月別: 2009年3月

.rndファイル

ファイルの整理してたら、.rndなるファイルがc:\に。
rndファイルってなんだべ(´・ω・`)?
マイドキュメントに.rndという謎のファイルがあるんですが・・・・。
あーAutoDeskのAutoshadeかぁ(・∀・)
納得した(`・ω・´)

ってそんなもん使ったことないわヽ(`Д´)ノ
とするとこいつは一体…( ;・´ω・`)ゴクリッ
ウイルスソフトが反応しないところをみると危険な
ものではないのだろうけど、心の狭い俺としては、
何処の馬の骨ともわからんやつを置いておくつもりはない(`・ω・´)
更にぐぐる。ランダム変数絡みがヒットして探しづらい。
いじくるつくーる
これも使ったことない。
[Apache-Users] Re: PRNG not seede dでCSR ができない 2001/6/22

Apacheか…いや、これも違うな。
致し方なく英語でgoogle(´・ω・`)
FILExt
AutoDeskはほっとくとして、

The PDP-10 was a mainframe computer manufactured by Digital Equipment Corporation (DEC) from the late 1960s; the name stands for Programmed Data Processor model 10. The PDP-10 was eventually eclipsed by the VAX supermini machines. The PDP-10 product line cancellation was announced in 1983.

DECのメインフレーム?なんかわからないがきっと違うな

Pretty Good Privacy (PGP) Random Seed

PGP…なんだっけ?プリングルス?それはP&Gか(´・ω・`)

Pretty Good Privacy とは、フィル・ジマーマン(Philip Zimmermann)が開発、
公開した暗号ソフトウエアである。略称は PGP。(Pretty Good Privacy

あー暗号化かあ…いや、でもやっぱり使ってないような…。
.RND File Extension

Random Hash Data File
File that contains random data used for creating unique secure certificates; may be generated by software like PuTTY and VMWare products for OpenSSL purposes.
This file is often named “.RND” (no filename) and is saved in the main C:\ directory.

あ…(゚∀゚;) VMWare絡みか…orz

銭ゲバ 最終回

遂にオタワズラ(´・ωメ`)
結論から言うと、きっぴーの大幅なキャラの変化や
最後の台詞以外は概ね良かった(・∀・)
上記の二つについては蛇足というか、何か作りとしては不自然だったような。
以下時系列

