無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-1

カテキン 1巻

学業優秀な白井幸のもとに家庭教師として茶畑ナナがやってきた。家庭教師でありながら勉強を教えず、傍らで自由な時間を過ごす彼女にサチは辟易しつつも、彼女のその自由なところに惹かれていく。

一巻しか読んでないので、全巻に渡ってそうなのか判らないが、微エロ漫画ですかねぇ。
つまらなくはなかったけど、箸休め的なポジションの漫画(´・ω・`)?


みんな!エスパーだよ! 1巻

大分県野津町に住む高校生・嘉郎は、突然テレパシー能力を持つ超能力者となる。その町には彼以外にも超能力を持つ人々が住むことを知る嘉郎だったが、この力を「社会の為、人の為に使いたい」と思う嘉郎に対し、その超能力者たちのほとんどは残念な変態で「自分の欲望」のために使っていたのだった。

ドラマ版も結構面白かったが、これは原作自体が面白かったんだな(・∀・)
ネカフェで続きを読んでみようかな。

ドラマ版の舞台は愛知だったような…と思っていたら、

予算が少ない深夜ドラマであるため遠隔地でのロケができず、舞台は原作の大分県から愛知県東三河に変更され、ロケも当地で行なわれた。東三河が選ばれたのは園子温監督の出身が豊川市であり、アットムービー(制作協力)のプロデューサーの地元も豊橋市であったため。

そんな理由があったとは…

ドラマ版でのオリジナルかと思ったら原作からしてTENGA推しだったんだなw


ドボジョ 1巻

ドボジョ……それは“土木系女子”! 建設機械に憧れ、衝動的に建設会社に就職してしまった桜子。家族には銀行に勤めていると偽り、取引先のイケメンには男性と誤解され、職場では悪戦苦闘……。それでも、夢だった仕事に燃えるドボジョ! 恋愛には奥手です☆

微妙でした(・∀・)
内容もさることながら、展開とか登場人物の行動ややり取りが謎過ぎるw
でも多分これは脈々と受け継がれてきた、少女漫画的定番展開なんだろうなぁと思った。
掲載誌は『Kiss +』というヤング女性向け恋愛漫画雑誌らしいので、俺氏のようなおっさんが読むべきものではないw

全然関係ないけど、ニッカーボッカーズって

ニッカーボッカーズの起源は、オランダからアメリカへの移民が着用していたブリーチズと呼ばれる短ズボンである。
(中略)
現在でも英語でKnickerbockerというとオランダ人移民のことを指す。
(中略)
ニッカーボッカーズが広まった当初、すそが邪魔にならないとして野球・ゴルフ・乗馬・自転車・登山などのスポーツウェアとして多く用いられた。日本でもそれらの用途で広まったが、今では工事現場の作業着として用いられることが多い。

なんだねぇ。なんかへー(・∀・)って思った。ある種、セーラー服と似てるような気がしないでもない。


ハックス! 1巻

高校に進学した阿佐実みよしは、新入生歓迎会で放映されたアニメに魅せられ、アニメーション研究部に入部する。アニ研は部員が1人しかおらず休部状態だったが、みよしともう1人の新入生・児島泰樹の入部を機に再びアニメ製作が開始される。自作アニメを文化祭で上映することを目標に奮闘するみよしの姿を軸に、その仲間たちが送る日々を描く青春群像劇である。

ぼちぼちでんな(・∀・)
2話目くらいまでは、惹かれる部分もなく、吹き出しの余白部分が多くて読みづらい感じだったので「最後まで読むのやめようかなぁ(´・ω・`)」と思ったが、3話目辺りから徐々に盛り上がりを感じさせて来たので1巻の最後まで読んだ。機会があったらネカフェで読もう。

ハタノさんは無事アニメ部に入れたのであろうか(・∀・)?


羊の木 1巻

とある日本の地方都市。かつては海上交易で栄えた港町。名を魚深市という。その町が、犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘プロジェクトの試行都市となる。一般市民には何も知らせずに元受刑者の過去を隠し転入させるこのプロジェクトの全容を知るのは市長とその友人月末、大塚の3人のみ。移住するは、凶悪犯罪を犯した11人の元受刑者。はたして、このプロジェクトの行方は!?

犯罪心理学や過去の犯罪物が好きな俺氏の好物ですね、これは(・∀・)
続き読みたい。でもお金ないからネカフェで探すか。映画も来年公開か。嫌いな俳優や演技が下手な俳優とか芸人とか出ていなかったら観ちゃうかも(・∀・)

こんなん犯罪者の人権擁護を声高に叫んでる人間達を集めた町でやってもらいたいわ(´・ω・`)


のぼる小寺さん 1巻

壁を見ると登りたくてウズウズしてしまう小寺さんは、フリークライミング「ボルダリング」が得意で、とっても可愛い女の子。
そして僕は小寺さんが登っているのを見てるだけ!

思わず小寺さんに見とれてしまう青春ショートストーリー!

つまらなくはないけど、あんまり続きが気にならなかった(´・ω・`)

或る程度は知られてはいるものの、さして一般的ではないボルダリング漫画なのに、特にボルダリングを紹介する薀蓄が披露されることもなく、主人公の秘めたる熱意はあるものの、それが前面に押し出される熱血物でもない。通常、そうでない場合の漫画は主人公はひたむきに外部と接触することなく活動し、外側から彼女を見た人間が勝手に影響され、自分の人生を見つめ直すような一話完結な感じになることが多いが、これはそうではない。控え目ながらも外部との接触・コミュケーションを取る。

1巻を読んだ限りでは方向性がよくわからんというか、主人公にしては小寺さんのキャラが弱いように思えた(´・ω・`)
何と言えばいいのだろう、今ひとつ熱が感じられない漫画とでも言うべきか。陶器とか磁器というか。


amazon kindleのPCツールやAndroidアプリは表示させたくない本を非表示に出来ず、かつスタート時は常にAllで視認性が悪いので、無料配信の漫画や有料でももう読まないであろう漫画の削除を思い立ち、今必死に消化してる(ヽ’ω`)

でも時々面白いのがあって消すに消せなかったりして作業が進んでいるのか進んでいないのかよくわからないw

雑誌の方向性として盛り上がる内容の漫画を載せているだからだろうか判らないが、目を通した限りでは何気に月刊ヒーローズの漫画がクオリティが高いというか続きが読みたくなる作品が多い感じ(・∀・)
雑誌自体も200円らしいから、ちょっと買ってみようかなと思ったり。

乞食根性で全然興味が無い、明らかに俺氏に向いていない漫画も無料配信等で入手していたので、結果的にdisる感じな評になっている作品が多々あるが、本当に駄目だったやつは最後まで読まずにギブアップしているので、エントリに載っかっているのは取り敢えず最後までは目を通すことが出来た作品なので、ただ俺氏とは合わなかっただけや(・∀・)