無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-12

刻刻 1巻 / 堀尾省太

佑河樹里は失業中の28歳。家では父・貴文と兄・翼、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。

結構面白かった(・∀・)
大した説明もなく話が進んで行くんだけど、なんか引き込まれたわ(・∀・)

「俺はストリートのキングだ(`・ω・´)」と叫ぶと彼は服を脱いで大通りを疾走した。 ← 違う、それはストリーキング(´・ω・`)


凍りの掌 シベリア抑留記 1巻 / おざわゆき

物語は昭和18年、東京から。主人公・小澤昌一は東洋大学予科の学生。東京・本郷の下宿先で「おかわりは無いんです」が口癖の女将さんや、志を共にする友人と、銃後の暮らしの中にいた。戦況が悪化する昭和20年1月末、突然名古屋から父が上京し、直接手渡されたのは、臨時召集令状だった。

中々興味深い内容ではあるが、元が短い所為か、満州に出征して任地で勤務しているところで終わってしまう(ノ∀`)
amazonで全6巻まで出ているが、1冊につき40ページ弱っぽい。
なんで一冊で出さなかったんだろうか。分冊安い詐欺嫌い(´・ω・`)

小澤昌一さん


リヴィングストン 1巻 / 前川知大・片岡人生

人間の運命の9割は魂によって定められている。現世でその運命を全うした魂は来世へとつながれ成長を続ける。だが、なかには予定外に死亡し、運命どおりにいかずに砕け散ってしまう魂もある。それを防いで魂を適切に管理することが、桜井と天野の仕事である。魂が消えゆく危機に瀕するとき、二人は現れる。 モーニング初登場の前川知大&片岡人生がおくる、“魂”とは何かを問う衝撃作!!

絵は丁寧だが、設定がいまいち合わんかった(´・ω・`)
話自体は悪くないんだけども。


MAP(マッピィ) 1巻 / 石山東吉

北極星を買うために金を賭けてのタイマンに命を張る松田勇悟。次々と立ちはだかる猛者たちと拳を交わし、ときに友情を育みあいながらダチの安藤、ピコと共に地図を塗り替えていく熱き男の物語!!

絵を見ればすぐに判るが、作者の石山東吉は車田正美のアシスタントをしていたらしい。
wikipediaによれば、

大阪芸術大学在学時はボクシング部に所属。大学卒業後、大阪でどおくまんのアシスタントをしていたが、人手が足りているとのことで上京し、車田正美のプロダクションの「神輪会」でチーフアシスタントを務める。1986年、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて「闘神サイト」でデビューした。

ということらしい。

マンガ図書館Zで無料公開されているようだから、暇があったら読んでみようかなぁ(´・ω・`)

それは反則やろ、マッピィ(´・ω・`)


涙の乙女 大西巷一短編集 1巻 / 大西巷一

これは162円で買ったのかな。
『乙女戦争』の作者だけあって、色々と陰惨というかレイプされたり虐げられた女性が強くなって男たちに逆襲する……なんか違うな(´・ω・`)

何はともあれ、時代に翻弄された女性達を描いた作品ですかねぇ。

関係ない人殺したらあかんやろ(´・ω・`)


なにかもちがってますか 1巻 / 鬼頭莫宏

日比野光(ミッツ)は同じクラスの鶴里純に片思いしている平凡な中学3年生の男子。しかしある日、奇妙な転校生・一社高蔵(イッサ)が転校してきたことをきっかけに、「自分の近くにあるものと目標をキューブ状に入れ替える」超能力があることを認識する。

なんかいまいち(´・ω・`)
なんか一社の言ってることが凄く子供染みていて。
ストーリー展開の為には必要なんだろうけども
まあ、自動車が凶器だと判っていない馬鹿どもは人的被害者のない自損事故かなんかで即死してもらいたいのは確かだけれども(・∀・)

どっかで見たことがある絵だと思ったら『ぼくらの』の人か。
あれも勧められて読んだけど、最後まで読んでないな(´・ω・`)

そら言えんわ(´・ω・`)