『009ノ1 THE END OF THE BEGINNING』を観た

009ノ1 THE END OF THE BEGINNING

近未来。通称009ノ1(ゼロゼロクノイチ)、ミレーヌ・ホフマン(岩佐真悠子)は、冷戦状態の二国間で活動するウェスタンブロックのサイボーグエージェントだ。彼女に求められたのは完全無欠な戦闘能力と冷酷な鉄の心。身体の機能を全て使い、ミッションのためには手段を選ばない。だが、過去の記憶を失くしたミレーヌは、ある葛藤を抱えていた……。

んー(・∀・)

アクションは頑張ってるような感じなんだけどねー
尺とねー
予算がねー

足らなかったんじゃないかなぁ(・∀・)

まあでも色々とツッコミどころもあって、いまいちなところもあるんだけれども、結構頑張ってコンパクトにまとめた方なんじゃないかなと思ったw


前半が凄い駆け足だったわ。
序盤に出てくるイースト・ブロックの女性三人組(佃井皆美・人見早苗・下園愛弓)はアクションは良かったけど、ちょっと演技が微妙な感じであった。JAE(旧JAC)の人達だからなのか、役の設定や演出の問題だろうか。言葉使いとかが変だったしな。戦隊物や仮面ライダーに出演したり、スーツアクトレスとかもやっている人達なんだねぇ。

スティンガー役の阿部亮平もなんか変だったw まあこのキャラも変な役だからってのがあるなぁ。この人、何気に脇役で色んなドラマ出まくってるな。

バタフライ役の緑川静香も…(以下略)
この人のWikipediaの項目、出演ドラマのところで「花咲枚が黙ってない」ってなってるけど、”花咲舞”じゃないのか。

杉本彩は嫌な人役のせいか、化粧も疲れ切った人みたいなメイクなので、この映画ではあんまり綺麗ではない。今まで終盤でああいう感じの演技を観たことがなかったので、あれはあれで新鮮であったw

竹中直人は普通というかいつも通りでした(・∀・)
シリアスな演技しかしなかったけど。


うだうだとケチをつけて来たが、あるタイプの人にはとても素敵なシーンがあるので、以下に画像キャプチャを用いて紹介する(`・ω・´)

ぬるい濡れ場-1
ヌルいヌルすぎる(´・ω・`)
『さくらん』の菅野美穂よりヌルいわ(´・ω・`)

ぬるい濡れ場-2
もうこの程度の露出しかしないなら、濡れ場入れるのやめようぜ(・∀・)

長澤奈央のおっぱい(・∀・) ※おっぱい好きな人向けシーンです。

ミレーヌの探し求める情報を握るアランの豪邸に潜入。
だがしかしそこにあったのは「例のプール」であった(ノ∀`) コレハダメデス

情報を賭けてチェスでアラン・ラウ(本田博太郎)と戦う。博太郎の演技で最後笑ってしまったw

バタフライと一緒に「例のプール」に飛び込むミレーヌ。なんか楽しそうに見えるのは気の所為か。

キャットファイト

シェリン役の市道真央の太もも。目の辺りがあんまり好きな感じではないので、良いイメージを持たずに観ていたが、かなり動けて演技も良かったので見直した(`・ω・´)
戦隊物にも出たことがあって、今は声優メインの人なのか。

正直ここからのシーンは何の為にあるのかわかりませんが、大変美味しゅうございました(・∀・) ※おっぱい好きな人向けシーンです。

腋舐めとかもしちゃうんだぜ(・∀・) ※腋好きな人向けシーンです。

長澤奈央のおしり ※おしり好きな人向けシーンです。

終盤の種明かしシーンで不自然な形で体を押さえつけられるミレーヌ ※腋好きな人向けシーンです。

ちなみに終盤のアクションシーンでわざわざミレーヌが上着を着るので何でだろうと思いますが、きっとそれはスタントマンさんと入れ替わる為の必須動作なんだなとか穿った感じで観てはいけません(・∀・)


というわけで岩佐真悠子か長澤奈央が好きで、特に腋好きな人にお薦めの作品です(・∀・)