『クラークス』を観た


クラークス

21歳のダンテ・ヒックス(ブライアン・オハローラン)はコンビニエンスストアのクイックストップで働いている。ある休みの日、朝6時からたたき起こされた挙句、休み返上で働かされることになるのだが、その日は悪党呼ばわり、恋人の性癖の告白、高校時代の恋人の結婚、友人のお葬式、罰金騒ぎなど、災難がダンテを待っていた。「今日は休みだったのに!」ダンテは一人嘆くのであった。

なんというかショートコントを繋ぎあわせた感じの映画。
ストーリー4コマ漫画を読んでいるような感覚に襲われる。

ダンテの友達でありビデオショップの店員・ランドル(ジェフ・アンダーソン)が
気違いじみた糞野郎だが、後の方でちょっと良いところがあったり、このまま
ハッピーエンドになるのかと思ったら、グチャグチャになったりで色々と
忙しい内容だったw

製作費が$27,000で興行収入$3,151,130ということなので
比率で言うと100倍の収益が(・∀・)

この作品はヴュー・アスキューニバースの映画シリーズの第一作で、
このシリーズは全部で6作品あるらしい。その6作品目が「クラークス2」で
この作品の続編らしい。


笑える部分もあれば「?」な部分もあったが、トータルでは楽しめた(・∀・)
下ネタも多いし来店客も不快な人物が多いので全ての人にはお勧め出来ないなw