ラブZ / やまさき 拓味・小池 一夫

セールの時に買ったので全部で33円x9巻=297円だった。

結論から言うと…微妙でした(・∀・)
和田雄平が出て来て、雪山へ行った辺りから話が徐々におかしくなっていったような気がする。最初からおかしいと言えばおかしいんだけども、その度合が激しかった気がするw 色々と投げっぱなしジャーマンのような終わり方だったな。打ち切り? 
あと中途半端なSF感が駄目な人はきっと受け付けないと思うw

まあでも黒猫のロンとの友情が妙に熱いので、そういうのが好きな人なら有りは有りなのかな。最初の方はまぁまぁ面白い感じではあったし。

ちなみに表紙等ではル子のサービスショットがあるけれども、本編内にエロ要素はほぼ皆無と言っていい…( ´・ω・)
エロスは愛って意味だと言われるとエロスに満ち溢れた作品と言えなくもないけども。

作者のやまさき拓味は競馬漫画の「優駿の門」シリーズが有名な模様。名前は知ってるけど読んだ記憶がないなぁ。今年で69歳だから、もう漫画は描いてないのかな?


早見公平
主人公。小楯薫子が好き。交通事故死し、後にラブZになる。
現代だったらいずれストーカーとして逮捕されていただろうなと思わないこともない。なんか最後の方はキャラが変わっちゃってるような気がしないでもないw
小楯薫子
公平の同級生。可愛くて人気がある。愛称は”ル子”。公平の死後、公平の想いを知り、再会を望むようになる。
黒猫のロン
殺し屋。公平と知り合い、無二の親友となる。音楽屋と共に公平の愛を後押しし続ける。このコマの横に”さいとう先生ごめんなさい”みたいなことが書いてあったw
おゆき

ル子のおばさん。恐山のイタコをやっている。

和田雄平
後半の主人公とも言える少年。非常に太っていて、学校では皆に馬鹿にされている(´・ω・`)
牛頭大王/馬頭大王/死人船船長
霊界の法則を乱す公平を消滅させようとする霊界の支配者と幽霊を乗せる死人船の船長。この絵だと船長の方が偉いように見えるが、牛頭大王と馬頭大王の方が上。

本編内で歌が出て来るんだけども、何故か読者から歌詞と曲が送られてきたとかでLPレコードを出したことがあるらしい。人気はあったのかねぇ(´・ω・`)?