無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-16

銀のケルベロス 樹奈緒×Berry Star

近未来…。日本政府は有史以前より国土に眠る新エネルギーΨ(プシー)の独自開発に成功した。さまざまな勢力から狙われるΨの秘密を守るため、サクヤ、ゴート、レオンからなる特殊部隊”ケルベロス”がその任務にあたっていた。
最強の戦士は、銀髪の美少女サクヤ。 心にトラウマを持つサクヤを支えるのは、同じチームのゴートとレオン。 強いサクヤも弱いサクヤも認め、同じ仲間としてともに戦う。

あんまり合わんかったのぅ(´・ω・`)
巨乳過ぎる女性キャラに飽きて来たのかもしれない…( ・´ω・`) チッパイバンザイ
というか巨乳過ぎるとバランスがなんか悪いんだよね(・∀・)

全然関係ないが『さくや妖怪伝』という映画の存在を思い出してしまった(´・ω・`) オモイダシタクハナカッタ

何と戦っとんじゃい(´・ω・`)?


ボールルームへようこそ

平凡な中学生、富士田多々良は社交ダンスの世界と出会い、徐々にその才能を開花させてゆく!唯一無二のダンススポーツ青春譚!!

話はまぁまぁ面白かったが、題材が社交ダンスというマイナーとは言わないがニッチなスポーツかつ素人目にはどう評価すべきかよく解らないスポーツなので、余り続きは気にならなかったりするw

あとこれはその社交ダンスの凄さをどう表現するかという問題をはらんでいるなぁ。やっぱり音楽モノや演劇モノと同じ感じにするしかないのかな。『昴』はバレエだったっけ?
丁度アニメ化されたか、される?

教えられ下手な多々良くん


カウントラブル 奈央 晃徳

へたれな高校1年生・コウタの家にある日、自称“天使”の魔女っ娘・ささらがやって来た! 自分の使う魔法でコウタの恋を応援してくれるらしい。さっそく、ささらに「10回ドキドキしてしまったら自分が思ってることが全世界にまる聞こえになる」という、ありがた迷惑な魔法をかけられたコウタは大好きな吉沢さんに勇気を出して近づくが‥‥!?

一番最初の話はあんまり面白くない(´・ω・`)
「ありがとう」の話は途中でオチがわかっちゃう(´・ω・`)

まあ、それでも邪な企みを持って願いを成就しようとするも上手く行かないが、なんやかんやで結果的にはハッピーエンド的な流れは嫌いじゃない(・∀・)
あと主人公コウタと魔女っ娘ささらのキャラはまぁまぁ好き。

一人BBQ楽しそう(・∀・)


龍狼伝 山原義人

中国へ修学旅行に向かう途中、飛行機に乗っていた天地志狼と泉真澄は、突如現れた龍に飲み込まれ、207年の中国へ時間移動する。三国志の時代の人々は、龍に乗って天から降りてきた2人を「竜の子」と神聖視し、否応なく戦乱へと巻き込んでいく。

絵柄があんまり合わなかった(´・ω・`)
あと月刊少年マガジンの掲載作品だから当たり前なんだけど、子供向け過ぎる感じがしないでもないw 
コロコロコミックとかボンボンに載っていても違和感がなさそう。
まあここまで人がガシガシ死ぬ漫画は載らないだろうけどw

この『龍狼伝』が全37巻、『龍狼伝 中原繚乱編』が全17巻で、現在連載中の『龍狼伝 王霸立国編』が1巻まで出ているらしい。

『龍狼伝』では劉軍の軍師として活躍したが、『中原繚乱編』では自身が率いる「竜騎兵団」と共に曹操の元に身を寄せ、征南将軍に任ぜられている。
『王霸立国編』では勢力に属するのではなく、新たに漢ではない「竜の国」を起こす決意をしている。

中々面白い展開になりそうだが、そこに到達するまでに54冊読破するのは…(ヽ’ω`)

一巻の最後に出て来てなんか偉そうな諸葛孔明


三国志 諸葛孔明 1~2巻 久松文雄, 竹川弘太郎

三国志の世界と歴史上最高の軍師・諸葛孔明を、『スーパージェッタ―』、『冒険ガボテン島』などで有名な巨匠・久松文雄が描く感動巨編。群雄割拠の後漢末に現われた英雄・諸葛孔明。父親の死後、流転の生活を送っていた孔明は、荊州に身を寄せ学問に精を出す。自らを戦国の英雄・管仲・楽毅に喩えた孔明の幼少期とは!?

言うほど、孔明について描かれているとも思えなかったw
勿論、三国志世界の動きを描いておかないと三国志、三国志演義を知らない読者を置いてきぼりにしてしまうので仕方がないとしても、そちらの方にページを割き過ぎると他の三国志物と変わらなくなってしまうなと思ったり。後続巻ではもっと孔明メインなのかねぇ?
マンガ図書館Zとかで無料公開されてる?

真面目そうな諸葛孔明


セクサロイド 松本零士

2222年、メガロポリス東京。政府機関G局に所属するシマとユキは、政府が秘密裏に進める「計画」を様々な国や組織による妨害工作から守るために働く。

これは100円だったかな。まぁまぁ面白い。
パターンは
シマが任務を命じられる(ユキがついていく場合もあるし、ユキだけの場合もある) ->
任務に関連する人物と関係しちゃったり心を通わせたりする -> 
捕らえられたりピンチになる -> ユキが助けに来る ->
関連人物は大体死亡 -> ユキが慰める(主に体で) -> 九州ロボットがゴッツァンする ->
『銀河鉄道999』のようなポエムEND
という感じ。

毎回、お色気シーンの時に、お礼を言う九州ロボット達(・∀・) ゴッツァンゴッツァン