カテゴリー: 本・雑誌等

ゴールデンボーイ / スティーヴン・キング

これまた一年くらい前に読んだ本なので、仔細は覚えていない(ノ∀`)


刑務所のリタ・ヘイワース

“『刑務所のリタ・ヘイワース』(けいむしょのリタ・ヘイワース、Rita Hayworth and Shawshank Redemption)は、1982年に出版されたスティーヴン・キングの中編小説。『恐怖の四季』 に春の物語として収められている。――春は希望の泉―― (Hope Springs Eternal) 浅倉久志訳。”
(刑務所のリタ・ヘイワース)

映画『ショーシャンクの空に』の原作。
意見が分かれるところではあると思うけれども、トータルで言うと映画の方が好きかな。
上手く話やキャラを集約して最後の爽快感を産み出しているという点で。

wikipediaの項目で”原作との違い”で、ほとんどのことについて述べられているのであんまり書くことがないな(ノ∀`)

強いて言うと、

  • 原作だとレッドがアイルランド系の男性で比較的若かったからか、過去にシスター達の襲撃を食らってる模様。
  • 映画だとレッドが自分の罪をなんと言っていたか忘れたが、原作だと姉さん女房に生命保険をかけて事故死させてる超クズ野郎(・∀・)
  • アンディは肛門から体内に500ドルくらいを入れて隠し持って入所していた。
  • アンディの脱獄は1975年(1948年で30歳だから57歳?)、映画だと1966年。
  • ノートンは最後死なずに引退。
  • なんとなくではあるが、映画版よりも”希望”という単語を強調しているような気がした。

なんで刑務所内のかまほり連中をシスターとかキラー・クィーンと呼んだんだろうか。
キラー・クィーンはクィーンの楽曲から来ているのだろうか?(「キラー・クィーン」は1974年発表、この作品が書き上げられたのは1979年らしい。)
監獄スージーって呼び方も何処から来てるかわからない。

どうでもいいけどスティーブン・キングのスティーブンのスペルってStephenなのかΣ(゚∀゚;)ステファンッテヨンジャウヨ
関係ないがシスターのリーダー的存在だったBogs Diamondもボグズじゃなくてバグズなのか。

原作と映画の邦題は『刑務所のリタ・ヘイワース』→『ショーシャンクの空に』だけど、原題だと『Rita Hayworth and Shawshank Redemption』→『The Shawshank Redemption』なので、実はそれほど大きくは違わないんだねぇ。(女優の売り込みにうんざりして”Rita Hayworth”部分を削ったという話。)

これに関してはこれくらいかなぁ(´・ω・`)


ゴールデンボーイ

『ゴールデンボーイ』(原題:Apt Pupil)は、1982年に出版されたスティーヴン・キングの中篇小説集『恐怖の四季』に収められた小説。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

『刑務所のリタ・ヘイワース』が162ページなのに対して『ゴールデンボーイ』は329ページなので二倍か。久しく小説を読んでなかったので非常に長く感じた(´・ω・`)

とは言えど、内容的には引き込まれるものがあり、楽しく(?)読んだ。
まあでも描写等々や話の展開を考えると万人向けのものではないなw
作品内で発生する事象そのものはクリミナル・マインド案件と言うか。
『快楽殺人の心理』等の犯罪物と同様に人によっては気持ち悪くなるかも。

最後のまとめというか、テーマの提示部分では、「うーむ、なるほど(´・ω・`)」って言う感じで少し唸りつつも、あっさりと言葉でまとめにかかったので、いささか驚いたw
『堕靡泥の星』をちょっと思い出した。

これは映画化出来ないだろって思ったけど、既にされてるんだなw
ラストはちょっと違うらしいけど。

なんとなく自転車つながりで江川達也の『GOLDEN BOY』を思い出したが、あれは別に関係ないかw

そういえばアンディがちょっとだけこの話に出て来て、ちょっとニヤッとしてしまったw

—————————–

いい歳して初めてスティーブン・キングの小説を読んだわ(ノ∀`)
凄い筆致で引き込まれるが、内容が内容だけに結構疲れると思ったw
まあいつか機会があったら、このシリーズの『スタンド・バイ・ミー』と『マンハッタンの奇譚クラブ』だけでも読んでみようかな。この四作品はスティーブン・キングが自由に書いた作品らしいし。

