カテゴリー: 漫画

テニヌって凄い競技なんだね…( ;・´ω・`)ゴクリッ

また無料配信の1巻物ばかり読んだ。


新テニスの王子様
名前は知っていたけれども初めて読んだ(・∀・)

最近の中学生ってこんなに凄いのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ

ってこれ”新”なんだなw いきなりキャラクターが沢山出て来て
よくわからないが、まあ記号的には理解しやすいキャラばっかり
だったので特に問題はなかった。と思ったらすぐに篩い落としが
始まってワラタw

なんつーか、まぁテニヌってすげぇな(・∀・)


機巧童子ULTIMO

んー、あんまり合わなかったかな(´・ω・`)
なんかテーマを前面に押し出しすぎなんか感じが性急に思えて。
スクエアジャンプとかだと第一話目から頑張りすぎないと
駄目なんかな。あと微妙に思えたのはちょっとに目を通した
他のスクエアジャンプと設定やキャラクターが似通ってるような
印象を受けてしまったためかもしれない。


プロゴルファー猿

なんやかんやで面白い(・∀・) ツヅキヨミタイ

魔太郎がくる

結構投げっぱなしジャーマンなオチが多いのでイマイチ。
あんなに魔太郎周辺で事故が多発したら、魔太郎が
疑われそうな気がするんだけど…(´・ω・`)
エコエコアザラクの方が好きだな。

怪物くん

ある種平和な話ばかりなので安心して読めるが、
ちょっと話の盛り上がりに欠けているような気もする。
オバケのQ太郎やパーマンの方が好きだからそう思うのかも。

まんが道
愛…しりそめし頃に

どっちも面白い(・∀・)
昔、結構読んだ気がするがまた読みたい。
20年以上前にドラマ化されているようだけど、改めてきちんとした俳優陣で
やらないかなぁ(・∀・) ついでに石ノ森章太郎や赤塚不二夫、永井豪とか
色々な漫画家のドラマシリーズを作んないかな。ドキュメンタリーでもいいけど。

ハムサラダくんてなんだっけ(´・ω・`)?


「弁護士のくず」と「釣りバカ日誌」を読もうと思っていたが
無料公開の期限が過ぎてた(ノ∀`)

結局、美穂ちゃんって何処行ったのよ(´・ω・`)?

聖闘士星矢

kindleで三巻まで無料だったので読んだ(・∀・)
更にBookLiveで七巻まで無料だったので読んだ。(・∀・)
十二宮に攻め込むちょっと前辺りまで。
白銀聖闘士が雑魚っぷりを晒し終えたくらいと言うべきかw

美穂ちゃんというのは、養護施設「星の子学園」で星矢と共に育った幼馴染。
序盤では何回か(7巻までに2~3話くらい)出て来たが、終盤は全く出て来ないw
まあ話の規模がでかく成り過ぎてたからしょうがないのかもしれないけどw
OVAとかではちょこっと出ているみたい。

そう言えば、なんで魔鈴さんを星矢の姉の星華だと思っていたんだろうかと思っていたが、
6巻くらいで白銀聖闘士が星矢の技か何かを見て
「星矢と魔鈴は姉弟に間違いない( ;・´ω・`)ゴクリッ」みたいなことを断言してたからだなw
多分、当初は本当にそのつもりだったんだろうけれども、途中で変更したんじゃないかな。
「リングにかけろ」でも高嶺竜児の姉はリンかけ最強ボクサーである高嶺菊だったし。

暗黒聖闘士戦辺りや城戸沙織の設定も「風魔の小次郎」と似ていることを踏まえると、
美穂ちゃんや星華は昔ながらの車田正美漫画の要素として登場させたものの、
連載の長期化やストーリーの肥大化によって忘れ去られたキャラ、消化出来なくなった
設定だったんじゃないかと思う。

ブリーチがその扉絵等でのポエムでオサレと揶揄されたりしているが、
車田正美もかなりのポエットであったことを今回の読み直しで思い出したw

結構雑な展開だけども面白いからいつか全部買いたいのぅ(・∀・)
あと「風魔の小次郎」も読み直したいなぁ。


以降は無料用の一巻のみを読んだ。

パパのいうことを聞きなさい!

