ICO-霧の城- / 宮部みゆき

ICO-霧の城-

僕が君を守ってあげる。だから手を離さないで。

霧の城が呼んでいる、時が来た、生贄を捧げよ、と。イコはトクサ村に何十年かに1人生まれる角の生えたニエの子。その角を持つ者は「生贄(ニエ)の刻(とき)」が来たら、霧の城へ行き、城の一部となり永遠の命を与えられるという。親友トトによって特別な御印(みしるし)を得たイコは「必ず戻ってくる」と誓い、村を出立するが――。

特に読む予定もなかったのだが、BOOKOFFで他の本を探してる時につい目に入ってしまったので(ノ∀`) 上下巻x110=220円で購入…だったかな?

歳を取ってからは映画原作とかでもない限り、小説の類はほぼほぼ読まなくなっていたので、この本が初めて読む宮部みゆき作品となった。

取り敢えず言えることは、
「よくあの雰囲気ゲーからここまで内容を構築したな(・∀・)」といった感じ。

内容的には問題ないというか、そこそこ楽しめたのだが、原作(?)と言えるゲームの『ICO』が、そこまで深くストーリーや設定が練られて作られたわけではないということを既に知っていて、「これって公認同人小説だよね(´・ω・`)」という若干距離をおいた気持ちで読み進んでしまった為、そして何より、
それほど『ICO』にはまっていたわけではないので、没入感は弱めの読書体験になってしまった(ノ∀`)

前半のトトとか中盤のオズマとヨルダの辺りは中々緊迫感とかあって良かったのだけれども…


"ニエ"の設定についてああいう風にしちゃったから、最後、
「え、このまま村に帰っても色々と問題あるよね(´・ω・`)? 村に凱旋してハッピーエンドってことはないよなぁ…都の連中が黙ってないだろうし……ヨルダと砂浜で西瓜を食べて二人で生きてくしかないよなぁ…でもトトにも継母にも会えないのはなぁ……」と思った。


なにはともあれ、
一番印象に残っているシーンは、玉座に座る女王が光の剣で貫かれ、その首が上方に飛んで行って最後爆発するところです(・∀・) ←こいつ、実はちゃんと読んでないんじゃねぇか疑惑( ・´ω・`)