*************************************
前回のラストにちょっとかぶる感じの巻き戻った所から。
トメナイデクダサイネ ゼッタイニダゾ ゼッタイ
( ´_ゝメ)                      
                     (`Д´)し
                 トメネェヨ ダチョウクラブカヨ
ミドリと話すことにより何とか虚勢が張っているが、もはや抜け殻である。
小屋に一人入り、腹に巻いたダイナマイトの導火線に点火。
自らを縄に絡めて確実に死ぬようにする風太郎。
本気で心の底から死ぬつもりならこんなことをする必要があるのだろうか。
最期の時を待つ風太郎の目に入るのは柱に刻まれた「幸せ」の文字…。
*************************************
唐突に始まる子供時代のワンシーン。
野球チームの練習から友達と帰る風太郎。
ディズニーランドに行く約束。目に傷もなく、母も薬を常用できてる。
無駄遣いをする風太郎にお金の大切さを諭す母
呑んだくれじゃなくて働いているきっぴーが帰宅。
ゴルフクラブ買ってきてる(w
おかずのベラを嫌がれる幸せそうな日々
*************************************
咳き込む母。
父子でキャッチボール。
母の身を案じ荻野親子のようなやりとりをする。
母の手術成功。
*************************************
財布を拾う。現実では盗んだ財布を。
ひろし荻野と相棒登場。
荻野とひろしの兄弟は実は風太郎が望み求めていた父親像だったのかな?
*************************************
ひろし撲殺シーン
*************************************
大学の合格発表 4219て(w
痣のない茜キタ━━ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ━━ !!!!!
死ぬ前に茜が望んだ別の出会い方。
唯一の友達も居た(・∀・)
*************************************
友達の拳銃自殺シーン(´・ω・`)
*************************************
食卓にて家族、世代交代というものについて語るきっぴー。
現実ではきっぴーが頑張らなかったからおかしくなったわけだが(w
*************************************
自分と一緒で彼女が居ないと思ってたのに、風太郎に茜という彼女が
居ることを知り、走り去る友達カワイソス( ´・ω・)
微笑ましいワンシーン
J( ・∀・)ドウテイ?モシカシテドウテイ?
   ( ・∀・)メンドクセーヤツ
         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
    .:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚      ゚( ノA`)ノ゚      ゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.
  。+゜:*゚ー゚:・。:+゜    =    ( ┐ノ         ゜+:。゜・:゜+:゜*。
.:*::+。゜・:+::*        :。; /              *::+:・゜。+::*:.
                        ソウイウコトナノネ
*************************************
友達と工事のバイト。
芝居のチケットを売りつけようとする人。
って第一話で金を盗んだ人かΣ(゚∀゚;)
寺田修司て(w
*************************************
第一話で金を盗んだ人の撲殺シーン
*************************************
グリル伊豆屋(w
伊豆屋の面々
*************************************
ミドリ、茜、風太郎とレストラン
ミドリが砕けすぎてて魅力的
ミドリに見とれる風太郎にへそを曲げる茜。
埋められた人キタコレ(・∀・)!!時計は50万なのか。
*************************************
埋められシーン
*************************************
風太郎と茜 デート
ミドリの話ばかりする風太郎にふてくされる茜。
風太郎は耳を塞いで愛を語る。
イチャイチャスンナヽ(・∀・ )ノ シアワセソウダナ
聞こえてるよΣ(゚∀゚;)
もしかすると現実でも…聞こえてたのか(´・ω・`)
*************************************
茜の自殺シーン(´;ω;`)
*************************************
茜の父に結婚の申し込みにきた風太郎
手土産がマカロンΣ(゚∀゚;)
中々切り出せず微妙な雰囲気の中、だらしがない格好で
起きてきたミドリ、マカロンてづかみ、挨拶の先取りをしてしまう(w
*************************************
父の射殺シーン
*************************************
会社で働く風太郎
高尾山先生が先輩か
*************************************
初任給できっぴーと居酒屋にくる
ってはるこが従業員か(w
ここでまたきっぴーの説教。
金で手に入れられない友情や愛を手にしつつも銭をつかむために
手放したのが風太郎だったな(´・ω・`)
人が短い人生においてつかめるものは一つか二つなんだろうな。
*************************************
結婚式
茜からミドリにあの台詞が。
イキオクレノオネエチャン…
   ゴメンネ イモウトガサキニケッコンシチャッテ
J( ・∀・)                  ウッセ、チョウシノンナ
                    (`Д´)し
現実でのあの言葉のニュアンスは悪意的で挑発的だったな(´・ω・`)
*************************************
赤ちゃん
手がちっけぇ(・∀・)
*************************************
茜と子供と三人で暮らす「幸せ」な日々…
*************************************
正気に戻り、自らを鼓舞して死のうとするが、
やはり死にたくないともがきだす。
死にたいが自殺出来ないから人を殺して死刑に
なろうとする奴と一緒で、本心から死にたいわけでは
なかったのだろう。本当の人格と防衛機制として
作り上げた人格のせめぎ合いの果ての強迫的な自殺衝動か。
*************************************
ドカーン(・∀・)
スーパーCGキタ━━ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ━━ !!!!!
       100エンイジョウジャナイトヒロワナイワヨ  
J( ´_ゝ`)          
 (   )        
  ∪∪        ミ①
*************************************
伊豆屋にダンボール詰めの金が届く。
伊豆屋は風太郎にとって母親的要素だったのかな。
*************************************
荻野親子
過去においても未来においても
風太郎の手に入れられなかった、
頼もしい父が居て、優しい母が居る家庭。
*************************************
ハルコ
||Φ(|´|・|ω|・|`|)Φ||  ゴメンクダサイマシー ゼニノカタマリズラー
*************************************
▼・ェ・▼ なんか掘ってる
海老アレルギーなのに海老の寿司を食って死んだあの人の遺体か( ・´ω・`)?
*************************************
荻野の相棒、昼間から飲み屋の軒先で酒を飲むきっぴーを見かける。
キッピーのキャラチェンジはやっぱり凄く変だ。
正直、話の構造が瓦解するくらい。
つーか全ての元凶だろ、こいつは(w
風太郎の死を見届けたミドリ。ちょっと歩き方が軽やかすぎる(・∀・)
*************************************
巻き戻しって木更津キャッツアイか(w
この独白は蛇足というか、なんかおかしいな。
原作では風太郎の台詞じゃないのか。
というよりも原作のテーマとドラマのそれが違うのに、そこだけ原作を
変に継ぎ足したための違和感か?
最後の強がりを言った後で泣き叫びながら死んでいくという終わりは
まあいいとは思う。ピカレスクロマンとはいえ悪党は惨めに無様に
死んでいくべきだろう。その悪党の生い立ちがどんなに不幸であったとしても、
その所業は許されるべきものではないのだから。
*************************************
風太郎の妄想シーンにしばしば入る説教シーンは脚本家からのメッセージか(w
全体的に観ていて切ない回だった。妄想が幸せであればあるほど現実との
ギャップが大きくて(´・ω・`) 特に友達と茜のところは。
妄想の世界は皆優しくて仲の良さそうで「幸せ」な世界だったなぁ。
後は風太郎の死を見届けようとするミドリの悲痛な表情もなんだか切なかった。
荻野親子の今後は少年時代の風太郎一家の有り得たかもしれない幸せな形であり、
伊豆屋の今後は成長後の風太郎の有り得たかもしれない幸せな形なのかもしれない。
*************************************
まあなんだかんだ言って良いドラマだった(・∀・)
ワタシガキエテモ ダイニダイサンノカワリガイルカラズラ
( `・ωメ)             エヴァフウニスルカ ウルトラQフウニスルカ ドッチカニシロヨ
                   (`Д´)し

