カテゴリー: 映画

『最高の人生のつくり方』を観た

最高の人生のつくり方

自己中心的で頑固な変わり者の不動産エージェントのオーレンは、妻を亡くして以来ひとりきりで暮らしてきた。豪邸を売りに出して自分はアパート住まいだが、860万ドルの値を付けた豪邸は一向に売れない。偏屈なオーレンはアパートの住人ともなかなか打ち解けないでいた。

そんな彼のもとに、音信不通だった息子が突然現われ、それまで存在さえ知らされていなかった9歳の孫娘サラを預かってほしいと頼む。 オーレンは途方に暮れながらも、親切な隣人女性リアの助けを借りて孫娘と一緒に暮らしはじめる。そしてリアや孫娘の存在が、オーレンの頑な心を少しずつ解きほぐしていく。

この作品は日本では未公開だったのか。まあ確かにそんなに大ヒットするような内容ではないかもな。

大した盛り上がりもなく、在り来りな内容なので、期待して構えて観ちゃうと肩透かしを食らうか、なんだかなぁと思ってしまう可能性があるが、特に期待せずにポケーと観る分には良い話と言った感じかなぁ。本当にあっさりめな感じなので淡白過ぎると思う人も居るかもしれないが(・∀・)

アーティー役のロブ・ライナーが監督なのか。
ロブ・ライナーは『最高の人生の見つけ方』(The Bucket List/2007)、『最高の人生のはじめ方』(The Magic of Belle Isle/2012)の監督でもある。

邦題は『最高の人生の見つけ方』のヒットに習った感じかな?
デブゴンシリーズと同じ配給会社のやっつけ命名なんだろうか(´・ω・`)


ひねくれ者の主人公、オーレン・リトル(マイケル・ダグラス)。
性格も口も悪いが、心底嫌な奴というわけでもない。
取り敢えずマイケル・ダグラス、渋いじいちゃんだな。
名前は知っているけど、他の出演作を観たことがない(ノ∀`)

オーレンの言動にうんざりしている同じアパートの住人達。
必ずしもオーレンばかりが悪いわけでもないような気がしないでもない。
あーそう言えば終盤での黒人女性の騒ぎはちょっといい加減過ぎる描写のような気がしないでもないな。

孫娘サラと隣人でシンガーのリア。
サラが可愛い。
リア役のダイアン・キートンの他の出演作って観たことないな(´・ω・`)

オーレンと長年の付き合いがあるクレア(フランシス・スターンハーゲン)。オーレン並に歪んだ感じがあるが、良い味出してて好き(・∀・)


何はともあれ、ハッピーエンドだったので良かったと思いました(・∀・) (小並感)

メインのリアとの話よりも終盤のクレアとの会話やお客さんの奥さんとのやり取りの方にちょっとジーンと来たのは内緒(・∀・)

『ウォッチメン』を観た

これはねぇ、さすがに原作のことを知らずに映画だけで話を完全に理解するのは無理ゲー(´・ω・`)

少なからず俺氏には無理だった(ノ∀`)

インクレディブル・ハルク』等と同様にオープニング中に前提となる物語が展開されるが、これが結構長くてよく解らないw 何となくのレベルでは解るのだが、一番大事なことが解らなかった。

取り敢えずミニッツマンってチームが結成される。← これは合ってた。

よく解らないけどキャプテン・アメリカが死んだ(´・ω・`)? ← 実は違ったw あれはマーベルだったかw

モスマンは精神病院行き(´・ω・`)? ← これは何故か当たってた。名前がモスマンというのも正解だったw

その他に、シルク・スペクター(サリー・ジュピター)の引退、シルエットの殺害とか色々あって瓦解し、数十年後、新チームが出来た。

で、その大事なことが何だったかと言えば、この世界がパラレルワールドであるということ。

アメリカ近現代史に、というかアメリカの歴史に疎い俺氏はニクソン大統領を知っていても、何をした人間か知らず、このシーンが意味するところが解らなかった(ノ∀`)(「勝利のキス」も知らなかった(ノ∀`))

観終わった後にwikipediaとかでの解説を読んでようやく意味が解った。そういやアメリカの大統領って二期8年の縛りがあったんだね(´・ω・`)

