月別: 2014年6月

2014年が半分終わってしまう… (ヽ’ω`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



今年もまた何もせずに半年も過ぎてしまった…_| ̄|○


陸域観測技術衛星2号「だいち2号」が地球の観測画像取得に成功
順調に育つ西之島(・∀・)

カバー絵に小畑健、吉崎観音ら――『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』2015年発売
これもいいけど学研の~ひみつとか偉人伝は発売されているんだろうか。

Hulu に「セサミストリート」がやってきた! 日本初登場のシーズンを配信

同社は今後セサミストリートのような、エンターテインメントでありながら教育にもつながる「エデュテインメント・コンテンツ」を増やしていく予定だという。

ついでに大人の基礎英語とかも(・∀・)
NHKが卸さないかw


Google、次期モバイル OS「Android L」の開発者向けプレビュー版を公開
最初、「Lってなんだよ、3DS LLみたいな新規格かよ、バーヤ、バーヤヽ(`Д´)ノ」と思ったが
Kitkatの次のバージョンだからLなのか(・∀・)

( ゚Д゚)ハッ これはXML嫌いが待ち望んでいた流れではなかろうか

「Material Design」と呼ぶ新たなデザイン概念を導入し、UI からアプリケーションの動作そのものまでを統一して設計できるようにすること。

 
ソニー、2015年よりテレビに「Android TV」を全面採用へ
「Android TV」ってよく知らないんだけども、結局のところTVがAndroid上のアプリに
なるってこと(´・ω・`)? ってこという単純なことだけだったら「Android TV」と
いう名前にならないか。他にも色々特徴があるんだろうな。


「わざわざご指摘くださいました方」「ホントお暇ですね」 『週刊アスキーPLUS』が不適切な表現のお詫び文を掲載し謝罪
個人サイトならまだしも企業がやっているサイトでこの対応は阿呆すぎるだろ(´・ω・`)
いつまでWebが限られた人間達だけのものと勘違いしてるんだろう。SNS上での犯罪
告白並に阿呆な行為だけど、アスキーの中では日頃から読者に対してはこういう姿勢が
デフォルトで、それをちょっとお外に出しちゃっただけって感覚なんだろうなw

ウクライナのリビウ、2022年冬季五輪の開催立候補を取り下げ
それどころじゃないもんな(´・ω・`)

そういえばシリアはどうなってんだ、イラクに空爆したとか言ってたけど…
シリアとイラクの武装勢力、イスラム国家樹立を宣言ってなんだこれは(´・ω・`)
わけがわからないよ。

ピュー遺跡群、ミャンマー初の世界遺産に
ごっぐる遺跡チームがアップを始めました(・∀・)

名古屋にレゴ社大型テーマパーク 世界で8カ所目、9ヘクタール
今でも名古屋には名所はあるけども新しい明確なランドマークが出来るな。
名古屋県からレゴ屋県に(・∀・) 多分キャッチフレーズはレゴランドへレッツゴーだな。

山形新幹線で「いい湯だな」
お座敷ラウンジとかはいいけど、足湯はどうなんだろうかw


明日から本気出す(`・ω・´)

ゲームを作ろうと思ったものの…( ・´ω・`) -15

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



ボタンサイズ変更ボタンを作った。少しロジックが適当過ぎる気もしないことはないが、
ボタン位置変更ボタンと併用すれば問題は少ないであろうと考える。


捕らぬ狸の皮算用というわけでもないが、実際にAdsenseのバナーを挿入する場合に
ボタン配置等の変更が必要になるのかなと思って、まだゲームすら作ってないのにぐぐったw

……なんかよくわからないがAndroidゲーム向けのGoogle Adsenseの要件はむちゃくちゃ
厳しいみたいだったw 代わりにadmobというのを使ってねみたいなことが書いてあった。

更にぐぐったら解説記事があった。
Androidアプリちょい足し開発レシピ(5)
AndroidアプリにAdMobを実装する方法 2014年4月現在

SDKのページを見たらいくつか種類があるらしい。
バナー 1 – Google Mobile Ads SDK

ここでふと気づいた。SurfaceViewオンリーでゲーム画面を構築しようとしてるけど
その状態でViewをどうやって追加するんだ(´・ω・`)? やっぱりレイアウトファイルが必要か?
と思ってぐぐったら、SurfaceView上にAdmobを配置というページが(・∀・)

詳しく読んでないのと3年くらい前の記事なので今でも有効なのか不明だが、
まあなんかしらの方法があるだろうとAdMobに登録しようとしたら…

おや(´・ω・`)?
admob_error01

そういえばむかーしAdwardsの5000円分無料キャンペーンだかの時に
「わーい、タダだタダだヽ( ・∀・)ノ」と仕掛けた時に500円かいくらか実費が必要とわかり、
「お金払うんなら使わないよ、バーヤ、バーヤヽ(`Д´)ノ」と途中で止めたんだっけか…?