ラブシャッフル 9話

前回、ラストに思い切り盛り上げるだけ盛り上げたラブシャッフル
果たして続きは(・∀・)ワクワクテカテカ
関係ないけど愛瑠って名前はisle(島)から来てるんだろうか、それとも
天王洲アイル(これもisle由来)から来てるんだろうか。こないだの
東京イギン?が見えたとこは天王洲に近かったけど。
内容たっぷりだったけど時系列

最終回をまだ観てないので断言できないが、内容の質量というか
登場人物達の心の中の苦悩や想いの総量は全話中、今回が
最高なのかなと思った。クライマックス回だったというべきか。
*************************************
       スイマセン…ボク… |  
          オヤスミナサイ…|   プッ、ダセェ    
 (´;ω;)    (   )     |´,_ゝ`▼       (`Д´ )し  バカ、ナニスンノヨ
 (⊃ ⊃-=Σ(   ) ∧∧∧∧∧∧∧ ヽ( `Д´((☆ミ⊃パーン     
    ドンッ☆     <ア~ズ      > ダッテ、マンゲt…            
―――――――――< ワ~ン     >――――――――
             <(・∀・ )∀・ )♪> 
    フッ…ドウカシテル…∨∨∨∨∨∨∨      
     ○            |     (-_-) ネカフェセマイ…
○┼-个<           |     (∩∩)
| ̄ ̄ /\ ̄|         |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
工エエェェ(´д`)ェェエエ工 全部、寸止めかよ
*************************************
どんどん崩壊しつづけ、憔悴するおーじろう。嬉々としてその世話をするきくりん。
*************************************
そんな二人の姿を見てきくりんを邪推して問い詰める愛瑠、なだめるうさタン。
愛瑠の言葉に予想外に激昂した様子を見せ、二人に暴言を浴びせかける。
クツウダッタネ…
  レベルノヒクイキミタチトノカイワハ…   ホンキジャナイヨネ…キクリン
( ´_ゝ`)                   (゚Д゚ )(゚Д゚ )
                         アンタノダジャレ、サムカッタヨ…
*************************************
玲子に相談しに行く愛瑠
やっぱり小島は今ひとつ合ってない感じ(´・ω・`)
*************************************
ネカフェに現れるきくりん
ヤマジュンでも読みに来たのか( ;・´ω・`)ゴクリッ
*************************************
喫茶店にてたらちゃんず。なんだか様子が変である。
諭吉に芽衣を譲ってくれと言われてややお冠のうさタン。
芽衣の気になる人が諭吉だったことを知り、辛うじて
残っていた芽衣への想いが揺らぎ始める。
諭吉の本気土下座。いらついて冷たく諭吉を突き放す。
     ボクハハメイサンノヒツジデスカラ…
               r/|_/|
              ソ・ ・ つ
  ヤギジャネェカ      (エ_ノ ヽ
ヽ( `Д´)ノ        (・∀・) ヽ
              とヾ υ  /
                i   /ヾ
                ∪”∪
*************************************
芽衣とうさタン
一見仲良さそうで互いの腹の一物を探りあう会話。
その会話の中で本当に望んでいるものが見えてきたのか。
もう駄目だな(´・ω・`)
*************************************
放心状態のおーじろうとうさタン 川べり遊歩道のベンチ
おむすびでけー(w
    \\  おむすびワッショイ!! //
 +  + \\ おむすびワッショイ!!/+
        梅     オカカ          +
.   +   /■\   /■\    +
      ( ・*・)   (・∀・ ) 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
*************************************
愛瑠とうさタン マンション
もう五年くらい一緒に暮らしてる夫婦みたいな会話
海里の行方を捜す
*************************************
帰ってきたきくりんに愛瑠は「ころしたの?」と直球勝負
否定しないきくりんに「そんなきくりんいやだよぅヽ(`Д´)ノ」と
平手打ちする愛瑠
    コレハ…カイリノブン!
 J( `Д´)   コレハ…ヨシオチャンノブンダ!
  ⊂彡☆))Д´)
        ソレ、オレノカンジャジャネェヨ
ちょっと愛瑠が可愛く見えたシーンだった(*´・ω・)
愛瑠の激情には耐えたものの、うさタンの
「俺はきくりんを信じてるから( ・`ω・´)」という言葉に負け、
今回の事件の経緯を語り始めるきくりん
*************************************
放心状態のおーじろうを密かに覗き見るイマキヨさん海里
       (-_| ヒッコシ?
( ゚Д゚) ヒッコソウカナ…
*************************************
自分を喪失した世界の壮絶な哀しみと苦しみを、