でもこれが解っていたとしても、パラレルワールドと理解するのは難しい。Dr.マンハッタンの力でベトナム戦争に勝ったという話は後々出て来るが、これも理解出来ていなくて、局地戦か何かで圧倒したとか戦局を変えたとか言うレベルの話かと思ってたわ(ノ∀`) JFK暗殺シーンもあれがコメディアンだとは解っていなかったw

とまあそんな感じだったが、取り敢えず、あらすじというかOPの前提話みたいなのを改変すると、

1930年代にアメリカ合衆国の各地に出没し始めた、犯罪者と戦うマスクヒーロー達は、集結して「ミニッツメン(Minutemen)」というチームを作った。彼らは政治や戦争の世界にも大きく関与したが、戦いの中で命を落としたり、精神に異常を来したり、または引退によって姿を消していき、チームは消滅した。

数十年後、第2世代のヒーロー達がまた現れ、新たなチームを結成した。彼らの多くは先代達と異なり、並外れた運動能力を持ち、中でも核実験に巻き込まれて生まれ変わったDr.マンハッタンは超人的能力を持つ真のスーパーヒーローであった。政府は国際社会におけるアメリカの覇権をより確実なものへとするべく、彼らを道具として利用した。

Dr.マンハッタンとコメディアンの活躍により、アメリカはベトナム戦争に勝利した。この成功からリチャード・ニクソン大統領は合衆国憲法修正第22条を改正し、3選を果す。時代は下り、1980年代、正義の味方である監視者(ウォッチメン(Watchmen))への大衆の不信と反発は次第に膨れ上がり、ニクソンは覆面着用者の自警行為を禁止するキーン条例を制定する。”国益にかなう”とされ条例の対象から除外されたDr.マンハッタンとコメディアンは政府の道具として活動を続け、己の正義のみを貫くロールシャッハのみが非合法ヒーローを続けた。

最終兵器 Dr.マンハッタンを抱え、強気な態度を崩さないニクソン率いる合衆国とソビエト連邦間の緊張は高まり、核戦争の勃発は回避出来ない情勢になりつつある。そんな中、コメディアンが謎の刺客に襲われ、死亡した。ロールシャッハは犯人探しと警告を兼ね、かつての仲間達を訪問するが…

みたいな感じになる。細かい所は勘違いしてたり、間違っているかもしれない(ノ∀`)

観てた時は気づかなかったけど、書いていて思ったんだけど、あのオープニングのカストロ議長かなんかとソ連人+核ミサイルっぽい映像ってもしかしてキューバ危機か( ;・´ω・`)ゴクリッ? ニクソンの強硬外交に反発して実際に配備しちゃったのかw

最初、ナイトオウル2世(ダニエル)はバットマンだと思って観てました(・∀・)

分身プレイって男の夢やないか(*´・ω・) ウラヤマシイ

火星のウォッチは結構綺麗だったな(・∀・)


まあ、別にマーベルヒーローとかバットマンみたいなのを求めて観たわけではないので、これはこれでまあまあ面白かったかなぁくらい。

正直なところ、この世界というか登場人物たちによる、コメディアンへの高評価や好意的評価は理解できず、またDr.マンハッタンのキャラもあんまり首肯出来なかったので、この映画の評価はそれほど高くはならなかった。

オジマンディアスとロールシャッハはどちらも或る意味で単純で幼稚に思えた。どっちも青いというか。それぞれ二人が抱く正義は非常に偏狭で愚直なように思えてしまった。まあ、ロールシャッハはそれ故にこの作品の中でその存在が輝くのだろうけれども。原作だと米ソが仮想敵とするものが違うらしい。

Dr.マンハッタンはなんなん(´・ω・`)?
中途半端に人を超越した存在だったな。年取ったジェニーからローリーに乗り換えたりするクズの割りにメンタル弱くて火星に逃げるし、よく解かんない会話で人間世界への介入を再開したり、結果的にオジマンディアスの所業を追認するし。超人的パワーを持つ無能なような気がしないでもない。
なんか原作だと火星でのローリーとの会話の内容が違うとかどうとか。なんでローリーの出生が”奇跡”なのかも良く解らなかった。そしてサリー=ジュピターという人間もw

ダニエルとローリーは正直どうでも良いです(・∀・)
一応ローリーのおっぱいは映ってたな、そう言えば(*´・ω・)


