無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-13

謎の彼女X 1~2巻 / 植芝理一

キスはダメ。それ以上なんてもってのほか。でも、椿明と卜部美琴は恋人同士。唯一らしいことと言えば、日課として卜部の“よだれ”をなめることだけ―。どこか奇妙、でもどこまでも純粋な二人の恋愛模様。

まあまあ面白かったかな。
なんか絵というか背景の書き込みとかを見ていて、「これ、なんか昔あった漫画のディスなんとかに似てる…ぱくり?アシスタント(´・ω・`)?」って思ったが、

この漫画の作者が『ディスコミュニケーション』の作者その人だったわ(ノ∀`)

なんかキャラの絵が変わったというか目が比較的今風?
コナンの灰原っぽくなったような気がする。
個人的には上野くんの彼女の丘歩子の方が好きかも(・∀・)

唾液はなぁ…どうかなぁ(´・ω・`)


Ns’あおい 1~3巻 / こしのりょう

世間で言われる「理想の看護師」を体現したような美空あおい。患者のことを第一に考えるあおいが、周りを巻き込みながら仕事に励む姿を描く。

いいんじゃないでしょうか(・∀・)
人情物としても医療物としても。
ただ全32巻はネカフェでも一晩で読むのはきつい気がする…(ヽ’ω`)

俺氏も昔、頭に矢を受けてしまってな(´・ω・`)


大江戸妖怪かわら版 1巻 / 高橋愛・香月日輪

微妙でした(´・ω・`)
異世界だからいいんだと言われるとそれまでだが、大江戸と冠しているのに凄くなんちゃって感がある。
勿論、俺氏も江戸時代の生まれではないので本当の江戸時代の生活なんて知らないのだけれども、なんか微妙な感じがする。表層をなぞっただけのような感じとでも言うのだろうか。

香月日輪の原作自体も賛否両論みたいだから、それに則ったからなのかな?
つーか香月日輪って人は3年前に亡くなってるのか Σ(゚∀゚;)
色々アレな人だったらしいが、51歳は若死にだな(´・ω・`)

表紙のサムネイルを見ると金田一少年系に見えたのでてっきりさとうふみやのアシスタントかと思ったけど、大きくしてみたら全然違ったわ(ノ∀`)


乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 1巻 / 大西巷一

1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された14歳の少女「シャールカ」は、フス派義勇軍の英雄「ヤン・ジシュカ」に導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、庶民の少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編。少女よ銃を取れ、生き残る為に!

なんか月刊アクションのサイトだとディレクトリが割当てられてないみたいので、ニコニコ静画のリンクにしとくか。

まあ色々と凄惨な展開が続きますね(´・ω・`)
神を信じる子供が健気で可哀想な気がしてならない。・゚・(ノД`)・゚・。
どうなるんですかね、フス戦争って最終的に…

何故か画像ファイル名がosomesensouになっているのかは謎である。神の御業か(´・ω・`) ← タダノミスタイプダロ


クアドリガ 徳川四天王 1巻 【原作】ヒース村中 【作画】渡海

いまいち合わんかったな(´・ω・`)
なんか『蒼天航路』とかあの辺の二番煎じに思えてしまった。
読んでいた時はホンダムの話だけで持つんだろうかと思ったが、クワドリガの意味が”4頭の並行する馬に引かせたローマ帝国時代の車またはチャリオット”であることと、タイトルに”徳川四天王”が入っていることを踏まえるとそれ以外の三人の話も展開するんかねぇ。

第一部終了になってるな(´・ω・`)

ホンダムさん


サイレーン 1巻 / 山崎紗也夏

武蔵県警機動捜査隊の里見偲は同隊の猪熊夕貴と交際中だが、警察では同部署の者同士が恋愛関係になると片方が人事異動させられるという暗黙の掟があるため周囲には秘密の関係である。ある日、キャバクラで起きた変死の現場で、彼らは美しいキャバ嬢・橘カラと出会う。カラは以来、密かに夕貴に執着し、彼女の近所に住む渡公平を騙しその部屋に居候するなどしてストーキングを始める。

橘カラ怖いお(´;ω;`)
でもタクシー運転手とのところはちょっと盛り上がったわw
ドラマ版の橘カラ役が菜々緒だったらしいのでちょっとワラタw

猪熊選手による腕ひしぎ十字