「マネーボール」「ステキな金縛り」を観てきた

マネーボール」「ステキな金縛り」を観てきた。
本当はステキな金縛りと三銃士を観ようと思ったが、タイムスケジュール的に
いまいちうまくはまらなかったので、マネーボールを観た。
「1911」も観ようと思ったがちょっと疲れたのと、その後の予定の絡みでやめた。


マネーボール
野球には全く興味がないのでどうかなと思ったけど結構良かった(・∀・)
野球界というかベースボール界、メジャー界が舞台なだけで、
その辺の知識自体は特に必要なかった。

大雑把に言うと旧態依然とした業界に挑む異端児の物語という感じかな。
まあ主人公自体が過去に選手としてスカウトされたことによって人生が激変したこと、
それによって負った心の傷、それ以降の苦悩の打倒というか開放がもう一つの軸かな。
こっちの方が主軸かw

一応トレード成功の時やアスレチックス連勝シーンは
ある程度の盛り上がりを見せるが基本的に淡々とした展開で、
人によってはつまらないかもしれない。

がんばれベアーズやメジャーリーグのようにチーム一丸となって
優勝を目指すという感じではなく、悩めるGM・ビリー=ビーンと
その参謀・ピーター=ブランドの孤軍奮闘、正確に言うとビリーの苦悩と
そこから抜けだそうともがきあがく姿がメインなので、人情的感動ストーリーを
求める人には向かないと思う。

ビリーがチーム力を上げようと選手たちにアドバイスしたりするシーンも結構好きだ。

まあでも最初にピーターの言ってた話通りにいかず、
ジェレミーの弟のその後の扱いはいかがなものかと思ったりする。

ネタバレ的になってしまうが終盤でピーターがビデオを見せるシーン前後が
この映画のクライマックスなんじゃないかなと思った。ちょっと静かな感動があった。
このシーンとラストのナレーション字幕を観て、何かを成し遂げようとすることに
ついて色々と考えさせられた。答えは出てないけども(ノ∀`)

劇中に出てくるテレビがSONY製だったり、ノートPCがVAIOなのは
SONY PICTURESの作品だからかな?ロボジーの予告もやってたけど、
あれはHPだったかな?

ピーター・ブランド役のジョナ・ヒルが可愛い太っちょさんて感じで気に入った。
今度、他の出演作を観てみよう。

エンドロールでCASTを見るまでビリー・ビーン役の人がブラッド・ピットだってことに
全く気がつかなったことは誰にも内緒…(´・ω・`) イヤ、ヒトノカオトカッテオボエルノガニガテヤネン


ステキな金縛り
そこそこ面白かった(・∀・) マジックアワーに比べると落ちるが。

TKOと草が好きじゃないので、その辺はマイナス評価だな。
この二人に限らず、KANや戸田恵子とか深田恭子とか(以下略)は
あんまりこの人達であるべきという必然性がない役だったなぁ。
三谷映画ってそういうもんか、そういえば。

生瀬勝久、山本耕史辺りは端役の割に存在感があったw
佐藤浩市演じる村田が相変わらずで安心したw
お父さん役は草じゃなくて唐沢寿明がやれば良かったのになぁ

まあでもメインの深津絵里、西田敏行、阿部寛、中井貴一、小日向文世辺りの
絡みは良かった。特に深津絵里はやっぱり女優だなと思った。
アップで寝顔を観た時、なんかシミ?みたいなのが出てて老けたな(´・ω・`)と
思ったけど、その演技を観ていたらなんだか可愛いって思えてきた(*´・ω・)
同時に俳優は声そのもの、発声、滑舌が大事だなとも思った。

観に行ったのが上映開始から結構経っている平日の午前ということもあり、
観客はそれほど居らず、年輩の人が多かったかな。
序盤の方はかなり滑った感があり笑いはそれほど起きていなかったけど、
深津絵里演ずる宝生エミが西田敏行演ずる落ち武者・更科六兵衛と
会った辺りからそこそこ笑い声が上がるようになった。

なんかいまいちなシーンとか結構あったけども、
メインの深津絵里、西田敏行、阿部寛、中井貴一の誰かが好きなら、
まあ観ても損したという気分にはならないかな。結構笑えるし。


三銃士、12/1までやってるといいな(´・ω・`)
取り敢えずロボジーが観たい。あれは来年か。