『新少林寺』を観た


新少林寺/SHAOLIN

あらすじというか冒頭はちょっと改変して

中華民国初期、軍閥たちによる私利私欲の争いが繰り広げられていた。逃亡した敵の大将を追い、馬に乗った軍人たちが少林寺に踏み込む。将軍・侯杰(アンディ・ラウ)が少林寺の中で敵の大将を無残に撃ち殺し、少林寺を愚弄して去った。しかしそれから程なくして侯杰もまた、腹心の部下・曹蛮(ニコラス・ツェー)の裏切りに合う。自らも傷つき、瀕死の娘を抱えて辿り着いたのが、かつて愚弄した少林寺だった。

みたいな感じ。

リー・リンチェイの「少林寺」みたいなのを期待して観ると、きっとつまらないだろう。
アクションシーンもあるにはあるが、それほど引き込まれなかった。
ワイヤーワイヤーしすぎてるのがいけないのかもしれない。

勧善懲悪アクション物を期待してみたら、あのラストはなんだよヽ(`Д´)ノって
怒る人は出てくるだろうな。侯杰や曹蛮の軸で観れば無情というか無常な物語だし、
少林寺の軸で観ると衆寡敵せず、時代の流れには抗えないという結末を迎え、
悲壮な決意によって締めくくられる物語のように思えるので肩透かしを食らうだろう。

ふと少林寺は中国政府に締め付けられた香港または香港映画界を表してたり
するんだろうかと思ったけど、そんなことはないかw


侯杰は最初傲慢、後に改心する主人公ということを知らず、こいつラスボスかなぁと
思いながら観てた(ノ∀`) この人がアンディ・ラウなのか。と言いつつあんまり顔は
覚えていなかったりするw

ニコラス・ツェー演じる曹蛮の悪役っぷりが良かった。容赦無い悪役だったw

侯杰の娘・勝男役の子は中国在住の日本人で嶋田瑠那というらしい。
向こうのドラマに出ているようだ。さすがに若い女の子だから向こうの
反日ドラマとかで真っ二つにされたりはしてないんだろうなw

寺の厨房係・悟道としてジャッキー・チェンが出ていた。
この映画では特に拳法の達人ではないが、映画の要所を〆る良いポジションだったw


最後の無常な感じの終わり方は好きだけども万人受けはしそうにないと思ったw