『おんなは度胸』『喜劇 にっぽんのお婆あちゃん』他を観た

3丁目の夕日以外はもう一度観てもいいかな(・∀・)
でも何が良かったかとか面白かったとかは説明しがたいw

強いていうなら役者の演技や作品世界の完成度が高いというのが一つ。
もう一つは時代が違うがゆえに感じる新しさと人と人との間における普遍的かつ
不変的テーマや展開が物語の中に存在しているところだ。

……あ、これこそが王道的面白さであり、
あらゆる形態の作品に対して求められるべきものかもしれない( ;・´ω・`)ゴクリッ


おんなは度胸

頼りない男たちとたくましく生きる女たちを痛快に描く。働かない父、暗い顔で内職する母、ちゃらんぽらんな兄に囲まれて暮らす学に恋人ができた。だが、学が彼女の誕生日に贈ったゲーテの詩集とまったく同じ本を兄が持っていたことから、学の苦悩の日々が始まる。

倍賞美津子が可愛い(・∀・)

主人公・学はちょっと精神的に危ない気がするw
渥美清演ずる学の兄ちゃんがあの寅さんを無茶苦茶下世話にした感じで笑える。
但し度量は寅さんよりも広くてちょっと惚れちゃう(*´・ω・)
父ちゃんも変だなw
NHKの紹介ページにもあるが寡黙な主人公の母もまた…w

劇中に何回か出てくるクソクラエ節も面白い。


喜劇 にっぽんのお婆あちゃん

高齢化社会の問題をユーモラスかつ鋭く描いた異色喜劇。老人ホームを抜け出したくみと、息子夫婦との折り合いが悪く家出してきたサト。浅草でたまたま知り合った二人はすっかり意気投合、行くあてもなく夜になるまで歩き回るが・・・。

途中から観たけどいろいろと面白くて最後まで観てしまった(・∀・)

この映画では高齢化社会の問題を取り扱っているけれども、
いじめや体罰、パワハラ、モラハラ、モラトリアム、孤独死、毒親等々の問題は
実は現代に突然出現したり急激に増えたりしているわけでもないんだよねぇって
観ててふと思った。

主人公である二人の老婆を演じた女優さんの年齢が若くて驚いたw
従業員寮に居た男たちになんかムカッと来たが、自分も現実世界で
そんなに敬老の精神があるわけではないので怒れないね(´・ω・`) アソコマデヒドクハナイケド

鶏の蒸し焼きが食べたい。


夕陽に赤い俺の顔

水田建設に家族を奪われた有坂茉那は、復しゅうのため水田の不正を暴く資料を集めていた。一方、水田は茉那を消すため殺し屋あっせん屋に仕事を依頼。個性豊かな殺し屋たちの中から、プロと勘違いされて選ばれた射撃の名手・石田春彦は、水田の依頼を引き受けて茉那に近づくが・・・。

ハチャメチャ過ぎてワラタw
最初から殺し屋等の設定とか展開が漫画や舞台演劇ぽかった。
寺山修司脚本だからかな? インド映画みたいにいきなり歌い出したり、
スポンサーであろう会社の広告を挟み込んで来たりで中々面白かったw
でも合わない人には全く合わないと思う。

途中で流れるデューク・エイセスの「寿限無の嘆き」も中々w

ヒロインは岩下志麻だった。若いなぁ。


ALWAYS 三丁目の夕日’64

三丁目の夕日というか夕焼けの詩が好きな自分としては
映画版はもはや別物として観てるので特にその点においての文句はない。

「続・三丁目の夕日」を観てないので子役達の成長ぶりに驚いた。

物語の軸は茶川さんと淳之介の親・子離れと六ちゃんと
鈴木オート夫妻の親・子離れの二軸だった。

前者の方は茶川さんの親との関係をまた継承する形にした展開であったのだけれども、
ちょっとお涙頂戴させようとし過ぎている過剰な部分がいまいちであんまり…(´・ω・`)

でも後者の六ちゃんの恋愛→鈴木オート夫妻とのお別れシーンみたいなところでは
思わずちょっともらい泣きを…。・゚・(ノД`)・゚・。

堀北真希が普通っぽいキャラで恋する女の子女の子した演技をするのは珍しいので
これはこれで貴重な作品かもしれないねぇ(・∀・)
堀北が好きな人なら観てもいいかもね。


女は度胸の倍賞美津子を観て思ったが、堀北とか綾瀬とかがいずれは
今の倍賞美津子みたいな役をやんのかと思うとなんか面白いな。
演者も老い視聴者も老い、世代交代して消えていくんだねぇ。
三丁目の夕日はそういう部分も表現していたな。

この先残る女優というものを考えてみようと思ったが、
結局のところ女優というか芸能人は事務所の力次第だしなぁ(ヽ’ω`)

最近は地上波ドラマをほとんど観ていないから新しい人は知らんけど、
菅野美穂吉高由里子多部未華子木南晴夏尾野真千子堀北真希綾瀬はるか
戸田恵梨香志田未来蒼井優上野樹里貫地谷しほり仲里依紗辺りは残るか。
この辺りはドラマや映画を観てて少なくとも一度は「お(・∀・)」
と思った面子。順てきとー(ノ∀`)

新垣結衣本仮屋ユイカ仲間由紀恵長澤まさみ相武紗季辺りも残るかも
しれないけど女優主体であるかどうかわからんな。ビジュアルの方を
活かす道があるから広末涼子みたいにCMタレントになった方が
合ってるかもしれない。或いは主人公女優のライバル美人という
ポジションもいいかも。でも新垣結衣と仲間由紀恵はあんまり
キツイキャラは合わなそうというかまだまだヒロインポジション出来るか。

考えてみると菅野美穂は年長組か( ・´ω・`)
和久井映見松雪泰子常盤貴子麻生久美子辺り?

もっと考えてみようと思ったが面倒くさくなったのでやめた(ノ∀`)


まほろの7話はしんちゃんがアホすぎてワラタw
一徳が渋いのぅ(・∀・)
話のオチはいつも通りの微妙と絶妙の狭間というか
ストライクともボールとも言えるところかな。
当たりと言えば当たりだが物足りないと言えば物足りないというか。

前にも書いたかもしれないが6話はちょっといまいち。
あと話の展開に行天を使いすぎ。
ラストの行天のコメントもなんか無理筋な気がする。

はらちゃん観よう観ようと思いつつ一話以降観てねぇヽ(`Д´)ノ


Dlifeは昼クローザーが終わってしまって寂しい(´・ω・`)

Dlife+とかいう小島奈津子?がやっている情報コーナーで韓国を取り上げていて
うざいのでチャンネルを変える→変えた先のBSプレミアムや放送大学が面白い→
観ようと思っていた海外ドラマを見逃すというDlife依存率低下中(ノ∀`) 

民放のBSも韓国ドラマをやめて昔のサスペンスとか時代劇だけを流してくれれば
つけっぱなしでそのチャンネル固定で観ちゃうんだけどなぁ(・∀・)