うーむ、おっさんだからかイマイチはまらない。
多分対象が中高生~20代前半くらいかな? あとはロリコンだな(・∀・)

序盤すぐに「ねーちゃん事故死すんじゃね(´・ω・`)?」と思ったら、
本当に事故で居なくなった(ノ∀`)
まあでも行方不明と言ってるから終盤に見つかりそう。
ちょっと話の展開に無理がある気がするが、原作がラノベみたいだし、
その系統の擬似ハーレム物と考えれば突っ込むだけ野暮かw

絵は丁寧というか綺麗なタイプ。


Dr.るっる

うーむ(´・ω・`)
なんかちょっとボケが多過ぎるので読んでいて面倒くさい。
こういうのが好きな人には良いのだろうけど。
設定がかなり特殊なので人を選ぶかもしれない。

これ、この後どんな感じに話を膨らませて行くんだろうか。


となりのランドセルw

表紙が余りにもアレなので、読むのを回避しようと思ったが、
読んでみたらそれほどそっち系ではなかったのでちょっと安心したw
そんなに悪くもないかも(・∀・)

これも絵は丁寧というか綺麗なタイプ。
だが目が大き過ぎるやろ(・∀・)


魔砲使い黒姫

真面目キャラの零と悪逆非道の黒姫というバランスの取れたキャラ構成。
でもよくよく考えてみると、これって「バスタード」の翻案と思えなくもない。
恋心を変身トリガーにするのはどうかなと思うけど、そこが肝なのかも。

今のところ、それほど活用されているとは言い難いが魔砲弾という設定は
ちょっと面白いかな(・∀・)


幻覚ピカソ

普通に面白いと思った(・∀・)
でも、これはどう見てもジャンプ系や集英社的絵柄ではなさそうw
アフタヌーンとかの講談社系っぽい絵柄だった。或いは集英社だとしても
1970~1980年代じゃないと許されないと思うw

これなんで日テレの土9辺りでドラマ化されていないんだろう?

若手俳優を沢山出せる学園物、わかりやすいお約束(絵に入る、ヒカリは報われない)
お悩み解決一話完結物(構成しやすく、途中からの視聴者でも簡単に視聴継続出来る)と
いう好条件を備えているのになぁ。

まあでも今だとジャニーズとかAKBが大量投入されて糞ドラマに仕上がりそうだしな。
テレ東辺りがドラマ化しないかな(・∀・)

賢い犬リリエンタール

少し前の集英社の100円セールでなんだか間抜けっぽいキャラの漫画が面白そうだったので
1巻を買って読み、気に入ったので残りの3巻も買うたった(・∀・)


ストーリーをかいつまむと、

海外で研究活動をする科学者の父母を持つ日野兄妹は日本で二人で暮らしている。
或る日、両親から弟と共に帰るという手紙が送られて来たので、二人は空港に迎えに。
待っていた二人の前に両親の姿は現れず、代わりに現れた助手の早乙女は二人に
大きな箱を渡して去っていく。大きな箱を開けてみると中には人間の言葉を話し、
弟と名乗る犬・リリエンタールが居た。そしてリリエンタールには本人も知らない
不思議な力を持っていた。その不思議な力は日野兄妹やその周辺の人々を巻き込んで
色々な騒動を引き起こすことになっていく。

そんな感じ(・∀・)


個人的には非常に面白く好きになった漫画ではあるが、ジャンプという毎回クライマックスが
デフォのような週刊誌では余り人気が出ず、あえなく打切りになった模様(´・ω・`)

ただ打切りになった割には最終回までしっかりと話は組み立てられており、
多少の物足りなさはあるものの、よくある「俺たちの戦いはこれからだ」とか
坂を登りはじめたばかりのような終わり方をせず、gdgd感は全くないと言っていい。

そしてまた読んだ時に感じた”多少の物足りなさ”は、恐らく打切りにならずに
各キャラクターに対してエピソードが振られることによって肉付けされたであろう
各キャラクターの深みやキャラクター間の絆などがなかったからだろう。
話の骨組み部分はしっかりしていたと言い換えてもいいかもしれない。

最終回近くの盛り上がりはうしおととらや金色のガッシュ的感じで良い(・∀・)