もう何回か観たり、原作を読んだら、作品への理解は変わってくるのかもしれないが、そこまでは時間をかけたくないので、いいや(・∀・)

何はともあれ、ロールシャッハは、外見といい、性格といい、結構独特なキャラで、人気があるというのはよく解った。

『宇宙人ポール』を観た

宇宙人ポール

「未知との遭遇」「E.T.」など名作SFへのオマージュを散りばめながら、陽気な宇宙人のポールと冴えない青年コンビの珍道中を描くコメディ。SFオタクのイギリス人青年クライブとグレアムは、全米最大のコミックイベント、コミコンと米中西部のUFOスポットをめぐる旅を楽しんでいた。その途中、ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇。ポールを故郷に帰すため奮闘することになる。

ぼちぼち面白かった(・∀・)
突っ込みたいというか、なんかいまいちなところも結構あるけれども、全体的にはまぁ良いかな…くらいかな?
色んな所に小ネタを入れているらしいんだけども、その辺の細かいところまでは解らなかったな。解らなくてもそれなりに楽しめたから良いのだけれども。

あとはポールのキャラが気に入るかどうかで印象が変わってくるかも。俺氏はこういうキャラにはアルフとかで慣れていたので気にならなかったけど。
全然違うけれどもなんとなく『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』を思い出しながら観てた。

結構小者なアダム・シャドーチャイルドさん。この役を演じたジェフリー・タンバーは『メリーに首ったけ』でパット・ヒーリー(マット・ディロン)の友人・サリー役だったらしいけど、どんな役だったかあんまり覚えていない(´・ω・`)
ポールを追うゾイル捜査官(ジェイソン・ベイトマン)とそれに振り回されるハガード(ビル・ヘイダー)とオライリー(ジョー・ロー・トルグリオ)。
ジェイソン・ベイトマンって『ズートピア』のニック・ワイルドの声をやってた人か(・∀・) ビル・ヘイダーは『MIB3』でアンディ・ウォーホル役をやってた人か。『ソーセージパーティ』で何役か声を担当していたらしい。
川の字で眠る?クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)、ポール(声:セス・ローゲン)、グレアム・ウィリー(サイモン・ペグ)
ニック・フロストとサイモン・ペグは『タンタンの冒険』のデュボンとデュポンの声を演じていた模様。セス・ローゲンは『ソーセージパーティ』の主演・制作・脚本を担当。ニック・フロストは『スノーホワイト』の小人の一人もやってたのか。全然覚えていない(´・ω・`)
見慣れた気になっていたが、やっぱりじっくり観るとキモいw
一応、この作品のヒロインであるルース・バグス(クリステン・ウィグ)。決して『エアーウルフ』のアークエンジェルではない。『ソーセージパーティ』のブレンダの声を担当。って出演作を眺めているとわかるがコメディアン、コメディアンヌのつながりは結構緊密なんだなって思ったw

以下はネタバレを含むヽ(`Д´)ノ


最初、ルースがポールと出会った女の子なのかと思って観てた(ノ∀`)
途中見落としてしまったのか、ポールがルースに命の恩人みたいなお礼を言う理由が解らなかった。何があったんだっけ?
ルースがあそこまで父親想いっぽいのはなんかあれだったな。まあ毒親の洗脳が解けていないと考えられなくもないけども。父親のモーゼ・バグス(ジョン・キャロル・リンチ)が生き残るのはなぁ…しかも急に白化して大団円みたいな感じがちょっと。ハガードとオライリーは呆気なく死んだのにw

途中で出てくるキースやガス(デヴィッド・ケックナー)とジェイク(ジェシー・プレモンス)のくだりはそんなに必要だったのかなぁ、どうかなぁってちょっと思った。モーゼが追って来るのもなんかちょっと冗長だったような気がする。

ビッグ・ガイ役のシガニー・ウィーバーって『エイリアン』のリプリー役の人かΣ(゚∀゚;)
と驚きつつも、未だにまともに『エイリアン』シリーズを観たことがない(ノ∀`)
『ゴーストバスターズ』『デーブ』のヒロイン、『ギャラクシー・クエスト』のマディソン中尉(グウェン・デマルコ)もこの人だったのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ
結構観ているはずなのに、全然顔を覚えていない(・∀・)

