雛子バリエーション / 矢野健太郎

幼なじみの雛子を意識しだした高校生の和也は、女遊びがひどいとウワサのある芥川先輩から交際をせまられている雛子に対して気が気でない状態に。そこで友人と計画して雛子に催眠術をかけて、先輩からの交際要求を断るように洗脳しようとするが、、、。ヒロインが次々と”変心”するハイパーサイコラブコメコミックが電子書籍で登場!

1994~1995年の作品。全四巻。コミックガイズって知らないな(´・ω・`)
学研の隔週刊成年漫画誌だったのか。これも99円かそこらのセールの時に買ったのかな?

正直、微妙でした(・∀・)
俺氏にはあんまり合わなかった。

登場人物達が自分達が漫画のキャラクターであることを自覚しているメタ的な感じや、矢野健太郎の醍醐味であるお色気シーン満載なところは別に良かったのだけれども、ひたすら脱線し続けて話がgdgdになったり「ナイトヘッド」のパロディキャラを出してきた割りに話は膨らまなかったり、極めつけは結局伏線を回収出来ていないというか、話がきちんとまとまらずgdgdのまま終わるというところが駄目だった(ノ∀`) 

読後感は何がしたかったんだろうね(´・ω・`)という感じ。
これがきちんとまとめて終わっていたら、これでも良かったんだけれども。一応電子版の後には作者が本当どうしたかったのかという言い訳説明が載っているので、その辺はわかると言えばわかるが。

こういう結果的に支離滅裂になってしまった展開や思いつきっぽいギャグの連発が好きな人なら楽しめるかな?
おっぱいとかいっぱい出るしね(*´・ω・)



沢良木雛子
主人公? 下田辺の催眠術をきっかけにクンツァイト(リシア輝石の一種)を通った光を目にしてしまうと、淫乱、狂戦士、猫等々のモードになってしまう。その光を目にした際に耳にした言葉が暗示となるらしい? 幼馴染の和也が好きだが、中々結ばれない。作品中で最も裸体を晒しているキャラ(*´・ω・)


前島和也
自称主人公。雛子に心寄せている。正直、最初から最後までほぼ良いとこなしw その分、作品中では良い思いをよくしている。


下田辺
和也の友達。雛子に心寄せている。催眠術で雛子をおかしくしてしまう。


藤之里
雛子に心寄せている。何となく和也より活躍しているような気がするが、脇役。


明野沙織
正義モードの雛子に助けられてから、雛子を慕いまとわりつく。妄想狂。この漫画のエロシーンのほとんどが彼女の妄想という形で提供されているw


西真上蒔絵
学園の女王? 一応お嬢様らしい。主役の座を狙い、雛子を陥れようと企むがことごとく失敗する。やや西園寺まりいを彷彿とさせるw


芥川葉志
雛子に心を寄せ、告白するも振られる。その後、エロシーンの名リリーフとして登場し続けるが本編に関わることは確かなかったはず。


日吉台 団
猫好きの道場荒らし。何度も出て来るが本編の流れにはほぼ関係ない。


深沢真也
容姿端麗かつ大金持ちの謎の先輩。何考えているかよくわからない。雛子に心…寄せているのか? 取り敢えず雛子をさらったりする。執事8号が可愛い。


まあなんつーか、ハチャメチャな感じでした(・∀・)