『雨に唄えば』を観た


雨に唄えば

サイレント映画全盛の時代、俳優ドン(ジーン・ケリー)と大女優リナ・ラモント(ジーン・ヘイゲン)はドル箱の映画スターであり、大スター同士のカップルともてはやされていた。しかし実際は、リナが一方的にドンに惚れているだけであった。そんな中、ドンは駆け出しの女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になってしまう。
やがて世界初のトーキー「ジャズ・シンガー」が大成功をおさめたことにより、ハリウッドにトーキーの波が押し寄せる。

俺氏はミュージカルとか好きじゃないのだけれどもこれは良かった(・∀・)
まあやっぱりちょっとミュージカルシーンが長すぎる気がしないこともないけどw
キャラ設定が良いのか全体的なセンスが良いのかはたまた両方かわからないが
観ていてすぐに引きこまれた。

コズモ-のMake ‘Em Laughとトーキー初挑戦の監督の奮闘シーンがお気に入り(・∀・)
パーティーのショーでキャシーが出て来た後の間も好きだw


IMDbのTriviaには
沢山のトリビアがあって読みきれないヽ(`Д´)ノ
まあ取り敢えず、幾つか。

  • この映画の内容程出演者たちは仲良くもなく、ドン役のジーン・ケリーが暴君でキャシー役のデビー・レイノルズもコズモー役のドナルド・オコナーも色々と参ってたみたいw
  • 映画内でリナ役のジーン・ヘイゲンの声をデビー・レイノルズが吹き替えをしているが、実はそれはデビー・レイノルズの声ではなくてジーン・ヘイゲンの作ってない本当の声を当ててたり、デビー・レイノルズの歌声も吹き替えられていたりしたらしい。ややこしいなw
  • 最初にプレミア試写される映画は実際にジーン・ケリーが出演した映画「三銃士」の映像を白黒化と音声カットし、リナ役の出演シーンを追加したものらしい。但し、1シーンだけ元の映画の女優が出ているらしい。

デビー・レイノルズは結構可愛かった(*´・ω・)
まだ存命で去年も映画に出てるだとΣ(゚∀゚;)

ジーン・ケリーも良かったがドナルド・オコナーが更に良かった(・∀・)
ジーン・ヘイゲンも良い嫌な女っぷりで良かった。


ドンとコズモ-の動きがまんまコント55号ぽかったので、コント55号が真似たのか
と思ったが、そういう記述は見当たらなかった。まあでも萩本欽一、坂上二郎が
直接的な影響を受けていなくても東洋劇場の先輩経由での影響があったのかも。

関係ないけど、

萩本が「尊敬するコメディアン」としてチャップリンの名を挙げていたことから、1971年1月にフジテレビの番組企画で、当時スイスに隠棲していたチャップリンに面会している。実のところ、萩本は「世界で一番有名な人だから」という程度の意識で彼の名を出していたに過ぎず、このときはチャップリン映画も2本しか見たことがなかったという。

これは酷いw


やはり後世に残る映画には残るだけの理由があるな( ・´ω・`)