リリエンタールの真っ直ぐさとまつもと剛志のまじかるストロベリィが如き優しき世界が
心地よく、もっと色んなエピソードを読みたかったなとは思うものの、アンケート競争に
敗れたのであらばそれは仕方がないことか(´・ω・`)

どっかの月刊誌に移籍して延命すればアニメ化もあり得たんじゃないかと思うのは
贔屓目過ぎるだろうか。

読了後に「俺、この漫画好きだわ(`・ω・)=3 この漫画の良さがわからない世界なんて
滅んでしまえヽ(`Д´)ノ」といきりたった俺氏はこの漫画の感想をぐぐった。

結構好意的な評価が多かったので
「世の中の諸氏の目も、存外、節穴ではないと見えるな( ・´ω・`)」と
上から目線の感想と共に落ち着いた(・∀・)


一番好きなキャラはやはりリリエンタールかなぁ。真っ直ぐさが眩しいw
二番目は当然のことながら、紳士ウィルバー(`・ω・´)
途中から出てきた割になんか濃いいキャラだなと思ったら読み切り時に
存在していたキャラなのか。描き下ろしエピソードでもなんか一番カッコイイw
ローライズ・ロンリー・ロン毛も合わせて好きだな
三番目はごむぞうとスーパーうちゅうねこ。
次点はコンフォニーw

他の人間キャラも良いけど、何故か人外キャラの方が印象に残っているw


今はもう100円じゃないのか(´・ω・`)

最近読んだもの3

最近は無料配信や99円本ばかりを漁ってる。
故にほとんど一巻までの内容しか知らない(ノ∀`)


時には薔薇の似合う少女のように 中島史雄

これまたwikipediaに項目がなかった(´・ω・`)

中堅浴槽メーカーのハッセ・スタンダードに名前のユニークさで入社できた“温泉クン”こと温田泉理(おんだ・せんり)。新入社員の研修で山奥の寺にやってきた温田は、会社訪問の時に彼を励ましてくれた天使のような女性社員・石田(いしだ)を見かけてときめく。その3日後、夜に寺をぬけ出した温田は、滝に打たれる石田と再会して……!?
ebookjapanの解説

中島史雄の項目に

その後、1980年代初頭までは劇画系の成年向け漫画を描いていたが、熟女よりも女子高生の描写を得意としていたので、村祖俊一らとともにロリコン系漫画家とみなされた。1980年代には『レモンピープル』誌などの影響で、さらに低年齢を扱った作品をも描くようになった。

とあった。読者の年齢層にもよるだろうけれども、女子高生でロリコンとされた時代か。
ロリータの対象って何歳からなんだろうか。時代によって変遷するのかな。

全13巻って結構続いてたんだなぁ。


ヤンキー君とメガネちゃん 吉河美希

これ結構面白かった(・∀・)
メガネちゃんがボケボケすぎるw

昔TBSでドラマ化されてたような。
観なかったけど…仲里依紗がメガネちゃん役だったかな?


罪と罰 A Falsified Romance 落合尚之

岩手から大学進学で東京に来たけど引きこもっちゃった弥勒くんが
お姉さんの結婚話を機になんかおかしくなっていく話?
父親の死とその後の母親の豹変も関係してるのかな?

なんか暗そうな話やで(・∀・)
ピカレスクロマンというと違うしなぁ。

全十巻らしい。気になると言えば気になるような、
そうでもないと言えばそうでもないような…


カイジ、アカギ、天、最強伝説黒沢、銀と金 福本伸行

3巻まで無料配信とか99円だったので何作か3巻まで久しぶりに読んだ。
考えてみると天と黒沢と銀と金は最後まで読んだことあるわ(ノ∀`)
好きだからいいんだけどもw

天って最後アカギに漫画乗っ取られるよね(´・ω・`)

黒沢は齢男だけど働いて自活してるだけマシだよね(´・ω・`)