そしてその喪失を哀しんだ世界がいつしかその喪失を受け入れて
平常に戻る様を見せることによって、海里の中の生きる力を
励起させる試みだったのかΣ(゚∀゚;) ナントイウ、コウメイ… ジャーンジャーン♪
でもこれでおーじろうが壊れたらどうすんだよ(´・ω・`)
海里がイマキヨさんぽかった(w
同時にこの試みはきくりん自身を回復させる試みでもあったのか。
ちょっとこのシーンは言いたいことが出過ぎた感じで、微妙に空気が
変かも。いいシーンだけど。
「それは祈りのようなものなのかもしれない」
*************************************
エリクシール?のCM 、キリハラか(w
*************************************
芽衣と諭吉 いつもの喫茶店
実際に居たらどっちもうざいんだろうけど、このドラマだと
芽衣が凄い嫌な女に見える(w
ガンジャはちょっとだけ痩せたかも(・∀・)
きつく当たったけど、これは想いを断ち切るために
わざとだったのかな。喫茶店を振り返ったり、自分の
想いを振り払うが如く走り出したりと。
「僕は愛することにプライドはありません」
*************************************
夜の街をさ迷うおーじろう。
ホスト?たちにぼこられる(´・ω・`)
たまりかねた海里は姿を現してしまう。
あ、トミーリージョーンズだ(w
*************************************
いつものロビーで海里の幻覚を見たというおーじろう、
本当のことを言いたいうさタンと愛瑠、悲痛な顔で
それを止めるきくりん。一番辛いのはきくりんか。
カイリノゲンカクミタ        (・ω・` )ヨイマチシノブヲミマチガエタンジャネ?
( ´・ω・)          (・ω・` )カシワバミカヲミマチガエタンジャネ?
             (・ω・` )カイリーミノーグヲミマチガエタンジャネ?
*************************************
玲子ときくりん きくりんの仕事場
夫との離婚やら中絶を匂わせる。前回、卒業したのかと
見せかけて、まだまだ関わるのか(w
結局、旦那LOVEか。よくある人を超越したキャラは
居なかったな。皆、苦悩してる。生きてるがゆえに。
愛することにプライドばりばりの玲子(w
きくりんと玲子の仮面夫婦フラグ立ったかも。
*************************************
うさタンが仕事で頑張ってる様子
      私が突然居なくなったら…心がぽっかり…(・ω・` )
( ・∀・) せいせいするさ
                         やっぱり…(・ω・` )
おーじろうと海里の試みを知り、なんだか心境の変化があったうさタン。
*************************************
海里との想い出を辿り、おーじろうは「怪物」になることで
海里との同一化、喪失を受け入れようとするのか。
ホームレスを見ると「この人いなくなっちゃうんだな( ・´ω・`)」と
思うようになった。「容疑者X」を観てから。
*************************************
愛瑠 亀井とその姉と食事
梅宮万紗子老けたなぁ…ポケットボードの頃は可愛かった
*************************************
うさタンと芽衣 居酒屋
もううさタンの心に自分が居ないことを完全に気づく芽衣
うさタンの話は共感できる部分はあるが、やや病的に傾いてるような気もする。
何か焦りすぎているような(w
*************************************
駅前の弾き語り おーじろう復活
海里は自分の喪失を受け入れた世界をただ見つめることしかできない。
*************************************
玲子ときくりん バー
きくりんの過去話。他者が自分の一部であり、自分が他者の一部である、
もっと言ってしまえば人間は絶対的には孤独であり、ただ世界を共有している
だけということをきくりんは知っているんだな(・∀・)
*************************************
亀井/愛瑠 - うさタン/芽衣
なんぞこのリモートシンクロ告白(w
まるでドラマだ(・∀・)
互いに体は目の前の人に話してるのに、
心の中に居る人に対して語りかけてるじゃん(*´・ω・)
*************************************
おーじろう、リベンジ(・∀・)
*************************************
好きな人と親友を失った諭吉、戻る世界を失った海里
氷ボリボリ… ( ;_;) (;_; )
なんかこの二人は可愛いな(w
*************************************
玲子と芽衣 車中
( ´・ω・) (・ω・` )
「二人で居るのにさみしいって…そう思うことあるわよ」
*************************************
第一話の時には寒くて寒くてしょうがなかったシーンキタ━ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ━ !!!!!
「ゲームオーバー」でなんかわからんがゾクゾクきた(w
*************************************
ラブじゃなくてライフ(人生・生命)がテーマだな、これ(・∀・)
今回が良すぎて、正直、もう最終回が糞展開でも構わない(w

