最近読んだ漫画


久しぶりに無料配信物等の消化をちょっとだけした(・∀・)


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1巻
アニメのコミカライズ作品。1巻を読んだだけでもう切ない(´・ω・`)
アニメの方は何回かしか観てないが大体ストーリーは知ってるから
というのもあるか。

戦勇。 1巻
最初のうちはあんまり面白くなかったが他の勇者達が出て来てからはまぁまぁ面白い。

蒼汰の包丁 ~2巻

北丘蒼太の実家は北海道で料理屋を営んでいたが、母の事故死により父が気落ちして店は寂れてしまった。蒼太はそんな実家を立て直そうと上京し、あることをきっかけに富田久五郎と出会いそのまま東京でも五本の指に入るという料亭「富み久」へとスカウトされる

非常に地味でベタな王道料理人情漫画。結構好き(・∀・)

江戸前の旬

主人公・柳葉旬は銀座の寿司店「柳寿司」の三代目として父親・鱒之介の跡を継ぐため、寿司職人になるための修行を積んでいる。さまざまな人との関わりを通じて、旬は成長していく。

こっちはちょっと微妙(´・ω・`)
話が雑で非常に美味しんぼライク。
まあでも2014年9月現在で既刊74巻とあるので人気はあるのかな?

あさりちゃん100巻配信記念 デジタル版限定 室山まゆみセレクション
3話のみ。子供の頃にちょろっと読んでた記憶がある程度なので
特にこれといった感想もないw まあ絵が変わったなあくらいか。

わたしに××しなさい! 1巻
エロ漫画だったら、もう1巻で性奴隷とかにされちゃってる展開だよね(*´・ω・)

ミナミの帝王 ~3巻
ボチボチ面白かったが、ちょっと無理がある回が多いような気がした。

任侠沈没

大地震によって荒廃し、無法地帯と化した日本を舞台に、妻子を殺されたヤクザの幹部・大紋寺龍伍の復讐の旅を描いた作品。。任侠道を貫かんとする男を主人公に据え、ヤクザ漫画の基本は踏襲しつつも、その枠を超えた破壊的なスケールとエンターテインメント性を持つ。

大地震、大噴火の日本とあまり洒落にならない設定であり、任侠物で、
多少グロで突拍子もない作品かもしれないが、続きを読みたくなったw
勢いというか不思議な魅力があるように思えた。

ホゲホゲ日記 全2巻
作者は中島史雄。中島史雄と言えば「知世バイブレーション」「元祖OL株式会社」
「魔法を信じるかい?」「時には薔薇の似合う少女のように」といった線がクッキリとした
劇画系H漫画をヤングジャンプ、ベアーズクラブ、ビジネスジャンプで連載していた人だが、
この作品はエロが一切ない四人家族の円一家のほのぼの物語。
これは作者の体験等が元ネタなのだろうか。

子育て絡みのあるあるネタみたいな部分があり、普通に面白かったので
2巻で終わってしまったのは残念(´・ω・`)


最近多い期間限定の配信は読もうと思ったら期限切れになってしまうので
購入?しなくなった(ノ∀`)