スティーブン・キングの筆致もさることながら、翻訳者の腕も良いんだろうなと思って、翻訳者の浅倉久志でぐぐったら、もう亡くなっているんだね。
って、SF小説翻訳の大御所だな、この人Σ(゚∀゚;)
って、俺氏が読んだことのある数少ないSF小説の一つ、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を翻訳した人やんけヽ(`Д´)ノ
SF小説もたまには読んでみようかな…(´・ω・`)

全然関係ないが、スティーブン・キングってもっと昔の人だと思っていたら、まだ71歳で今も現役なんだねぇ(・∀・)

Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作 浅野 祐一/荒川 巧也/森 信虎

200円で売ってたのを買って来て読んだ。

内容云々の前に2013/7/24に出版されたものであり、Unityのメジャーバージョンも4->5->2017と変わっているので、当たり前だが、本書記載の通りに操作しても上手くは行かない部分が多いw

それでも正誤表(正誤Wiki?)などを見たり、サンプルデータを落として来て調べつつやれば、まあまあそれなりには出来た。そう言えばコードがJavaScript(UnityScript)で書いてあったけど、もうUnity2017はC#オンリーなんだねぇ。

あとWikiの方でDropBoxかなんかに説明用画像を入れてあるみたいなリンクがあったけど、見られなかった(´・ω・`)
こっちもDropBoxのアカウント持ってないと駄目なんだっけ?

現在は続編?としてUnity2017に対応した新作が出ていた。

本作は3Dのみの内容であったが新作は2Dの説明もあって色々と違っている模様。
書店で本作と新刊が並んで売っていてわらたw
出版社の問題なのか書店の問題なのかわからないが、ちょっと誠意がない所業だなと思った(・∀・)

俺氏は古本屋で200円で買って来たので、或る意味で問題はなかったけれどもw


まあ内容的には、「UnityではじめるC#」「Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門」と同様に指示に従って操作して体験して覚えていくタイプの本。一冊目系と呼ぶべきか。

技術系書籍は基本的に内容の陳腐化が速く、すぐに風呂の焚付や漬物の重しくらいにしか使いようがなくなることが多いが、Unityは進化が速い為に、その解説本は特にその傾向が強い気がする。Asset Storeからダウンロードして来て何かするパターンは一年かそこらで駄目になりそうな気がしないでもない。3D系は特に。


取り敢えず、今、この本を正規価格で買う意味はほぼないだろう(・∀・)
新刊の方はパラっと見ただけなので、その内容は詳しくはわからない(ノ∀`)

まあ本作は感触的には悪くない感じではあった。一冊目系を既に二冊くらい読んでる人間からすると、まぁこんなもんか的な感想になっちゃうね。つーか古い本だからね。

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門


特にOracleマスターを目指しているわけではないが、「プロとしてのOracle入門」を読んでいた時に、これまた200円で売っていたので買うたった(`・ω・´)

Oracleの内部構造や動作の仕組みについて説明している本なので、当然のことながら「プロとしてのOracle入門」より内容や表現が難解とまでは言わないけれども堅い感じがした。

ただ、各構成要素に分けて丁寧に説明してるので、大まかには理解できた(`・ω・´) …気がしないでもない。でもきっとすぐに忘れちゃう(ノ∀`)


買って来たのは第一版で、今はもう第二版が出ているらしいので修正されているかもしれない or 単純に俺氏が勘違いしているだけかもしれないが、なんか気になった点が二つ。

  • P253 図14-06 データベースバッファキャッシュで”ブロックの更新”である②と⑦の矢印が逆の変更内容を指している?
  • P271 “ROLLBACK文を発行してコミット処理を実行することも”とあるけれども、これはロールバック処理じゃない(´・ω・`)?

あと読み取り専用トランザクションって何の為にあるのかがよく解らなかったなぁ(´・ω・`)


色々と勉強になった気はするのだけれども、このくらいの知識は現場で大規模なデータベースを触らないときちんと習得出来そうにないような気がしたw

あと昔のバージョンに比べると新しいOracleはユーザーフレンドリーなんだなぁと思いました(・∀・)(小並感)

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門 Kindle版 いたのくまんぼう/大槻有一郎

50%セールの時に¥1,350 でこうたった(`・ω・´)
UnityではじめるC# 基礎編の第二弾らしい。


結論から言うと、良い内容だったと思いました(・∀・) (小並感)

今回は続編ということでC#の説明部分はないのだけれども、本書購入者の為に「UnityではじめるC# 基礎編」のChapter2~3を改変したC#の解説文書PDFを配布してるみたい。俺氏は前作を読んだ直後だったので、これには目を通さなかった。まあでも指示に従って操作をしていけば出来上がるタイプの内容なので前作を読んでいなくても進められないことはないかなぁ?