で、まあAdwardsのページに行って「再開」リンクをクリックしたところ…

おや(´・ω・`)?
admob_error02

どういうことだってばよヽ(`Д´)ノ

「弊社担当者に報告されました」ってあるけど、この解決は自動的になされて通知が
来るのだろうか?それともGoogle Playの登録の時みたいにサポートに英文メールを
送らないといけないのだろうか…( ;・´ω・`)ゴクリッ


また脇道に入り込んだくさい(´・ω・`)

『サウンド・オブ・サンダー』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



サウンド・オブ・サンダー

適当にあらすじを言うと

近未来、過去への恐竜ハンティングツアー会社が、過去の事象を変更してしまう禁忌を犯したことにより、その変更が現代へと影響して大混乱が発生するお話。

2003年公開予定だったが、撮影していたPrague(プラハ)での洪水や製作会社の倒産等に
より、2005年公開になったらしい。制作費は100億円(8000万ドル)と超大作のように
思えるが、撮影後作業に製作会社が倒産してしまった後に残った後援者が3000万ドル
のみを提供したので、視覚エフェクトにお金をかけられずに駄目駄目CGになったみたい。
A Sound of Thunder (film)

そういうアレなのに加えてカットの多いテレビ放映を観たので、
途中からほとんどまともに観ていない(ノ∀`)

タイムウェイブが来た後の虫が襲ってきたシーン前後や、途中の街で
ミストのばあちゃんみたいに民衆を先導したおばさんが呆気無く白化したりと
なんだかなぁ(・∀・)と思ったw

一度お釈迦になった映画を低予算で立て直したという点を鑑みて頑張った方だと
評価する人とただひたすらに糞という評価に分かれる模様w


あんまりまともに観てないから特に言えることがなかった(ノ∀`)
なんでタイムエフェクト物?は蝶々が好きなんだろうか?
つーかこれポスターでネタバレしてるなw

『ビッグ・ダディ』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



ビッグ・ダディ

ビッグダディと言っても、あのアホ一家の話ではなく、

ソニー(アダム・サンドラー)はロー・スクールを卒業したものの司法試験を受けず、定職にもつかず、交通事故で得た慰謝料を株式に投資して、そのお金で毎日怠惰な生活を続けていた。ガールフレンドのバネッサもソニーの生活態度に愛想をつかして別れ話をほのめかしていた。そんなある日、親友でルームメートのケヴィンが仕事で中国に出張したまさにその日に、彼の息子だと名乗る幼い男の子ジュリアンがアパートに現れる。

という1999年に制作されたコメディ映画の方。

wikipediaの項目によると

第20回ゴールデンラズベリー賞
受賞:最低主演男優賞 – アダム・サンドラー
ノミネート:最低作品賞 – コロンビア映画
ノミネート:最低助演男優賞 – ロブ・シュナイダー
ノミネート:最低監督賞 – デニス・デューガン
ノミネート:最低脚本賞 – スティーヴ・フランクス、ティム・ハーリヒー、アダム・サンドラー

ということらしく、評価も低かった模様w

確かに主人公のソニーのキャラが糞すぎたり、裁判シーンがコメディ過ぎたりするので
あれだが、期待していなかった分、結構楽しめた(・∀・)
ソニーのお下品さがいけなかったんだろうかw
話の途中で簡単にまともになるのは元々は頭も良くまともな部分を持っていたからと
いう風に解釈して観ていたからそれほどその点については気に止めなかったが、
人によっては御都合主義的な感じに受け止められてしまうかもしれない。

ありがちな終わり方からちょっとずらした感じの終わり方も賛否が分かれるかもなぁ。
バネッサ自体はそんなに悪かったわけじゃないのに、懲罰的ラストなのは
ちょっと納得がいかない。バネッサの新しい彼氏は楽しそうだったけどw


主演のアダム・サンドラーは経済誌フォーブスの「最も稼いだハリウッド俳優」に
載るほどの売れっ子のようだが、出演作品一覧を見ても観たことのある映画がなかった(ノ∀`)

他の出演者もコメディアン系の人が多いのか、ほとんど知らない。
ロブ・シュナイダーとスティーブ・ブシェミは名前だけは知ってる…気がするw

ジュリアンを演じた子役はディラン&コール・スプラウスという一卵性双生児らしい。
他の出演作品を見たら「フレンズ」のロスの子供役かΣ(゚∀゚;)
意外なところで意外なことを知ったw
今は22くらいか。


ソニーとジュリアンの物語のようで、ソニーとその父のお話なのかもなぁ。
まあなんやかんやで面白かったかな(・∀・)