鳥の蘇生シーンは笑ったw
あれで最後にクライヴかグレアムが「食べないで下さい~(´・ω・`)」っていう展開は見えた。或いは犬のポールを蘇生するのかと思ったけれどもタラ(ブライス・ダナー)を連れて行くという解決だとは思わなかった。まあ確かに失われた時間は償えないもんな(´・ω・`)
ってグウィネス・パルトローのかーちゃんなのか、ブライス・ダナーは…( ;・´ω・`)ゴクリッ


まあ王道路線なので、細かい小ネタが解る人はそれはそれで楽しく、そうでもない人でもそれなりには楽しめる感じじゃないかなぁ(・∀・)

『ドク・ハリウッド』を観た

ドク・ハリウッド

外科医ベン・ストーン(マイケル・J・フォックス)は、勤務していたERを辞め、高収入なビバリーヒルズの美容整形外科医になる為に面接へ向かう。しかし西海岸へ向かう途中、田舎町グレイディで自動車事故を起こしてしまう。悪びれず、自己の都合ばかりを優先しようとするベンに対し、裁判官は事故の代償として、数日間、病院で無料奉仕することを命じる。医者不足からベンを手放すまいとする町長を始め、無愛想な看護婦、高圧的な院長、車の修理をしない修理工、謎の魅力的な女性・ルー(ジュリー・ワーナー)、街を出たがるナンシー(ブリジット・フォンダ)等々の一癖ある町民たちに囲まれたベンの町民生活は如何に。

みたいな感じのお話。

凄く在り来りでベタなストーリーだけど結構好き(・∀・)
マイケル・J・フォックスが主演ということを差し引いても好き。
ぼちぼちハートフルなコメディって感じかな。おっぱいは一応あったよ(・∀・)
嫌な奴っぽいのも出てくると言えば出て来るがそうでもないというか。

まあ細かい所でそうなの(´・ω・`)?って突っ込みたいところはあったけれども。

俺氏は合う帽子を見つけられなかったな…(´・ω・`)


町長が意外と良いキャラしてたw
ヒロインのルー。
この映画の評価でナンシー役のブリジット・フォンダの方が可愛いのが駄目と有ったが、この映画で観る限りはどっちもどっちレベルなので、あんまり気にならなかったかなぁ…まあ確かにブリジット・フォンダの方が可愛いと言えば可愛いけれども。ジュリー・ワーナーは全く知らないけど、結構映画とかドラマに出てる人なんだな。
ナンシー。結構良い子だと思ったわ(・∀・)
ブリジット・フォンダって名前は知ってるけど、他の出演作を知らんなと思っていたが『シンプル・プラン』のサラ役か((((;゚Д゚)))

以下はネタバレを含むヽ(`Д´)ノ


正直、数日間という短い期間で、そこまで心変わりするのかしらと思ったり。
まあでも、最後戻るのはハンク(ウディ・ハレルソン)がルーと結婚しなかったことを知ったからだから、一番の動機は恋か。

ウディ・ハレルソンってお父さんがマフィアの殺し屋だったり、本人もビーガンで環境保護家で大麻でなんかやらかしたりしてるんだなw

思ったよりも、ルーの娘との絡みがなかったな。ジャスミンは可愛かったけど、ちょっと大きいな。ヨッたんくらいの大きさなら丁度良いけども。

ホーグ先生(バーナード・ヒューズ)が意外と良い味出してたというか、終盤辺りで泣かせるような感動的な台詞の後で全てを台無しにする感じが良かったw
まあジョークなんだろうけれどもw

ニコルソン町長役のデヴィッド・オグデン・スティアーズって同性愛者なのか。

I decided(`・ω・´)のシーンでガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!ってなったのは俺氏だけだろうか。あのシーンからの見送りシーンでグッと来てしまったのは俺氏だけだろうか(´・ω・`)?

ルーのハンター対策が少し物議を醸してるようだけども、まあ最初のオールヌード登場から考えるとあんまり驚かないけれども、あんまり環境保護を熱心にしているイメージがないな。ベジタリアンだったけれども。その辺の設定が薄かったのが原因かな。


まあ何はともあれ、俺氏には合っていたのでまたいつか機会があったら観てみてもいいかな(・∀・)

ところで……エレンはどうなったんだろう…幸せになったんだろうか( ・´ω・`)?