ありふれた奇跡 八~十話

前回・前々回と取り立てて感想もなく書かんかった(´・ω・`)
ありふれた奇跡 第七話の時に書いた通りに本当に爺ちゃんが元凶でワラタ(w
息子の嫁にセクハラて(・∀・)

「自分の中の葛藤や劣等感を息子や孫によって晴らそうとする」「過干渉で支配的」、「重夫と律子との関係を否定的に断定し、それを孫に押し付けようとする」という様は、毒親、加藤諦三の言う所の神経症的人間のような特徴が出てる。
このドラマが面白いと思うのはその四郎が施設育ちであるという設定である。四郎の設定と行動、そしてその子や孫に波及してる人格障害に何か非常に強い説得力を感じる。山田太一が今まで人生の中で見聞きしてきた複数の人々を再構成してドラマに登場させてるのかと思うくらいだ(w
(勿論、施設育ちの人が必ずしも人格障害と呼ばれるくらいの性格の偏重や歪みを持つわけでないし、毒親に育てられる方が余程人格障害者に育ちやすいだろうが(´・ω・`))
家族もなく、自己愛を傷つけられ続け、精神の危機にさらされながら四郎は育ったんだと思う。
自己愛・自己評価・自尊心などを防衛する為に他者への攻撃性や頑迷さを身につけつつ、自分以外の全ての物に対し歪んだ認知を持ちながら。
(゙ ・ω・”)テヤンディ、バーロー=シンイチ
爺ちゃん役の人は顔は知ってたけど井川比佐志さんて名前なのか(・∀・)
シルバーナが脈絡もなく現れたのには吹いた(w
誠は死んじゃうんかな(´・ω・`)
**ハイライトシーン*****************************
             (・∀・ )し トイレイッテクルカラアカンボアズカレ
コマルガナ  ヤナコッタ  (つ赤と)       
( ´・ω・) J( ´・ω・)  ∪∪
       ↓
チャントフイテコイヨ         
( ´・ω・) J( ´・ω・)   ε==ε==(ノ・∀・)ツ ||WC||
       ミズナガセヨ
       ↓
 ̄ ̄ ̄ ̄|
      |     ヘ( ・∀)ノ チョロイモンヨ    
      |   ≡ ( ┐ノ
      |    :。;  /