月別: 2014年10月

『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』を観た


キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け
あらすじはちょっと改変して

マネービジネスの成功者であり、自分を敬愛してくれる子供や孫が居る家庭を持ち、それとは別に私生活も充実していた投資家ロバート・ミラー(リチャード・ギア)は、ロシアの銅山への出資で失敗し、巨額の損失を出してしまう。監査から隠ぺいするため緊急に調達した4億ドルも返済期限が迫り、会社を売却して資金を作ろうとするが、なかなか事はうまく運ばない。そんな時、ロバートは不注意で交通事故を起こしてしまい…

うーん、つまらなくはないけど微妙かな(´・ω・`)
ロバート・ミラーに特に感情移入をしたり惹きつけられないし、かといって
マイケル・ブライヤー刑事(ティム・ロス)はどうかと言えば、強引な捜査を
するだけでこれまたどうしようもない感じの人物。ロバートの頼みを聞いて
苦境に陥るジミー・グラント(ネイト・パーカー)もただ事件に巻き込まれて
右往左往するレベルだし、娘のブルック(ブリット・マーリング)はまあまあ
キャラが立っていて、ある意味で妻のエレン(スーザン・サランドン)と共に
物語を〆る存在ではあるけれども脇役だしなぁ。

ブライヤー刑事の行為が余りにも稚拙で、しかもそれをあっさりロバートに
よって暴かれるというのも話的にどうなんだろうかと思ったw

原題の「arbitrage」は裁定取引という意味らしい。裁定取引は

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。

わかったようなわからないような…(´・ω・`)

成功者の実像と虚像の違いを現物と先物の差になぞらえたんだろうか。
何にしても邦題の「危険な賭け」はなんか違うような。
一応ギャンブルっぽい要素はあったけれどもw


リチャード・ギアって名前は知ってるけど他の出演作を観たことないなと
思ったら「八月の狂詩曲」のクラーク役かw
あと途中で観るのを諦めた「アイム・ノット・ゼア」のカウボーイ編の人か。
ちょうどあそこら辺で最後まで観るのを諦めたんだった(ノ∀`)

ブルック役のブリット・マーリングはまあ美人かなぁって感じ。
他の出演作は知らないなぁ。他の出演者も知らない人ばかり…
2012年という比較的新しい作品なのに…


まあリチャード・ギアがダンディーと言えばダンディーなので
リチャード・ギアが好きならって感じ…かな?

ショッピングの女王


中村うさぎの書いた浪費エッセイ。

中村うさぎはOL → ライター → ライトノベル作家 → エッセイストという来歴を持ち、
今はMXの5時に夢中!で週一コメンテーターみたいなことをやってる人。浪費癖以外にも
整形したりデリヘル体験してみたりゲイの香港人と結婚してみたりと色々ある人。
去年だったか大病を患ってか今はちょっとすごい形相になっている。

月刊プレイボーイ(集英社)2006年9月号 PBインタビュー 作家  中村うさぎ
では本人はそれほど重要と認識していないようだが、やっぱり両親の思考の相違の
狭間で歪んでしまった部分があるんじゃないかなと思ったり。本質的に自分の中に
価値を見出だせなかったというか見出すことを許されなかったのか、または親から
価値を与えられなかったことが外見を着飾ることやブランド物を保有することへの
異常な執着へとつながったようにも思える。

本の内容は最初のうちは変なものの購入で面白いのだが、そのうちにブランド物の
話がほとんどになってしまうので、話のパターンが似通ってしまってちょっと飽きる。
写真とまでは言わないが、せめて商品のイラストでも挿入されていれば良かったかも
しれない。罵詈雑言を混ぜつつも基本的には恐る恐る書いているような敬語体なので
脳内再生は中村うさぎの声よりも岩井志麻子の声の方が合うかもしれないw


来歴に

特に『コンプティーク』(角川書店)誌上では「イボンヌ木村」名義でゲームレビューなどを担当し人気を博したほか、「イボンヌ」を「イヌボン」と書き間違えてハガキを送ってきた読者がきっかけで「犬梵」なるキャラクター(創作者は榊涼介)まで生まれた。なお「犬梵」は当時のPC用シミュレーションゲーム『戦国秋葉原信長伝』(メディアワークス)にも登場する人気キャラとなっている。

とあり、「そんな人居たような居なかったような…(´・ω・`)」とぐぐったらこれかw 居たな。
「プロジェクトEGG」,「戦国秋葉原信長伝」(PC-9801版)を発売

あきばっぱらって今何やっているんだろうか。
関係ないけど黒田幸弘が存命であることに驚いたΣ(゚∀゚;)
ぐぐった結果、亡くなっていたのはイラストを書いていた中野豪
という人だったことに気づいた。凄い勘違い(ノ∀`)

