMのイメージしか残ってない(ノ∀`)

竹中直人等のエセ外人達は突っ込むだけ無駄なのでスルーして
観るしかない。ドラマ版からの流れだし。

カトリーヌ役のルカ・プラトンが下手というか凡百の子役みたいな台詞回しで
アレだったが、それでもあの辺りのシーンはやっぱり良いシーンだった(・∀・)

瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、吉瀬美智子、伊武雅刀、
猫背椿、片桐はいり等が出てきた。そういえばこんなメンツだったなぁと
思って観ていたが、なんでフランスのメンバーであるウエンツ瑛士とベッキーを
記憶しているのだろうか。ドラマ本編の最後かスペシャルで出てたんだっけか?


千秋に置いて行かれてコンクールへの参加も許可してもらえない、
失意ののだめに更なる追い打ちが!というところで前編は終了する。

後編への十分な引っ張りだったと思うけれども、興行収入は前編が
41.0億円で後編が37.2億円と減っている。これはなんだろうか?
単純に「のだめカンタービレ」を知らない人が話題作ということで観て、
後編は観なかったとかそういう感じの話なんだろうか。

まあ何にしても凄い興行収入w 確かこの頃はクラシック関係で
のだめバブルのようなことも起きていたんじゃなかったっけかな。
マナーを守らない荒ぶる初心者達がコンサートに来て、古くからのファンは
色々と迷惑したとかしないとか。

今はどうなってるんだろうかねぇ(・∀・)