最近読んだもの2


最近は無料配信や99円本ばかりを漁ってる。
故にほとんど一巻までの内容しか知らない(ノ∀`)


GANTS 奥浩哉

死者だけを超科学で復活招集して異星人殺害ゲームを行わせる話?

前に漫画喫茶で大阪編の途中まで…違うな……女の子を助けに
巨人の星?に行ったところまで読んだんだっけかな?

6巻まで期間限定で無料閲覧出来るということで読んだ。
大分内容を忘れてた(ノ∀`)

完結したらしいから読みに行こうかな。
酷い終わり方だったらしいんだけど、どんな終わり方をしたのだろうか?
気になるw


源さん刑事 業田良家

謎のおっさん、源さんが超法規的に刑事になって
事件を解決していくギャグ漫画。

つまらなくもないけど続きは気にならないw
一話完結のギャグ漫画だからなぁ(・∀・)

ゴーダ君の作者だけど、内容を全く覚えてないな。
源さんってどっかの漫画のキャラだったような気がしたけど、
気の所為か。自虐の詩?


琴浦さん えのきづ

超能力を持つ転校生・琴浦さんとそれを取り巻くESP研究会の面々のお話。

明るい絵柄だけど主人公やその他のキャラの設定が重いw
皆幸せになれるのだろうか(´・ω・`)

元は同人誌?作者のページで第三部まで読めるらしい。
enokix


部長 島耕作 弘兼憲史
社長 島耕作
ヤング島耕作

数多の女を踏み台に島耕作が出世していく
スーパーセックスファンタジー(・∀・)

すごくどうでも良い(・∀・) 続きが全く気にならないw
課長島耕作からおんなじことをずっと繰り返してるようなイメージ。
お堅い会社に勤めてる人は好きそうw

課長島耕作の最初の頃のキャラ・係長島耕作とヤング島耕作のキャラが
つながってないような気がしないでもない。別人のようだ。


将太の寿司 寺沢大介

タイトル通りに将太という少年が寿司職人になる漫画?

なんかチェーン店の嫌な野郎に妨害されたり、佐治安人とかいう
キャラも居たような気がするけど2巻以降か?

ミスター味っ子と比べると感動話系にシフトしてる感じ。
嫌いじゃないけど、毎回これだと少し飽きそうだけど、
この後どうなんだろうか。


今日からヒットマン むとうひろし

平凡なサラリーマン稲葉十吉は営業先から帰宅する運転中に、「二丁」のコードネームを持つ凄腕ヒットマンと遭遇する。すでに瀕死の重傷を負っていた二丁は、十吉の目の前で自身が仕事を請け負っている犯罪組織『コンビニ』に電話し、「ターゲットが死なず、二丁の女が助からなかったら、稲葉十吉とその家族を皆殺しに。ターゲットが死に、女が助かったら、二丁の全財産を稲葉十吉に渡す」と、依頼して死亡する。このため、稲葉十吉は、何が何でもターゲットを殺し、二丁の恋人を救出しなければならない破目になるが…

これは2巻まで無料配信だった。
バイオレンスが平気なら楽しめるかな。
殺し屋なので人殺しまくりやで(・∀・)

24巻も出てるのか。


怒るテディ・ベア 小栗るみ

謎の女の子とトラブルになり、怒るとテディ・ベアに変身しちゃう魔法を
かけられてしまった女の子のドタバタラブコメ?

昔の少女漫画らしく、両親が再婚して連れ子のカッコイイ男の子と
なんかあったりなかったりする感じでつまらなくはない(・∀・)
女の子なら好きそうな設定ではある。


N’sあおい こしのりょう

世間で言われる「理想の看護師」を体現したような美空あおい。患者のことを第一に考えるあおいが、周りを巻き込みながら仕事に励む姿を描く。

結構面白かった(・∀・)
全32巻て長いな。
昔、ドラマ化されていたような…石原さとみ?


ハルコビヨリ 小坂俊史

はちゃめちゃな同棲ライフを送っている永井ハルコ・里見靖とその2人を取り巻く人々を描いた作品。

まあまあ面白い。
何処かで読んだことがある作風と思ったら、
せんせいになれませんの人か。
嫌いじゃないんだけども、自分の好みとは
微妙にずれるんだよなぁ(・∀・)


ばぁじんロード 金井たつお

青葉麻美は真面目で大人しい性格の17歳の女子高生。2ヶ月前に両親を亡くし、今は弟の哲夫と二人暮らし。哲夫を育てるため、麻美は誰にも言えない秘密を持っていた。それは伊達という男との愛人契約で、生活費を受け取る代わりに体の関係を持つというもの。伊達との行為を“契約”と割り切ることができず悩む麻美だったが……。
ebookjapanの解説

wikipediaに項目がなかった(´・ω・`)

作者の金井たつおの項目には

約2年間の本宮ひろ志のアシスタントを経て1977年に代表作『ホールインワン』でデビュー。『ホールインワン』において、漫画におけるパンチラ描写をほぼ完成させた人物として、『サルまん』等で高く評価されている。

とあって吹いたw

確かにこの人のイメージは桂正和よりはるかに前に
お色気系路線を確立した人というイメージだw

考えてみると凄いストーリーだなw
続きが気になる…違うよエッチな絵が観たいからじゃなくて(*´・ω・) ホ、ホントダヨ


にこにこエガ夫 植田まさし

普通に植田まさし漫画です(・∀・)

初期「フリテンくん」や「のんき君」などに見られるように、下ネタや毒のある作品が多かったが、「コボちゃん」の連載を開始した頃から、少しずつ毒が薄まり、近年はほのぼのとした作品が主流となってきたため、初期とはかなり作風が変わっている。「かりあげクン」も初期は下ネタが描かれていたが近年はほとんどない。また、「にこにこエガ夫」は、初期作品と全く別物と言ってよいほど作風が異なる。

植田まさし

そう言われてみるとそうかな。
ほのぼのとした内容ではある。


へうげもの 山田芳裕

戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕えた戦国武将・古田織部を主人公として描いた歴史漫画作品。雑誌掲載時の欄外のあらすじでは毎回「これは『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である」と紹介されている。

これ”ひょうげもの”って読むんか。もしかして本当の表記は”へふげもの”?
てふてふが蝶々だし。

好き(・∀・)
今度漫喫に行ったら続きを読もうかな。
NHKでもアニメやってたな。