「クロちゃんのRPG千夜一夜」とかってなんで電子書籍にならないのだろうか。
いっそのこと昔のコンプティークの誌面全部電子書籍化しないかな。
勿論、福袋込みで(*´・ω・)

たけし君の純情-アポロが月に行った頃-


全4巻。作者はみやたけし

昭和44年、アポロ11号が月面着陸を行うというニュースで持ちきりだった時代。これは酔いどれ作家:みやたけし、本名:宮野たけしが小学5年生だったときの物語である。

三丁目の夕日の舞台を地方(香川県琴平町)に移し、西原理恵子の漫画のような
貧乏のテイストを加えた、少年・宮野たけしのヰタ・セクスアリス漫画という感じ。
女の子関連の話よりも違う系統の話の方がほろ苦かったりして結構良かった(・∀・)

ドラマ化されても良いような気もしたが、ちょっとお色気要素が強いのと、
芸達者な子役達を集めるのが難しいから無理かなぁ。現代パートのおじさん達は
簡単に集められるだろうけども。まあ何にしてもキクちゃんの話は実写化が
非常に難しいと思うw 画面に映さないという手法もあるだろうけれども内容自体が
ちょっといけないような気がするw

三巻だか四巻で兄の朋男が朋夫に、いとこの啓二が哲二になっていたところが
あったような気がする。

個人的に横島酒造が潰れたらしいのでスッとしたで(・∀・)
シャッキャオッソヽ(`Д´)ノ


少なくとも50代…、いや、50代後半以上の人や夕焼けの詩(三丁目の夕日)等が
好きな人なら読んでも楽しめるんじゃないかなぁ(・∀・)

まあ男は子供の頃からおねーちゃんが好きだから、そういう経験?がある人なら
何歳でも楽しめるかな。

最近読んだ漫画


久しぶりに無料配信物等の消化をちょっとだけした(・∀・)


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1巻
アニメのコミカライズ作品。1巻を読んだだけでもう切ない(´・ω・`)
アニメの方は何回かしか観てないが大体ストーリーは知ってるから
というのもあるか。

戦勇。 1巻
最初のうちはあんまり面白くなかったが他の勇者達が出て来てからはまぁまぁ面白い。

蒼汰の包丁 ~2巻

北丘蒼太の実家は北海道で料理屋を営んでいたが、母の事故死により父が気落ちして店は寂れてしまった。蒼太はそんな実家を立て直そうと上京し、あることをきっかけに富田久五郎と出会いそのまま東京でも五本の指に入るという料亭「富み久」へとスカウトされる

非常に地味でベタな王道料理人情漫画。結構好き(・∀・)

江戸前の旬

主人公・柳葉旬は銀座の寿司店「柳寿司」の三代目として父親・鱒之介の跡を継ぐため、寿司職人になるための修行を積んでいる。さまざまな人との関わりを通じて、旬は成長していく。

こっちはちょっと微妙(´・ω・`)
話が雑で非常に美味しんぼライク。
まあでも2014年9月現在で既刊74巻とあるので人気はあるのかな?

あさりちゃん100巻配信記念 デジタル版限定 室山まゆみセレクション
3話のみ。子供の頃にちょろっと読んでた記憶がある程度なので
特にこれといった感想もないw まあ絵が変わったなあくらいか。

わたしに××しなさい! 1巻
エロ漫画だったら、もう1巻で性奴隷とかにされちゃってる展開だよね(*´・ω・)

ミナミの帝王 ~3巻
ボチボチ面白かったが、ちょっと無理がある回が多いような気がした。

任侠沈没

大地震によって荒廃し、無法地帯と化した日本を舞台に、妻子を殺されたヤクザの幹部・大紋寺龍伍の復讐の旅を描いた作品。。任侠道を貫かんとする男を主人公に据え、ヤクザ漫画の基本は踏襲しつつも、その枠を超えた破壊的なスケールとエンターテインメント性を持つ。

大地震、大噴火の日本とあまり洒落にならない設定であり、任侠物で、
多少グロで突拍子もない作品かもしれないが、続きを読みたくなったw
勢いというか不思議な魅力があるように思えた。

ホゲホゲ日記 全2巻
作者は中島史雄。中島史雄と言えば「知世バイブレーション」「元祖OL株式会社」
「魔法を信じるかい?」「時には薔薇の似合う少女のように」といった線がクッキリとした
劇画系H漫画をヤングジャンプ、ベアーズクラブ、ビジネスジャンプで連載していた人だが、
この作品はエロが一切ない四人家族の円一家のほのぼの物語。
これは作者の体験等が元ネタなのだろうか。

子育て絡みのあるあるネタみたいな部分があり、普通に面白かったので
2巻で終わってしまったのは残念(´・ω・`)


最近多い期間限定の配信は読もうと思ったら期限切れになってしまうので
購入?しなくなった(ノ∀`)