無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-58

ダークネス (1) (ぶんか社コミック文庫) 魔木子

「緋沙、おまえは魔性だわ。男なら誰でもおまえに狂わずにはいられない――。」
亡き母の望みどおり、男を虜にする美しい娘に育った緋沙。
しかし、新しい女の生き方を切り開こうとする緋沙の前に立ちはだかる男がいた――。

1円で買った模様。んー、レディコミって感じですかねぇ…(´・ω・`)
一巻のでは魔性の女というか魔性の名器というか魔性の肉体を持った緋沙がやられっぱなしなだけの話のような。
キャラを変えた『新ダークネス』とかいうのも出してるみたい。

緋沙も久世も、ジブリの『かぐや姫』に出て来た帝のようなロングロング顎ゥの持ち主だった。


恥じらう肌 1巻 (芳文社コミックス) 村生ミオ/優斗

夫の浮気を疑う新妻の由香子。そのあてつけに一夜限りの不倫をするが、それが悪夢の始まりだった! 弱みを握られ肉体を蹂躙される由香子を待つ運命とは!? 村生ミオ&優斗の黄金コンビが放つ究極の人妻サスペンス!

一冊77円で全五巻だったから385円で買った模様。
まあエロ漫画ですわ(・∀・)エッチデスワ
若干、ストーリー重視の。でも結構雑な部分もあったw

柳沢きみおもこういう感じで原作側に回ればいいのにね。
正確には漫画を描くのが加齢等できつくなった人は原作に回るのもいいよねと思ったり(・∀・)

色々突っ込みたいところが多数あるが、このサムズアップはないやろと思ったw


海皇紀 1-3巻 (月刊少年マガジンコミックス) 川原正敏

陸に領土を持たぬ海の一族、その守護神”影船”を操る謎の男ファン・ガンマ・ビゼンの正体とは!? 川原正敏が描く壮大なる海の冒険浪漫、満を持してここに発進!

最初はキャラの名前とか設定とか覚えるのめどいなぁ(´・ω・`)と思って読み始めたが、意外とすんなり頭に入って来た。
ってこれ45巻も出てんのかよヽ(`Д´)ノ

さすがに追えないな(ノ∀`)
講談社でゼブラックみたいなところがあって全巻公開されていれば頑張って読むかもしれんけど。

トゥバンって『暗殺教室』に出て来た、握力の強い殺し屋じゃないよね(´・ω・`)?


曽祢まさこ傑作集 (1) 曽祢まさこ

ピュアな思春期が紡ぐ名作ミステリー!
闇の少女三部作を収録!!
少女たちの奇妙な青春ホラー傑作集!
「少女心中」「スペア―予備の物語―」「かなたの日記」の他4作品を収録。
親子、親友、恋人…様々な人間関係から織り成される、不可思議なオカルトホラー!

1円で購入。オカルトホラーというよりサスペンスホラー作品の方が多かったかな。
うーん、まあ、つまらなくはないけど、ほぼほぼアンハッピーエンドだったので、何とも言えない読後感がw

収録作品、ほぼほぼ暗い話だったね(´・ω・`)


新呪いの招待状 (1) 恋の墓標 曽祢まさこ

優等生の委員長に訪れた初めての恋の行方は!?
呪術師カイが十年の寿命で憎い相手を呪殺してくれる。これは、その道標となるカード……。
大好評シリーズが登場!

これも1円で購入。こっちはよりライトに人が死んでいくw
ライトに呪殺を依頼して、明るく酷い結末がやってくる。
読後感は比較的マシかなw?

最後のエピソードに出て来たももちゃ。この画像を選んだ理由は特に無い(・∀・)


声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ (1)

最下層遊郭に売られた少女が見る、この世の地獄!!
明治後期、瀬戸内海の伊之島で生まれ育った活発な少女・チヌ。
母はなく、幼いころから父親と、美しい姉・サヨリとともに暮らしていた。
ある時、父が死に、姉妹は人買いの競りにかけられる。
サヨリは高値で女衒に売られ、チヌは下層遊郭の「須賀屋」へ売られた。
生きていればいつか姉に会えると希望を持つチヌだったが……。

これも1円で購入。

なんつーか、
レディコミ系の女郎物って多すぎない(´・ω・`)?
女性読者はこういう不幸なお話好きなんじゃろうかねぇ…?
結構パターンも似ている気がする。

しばしばチヌに救いの手を差し伸べてくれる若様