今回はまだ読んでないけど銀と金は確か面白かったはず。
確か第一部完みたいな終わり方をして続編を待っていたような気がする。


月刊スピリッツ

シュトヘル 伊藤悠

13世紀初頭、蒙古(モンゴル)軍による西夏国(タングート)侵攻が続く時代に、「悪霊(シュトヘル)」と恐れられた女戦士がいた。
時代は変わって現代。高校生・須藤は、燃え盛る建物と死が満ちる戦場を夢に見続けていた。ある日、顔を出したカラオケで出会った転校生・スズキとの邂逅によって、須藤は800年近く前に処刑されたシュトヘルとして蘇生する。

月刊スピリッツでしか読んで無いから知らなかったけど、現代パートもあるんかΣ(゚∀゚;)
ネタバレがあると嫌だから、あんまりwikipediaで詳しく読むのはやめようw

蒙古-金-南宋と舞台となる時代が珍しいので読んでる。取り敢えず父の過去の汚点を
消すために兄皇子がその証拠となってしまう西夏文字の石版を持って南宋に逃げよう
としている弟皇子を追いかけてる?そいでシュトヘルは弟皇子を守ってる?
あれ、あのシスターはなんなん(´・ω・`)?滅ぼされた異教徒というかキリスト教徒?

地球戦争 THE WAR OF THE HUMAN 小原愼司

19世紀、万国博覧会開催に沸く大英帝国絶頂期のロンドン。そこに、突如火星から三本足を持つ機械(以下三脚砲台)が襲来し、人々を飲み込んでいく。孤児院で暮らすオリバーと上流階級出身のアリスは、その襲来から逃れるため逃避行することを決意する。

なんとなく諸星大二郎の西洋版のような感覚で読んでるw
絵柄が自分と合わないのか根底に気味の悪さを感じる。
諸星大二郎の漫画もそうだけどw

孔雀王ライジング 荻野真

集英社と一悶着あってというか長年の恨みつらみもあってか
「孔雀王 曲神記」打切り後に小学館へ移籍して描き始めた
ヤング孔雀王。

どうだろうねぇ、ヤング島耕作とかMIB3みたいなエピソード0的に
因縁の後付けをしちゃうのは。

まあ、

今回の孔雀王のテーマは、仏教信仰布教の最大の原動力になった「仏像」です。
孔雀王ライジング

とあるので薄くつながりはあるけれど、ある種別物になるのかな?

しかし「孔雀王 曲神記」の続きはもう描かないんだろうか。
出羽三山だかに行った時までは読んだような記憶があるけども。

クリムゾンの迷宮 貴志祐介原作・三上達矢作画

「クリムゾンの迷宮」は眠っている間にさらわれた男性が、奇妙な土地で生き残りをかけたゲームに参加させられるサスペンス作品。角川ホラー文庫の小説が原作になっている。
コミックナタリーのエントリ

小説原作だったのかΣ(゚∀゚;)
絵柄は好みではないが内容にはあってるのかもしれない。
まだ始まって間もないのでどうなるかわからないが
今のところ面白い(・∀・)

ニコニコはんしょくアクマとか森野先生も結構好き。
放射脳と言ったら怒られるであろう、311以降に三重だかに
引っ越した移住エッセイ漫画もある種興味深い。


ITAN

『ITAN』(イタン)は、講談社が発行する日本の季刊アンソロジーコミック。2010年に創刊。発売日は3月、6月、9月、12月の25日。

何となく偏りがあるなと思ったけど、女性向けか(・∀・)
ぼちぼち面白かった。
これは一冊しか無料配信してないのか(´・ω・`)


月刊アクション 創刊号Lite版

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 大西巷一
マーダー・インカーネイション 稲光伸二 原作:菅原啓太
なんやこれ、いきなり重い展開やないか(´・ω・`)

琴浦さんの作者が描いてるアクレキ
ふうちゃんとおじいちゃん オザキミカ
小林さんちのメイドラゴン クール教信者
辺りはほのぼの系

受付の白雪さん 吉沢緑時はまぁまぁ好き(・∀・)

つぐもも 浜田よしかづ
1,2巻無料配信の時に結構面白いし絵柄も好きな感じだし、
ebookjapanの無料配信読みまくってるからたまには買うかと10巻まで買うたで(・∀・)
美少女付喪神とその持ち主の話……なんか違うなw


まだあるけど、疲れたからもう止めた (ヽ’ω`)