『バトル・ロワイアル』を観た


バトル・ロワイアル

藤原竜也主役の映画だからどうせ糞なんだろうなぁと思っていたら結構楽しめた(・∀・)
藤原竜也の演技もこの頃はまだまともだったんだな。

真面目にストーリーや設定を考えると無理があるから賛否両論があるのは分かる。
原作と映画とでは結構設定が違うみたいだし。映画版だと新左翼を持ち上げてたり
していて変だなとは思ったw

テーマはあるんだろうけれども、表現的に前面に押し出される物を考えると分類としては
グロとまではいかないがスプラッタ映画だな。ただ「制服サバイガール」「地獄甲子園
デッドボール」「片腕マシンガール」に比べたら、その辺はお上品でまともだと思うw
難しいこと考えずにその辺と同列として観てたから面白く感じたのかもしれないw

殺し合いのシーンは結構笑ってしまったが、これがグロスプラッタ耐性が
ついたということなのだろうか(・∀・)


「相馬光子役の子は結構美人ねぇ、でも知らない人ねぇ(・∀・)」と思って観てたが
琴弾加代子(三村恭代)のシーンでようやく誰だか気づいたw 柴咲コウか(ノ∀`)
三村恭代って「鴨川ホルモー」の竜造寺富子かΣ(゚∀゚;)
山田孝之と濱田岳を荒川良々と一緒に勧誘した人か。

中川典子役はエンドロールまで誰だか全く分からなかったが、前田亜季か。
前田愛の顔すらうっすらとしか覚えてないのに、そのお姉ちゃんの顔は分からん。

最後の最後まで冒頭のバトル・ロワイアル優勝者を中川典子だと思いこんで居たので
ここからどんな風につながるのだろうと思って観ていたが、別人なのだから当然
つながる筈もなくw この前回優勝者の女の子は岩村愛と言う子で本当は
中川典子役をやるはずだったが、怪我で交代になったという。何の怪我をしたのだろう。

栗山千明はこの映画の千草貴子役でクエンティン・タランティーノの
目に止まったというがジャージ姿が似合ってたな(・∀・)

清水比呂乃役の永田杏奈ってどっかで見た名前だなと思ったら、
マスター・オブ・サンダー」のヤンキーの子かw

塚本高史が出てきて大活躍しそうな雰囲気だった割になんだかなぁという感じが(ノ∀`)
その他にも高岡蒼甫、山本太郎、安藤政信辺りが出てた。山本太郎は今、川田気取りで
キチガイ議員をやっているのだろうか(・∀・)?

キタノ役のビートたけしも意外と良かった。
でも最後動きすぎだろw どんだけ体力あるんだ。


まあ原作にしても映画にしても設定がアレすぎてテーマとかが中空に浮いた空論に
過ぎないからあんまり深く考えないでサスペンス・スプラッタ映画として楽しむのが
妥当かな。

でもこれって結局、川田が居なかったらどうにもなりようがない話だったな(´・ω・`)
川田はヒーローポイント持ちすぎ。