本書のChapter1は前作と似たようなチュートリアルだったので、軽く流して読んだ。
Chapter2~4は時間経過と共に発生するオーブをスワイプして集めてお寺を大きくするゲームと木魚をクリックするとオーブがお寺に飛んでいくゲームの作り方。後者はDOTweenとか言うUnityのアセットストアで公開されているアセットを使ってオブジェクトの位置を移動させながらアニメーションさせる方法の説明が肝かな。

Chapter5~6はサイドビューアクション、まあスーパーマリオブラザーズライクなゲームの作り方。スクロールに関しては1ページのコラムに書かれてるだけって感じか。まあ、最初から大きいマップを用意して、カメラ(表示画面)をプレイヤーキャラに追随する形にして実現すればいいらしい。

Chapter7はスマホアプリゲームのトレンドと収益を売るためのエトセトラ等々。

完全に右も左も判らないレベルだと難しいかもしれないが、最低ラインのコンピュータ関連の知識があり、Google先生に聞くことが出来る人ならば、きっと最後まで読み進めることは出来ると思う。ただ、多少の説明はあるものの、Unityの体系的な知識はあんまり得られないと思うので、そういうのを求める人向きではない。取り敢えず”習うより慣れろ”的にチュートリアルに従って、完成時に小さな成功体験を得て、更に先へ進むのが合っている人向きだと思った。


サンプルデータと正誤情報は
Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門 正誤情報

…のはずなんだけども、なんかおかしい(´・ω・`)
この本を読む前に行った時は正誤情報がなくてUnityTera.zipがあったような気がするんだけども、今回行ってみたら正誤情報があって、データがないような……
違うページを見てたのかな…?

致命的な問題はなかったかな。今回も細かいどうでも良い隅つつきを。正誤情報に載っているのは除く。つーかP203のやつ以外、気が付かなかったw あと単純に俺氏が勘違いしてる部分もあるかもしれないw

  • P44 図2-23で、[pos.y]の値が本文・設定値では”250″なのに、吹き出しでは”-250”になっている。本文や画像の方が正しい。
  • P62 “RefreshTextメソッドを追加”は”RefreshScoreTextメソッドを追加”
  • P70 間違い、誤植等ではないが、構造体がいきなり出て来て、最初はクラスかと思った(´・ω・`)チョットチガウノネ
  • P79 コード2-13 なんか下の”imageTemple”の行の文字間かなんかが上と違う気がする。これは二行に渡っているから?
  • P244 図5-123 吹き出しでは”天地中央に設定”とあるが、画像では”天地中央”じゃないような気がするんだけども、上寄せ?が”天地中央”?
  • P258-259 キーフレームのところで、P258の本文では”0.15″と”0.3″だが、P259では”0.1″と”0.2″になっている?
  • P262 “地面に設定”は”地面に接地”?
  • P271 流れ的に記載されていなくて当然だったが、PlayerオブジェクトにAudioSourceを追加をし忘れてエラーになった(ノ∀`)

くらいだったかな。

P179のBlockのコピーは縦に3つ、コピー&ペーストして、pos.xの値に0.8を足していく方が楽だったかな。stage2のマップの時は横一列のオブジェクト群をコピー&ペーストしてpos.yの値に0.8*マス数を足した。もっと楽な方法ないのだろうか(´・ω・`)

P262でExitが見えない時の対処方法が書いてあったのを見落とし、どうするうんだべ(´・ω・`)?と悩んだ挙句に違う方法でExitを表示させた(ノ∀`)
なんか目のアイコンで表示領域が切り替わるみたいだった。


なんか作ってみようかなぁという気持ちと前に途中まで作っていたJavaのAndroid用ライブラリの続きもやんなきゃなぁ、つーか仕事探さないとなぁって感じであれです(・∀・)

そういえば200円で買って来たUnity4の本もあるから、あれも目を通すかなヽ( ・∀・)ノ